今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

浜田山食虫植物園 

実際にこのような植物園はありませんが。

今週のタモリ倶楽部は「潜入!!浜田山集会」
ゲストの江川達也とほんこんもこの手のモノに興味を示したのでしょうか。江川さん、これをネタにするつもりですか?
その1・挟み込み式の「ハエトリソウ」で、正式名称はハエトリグサです。
実際に虫を食べるシーンがありましたが、パクっとひと飲み込み。食べられた虫もあっけなかったでしょう。

その2・落とし穴式の「サラセニア」、「ウツボカズラ」。穴の中には毒の蜜があってそれでおびき寄せます。しかし食虫シーンはポトっと落とすだけであっけないですね。

その3・粘りつけ式・モウセンゴケ系のレギアとドロソフィルム。粘着する葉で虫をパックリ!スロー再生の検証で威力がわかりました。

その4・吸い込み式の「ミミカキグサ」「タヌキモ」。海藻類の食虫植物です。インパクトは絶大ですね。

その5・誘い込み式の「ゲンリセア」。植物の中に入り込んでいくものです。

それぞれの食虫植物の紹介が終わった所で、ボルネオで撮った写真を紹介。しかも撮影手は女性の方でした。
食虫植物のアトラクションも披露。植物園にもありそうでもなさそうな世界が漂ってきました。DVDなどの映像ソフトも用意するとは!

今週もディープな世界を味わいました。この植物は家にあるだけでワンポイントになりそうでならなさそうですね。この番組の魅力ですけど…。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。