今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

華麗なるうららの食卓 

第33話『ハッスルうららとカレー屋さん』

「みなさ~~~ん、カレーは好きですか~~~!!私も好きですよ~~~!!(うらら)」

私もカレーは好きです。でも「彼」はご勘弁を(コラ)。
しかし黄色といえばカレーを思い浮かべるのは自分だけではないはず・・・。


森田よしみです
(C)ABC・東映アニメーション
台本を読みあうほどのうららの親友・森田よしみ(しかし誰かの名前をもじっているみたいだな)は何か浮かない表情。実家であるカレー屋の客足がサッパリとのこと。例の如くのぞみが人肌脱ぎますが、これはよしみがうららとの問題ということで2人だけで解決しようと考えることに。

よしみ父曰く「味は悪くないが、店の目の前に大きなビルが立っちゃって客足が・・・」と周囲の環境を嘆くばかり。時代の流れに逆らえなくなったか、それとも・・・。このような状況下で客足アップ作戦を発案。チラシ配りを始めることになったのでした。早速「店先チラシ作戦」を決行しますが、店主たちは商売を心配しているのか続々拒否。結局チラシを貼れずじまいに終わったのですが、方針転換してチラシ配りに。

一方、のぞみ達を見て「うららをほっといていいのか」とシロップが珍しく心配しましたぞ。ようやく何か成長したのでしょうか。何かにとしているうちに、りんが人数分の紅茶を差し出しました。その人数分というのが、いないはずであるうららの分を含めてのものでした。ここでシロップは仕事を思い出したのかそそくさとこの場を離れうららの元へ。チラシ配りに苦戦するうららをフォローしました。

ここでふと思ったのか、仲間たちは用事を思い出したみたく徐々にこの場を離れます。なにかと理由を作ってばかりですが、これはもちろん・・・。

結果は客足は鈍ったままのカレー屋。ここでお客さんがやってきました。
ブンビーさん入りマース!
すさまじいアナコ姐さんを見て、思わず身の振り方を考えてしまったブンビーさん。しかもカレー屋に転職を考えていたとは(笑)Aパート終わりの「シーフードカレー1つ」とは高木さんのアドリブ??しかもBパート始めの「カレーキャンセルね」もそうかな?

これはうらら1人かなと思ったブンビーさんも本当にツキなし。次々と仲間たちも現れました・・・。
それでもめげないブンビーさんは早速チラシホシイナー出撃!ブンビーさんの「1人では何も出来ないだろう」とうららを挑発しますが、「奮戦する姿を見てみんなもなんとかしたくなる」と仲間たちのフォロー。しかしホシイナーも分裂パワーアップし、5人は捕われの身に。しかしくるみがブンビーさんを脅し5人は脱出。フルーレ攻撃でカタをつけました。しかもブンビーさん、「カレー屋やるのやめた」って、諦めが早いよ。

カレー屋の客足が伸びずうららが自責の念にかられますが、よしみ父曰く「私のカレーをおいしそうに食べてくれることが一番嬉しいんだ」とのぞみ達が客足に貢献し始める瞬間を迎えています。ここから客足も伸び始め、店も大入りに。よしみはもちろんのこと、両親も効果覿面(テキメン)のうららに感謝していました。

うららの親友にまつわるネタといえば「5」23話でりんが「アンタほかに友達いないの?」と吐き捨てたシーンがありましたが、今ここで登場するとは(笑)。ようやくあの発言から1年?ヶ月ぶりだよ。本当によかったね。うららもこれからもハジケろ!
茉莉也さん、お誕生日おめでとう!
次回はクレープ女王と涙のお別れ・・・。短かったなー。
関連記事
スポンサーサイト
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。