今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

シフォンはまかせて!ベリーの新しい力!! 

第17話『シフォンはまかせて!ベリーの新しい力!!』
美希たんとシフォンです。
アナログでは両端が見切れていました。

…と前置きはこの辺でついに!美希たんがパワーアップ!!
ようやくこの日を待っていた人たちも多いようです。

そんな荒っぽい(?)子育て奮闘記をピックアップ。
美希たんガンガレ~~~

(C)ABC・東映アニメーション

前回、本当にハブられた感が強くなった美希。「どうしたらブルンを出せるのかしら」と過去を手繰り寄せると…
「キーワードはシフォン!」
なんと、美希が(リンクルンのCMソングで)「♪クルクルクルンでシフォンのお世話~」となったのです。
プー!
いざ、やってみると子育ては半端なく厳しいもの。なかなかなついたりしません。更にレミママには赤ちゃんが出来たの?」と誤解。なんとかここではどうにか切り抜けますが…。
美希たん特製のキュアビタンよ!美希たん、うまくいってるかな?
しかし災いは重なるばかり。なんとラブママことあゆみさんにも見られ、レミさんを困らせちゃいます。
あら?美希ちゃん美希たんですよ~
しかし何をやっても効果は現れず。シフォンはただただ泣くばかり…。ラブと祈里の名前を呼び、美希たんここでも本当にハブられています。仕事でもシフォン帯同。ところが…。
シフォン!!!
危うくバレそうになっちゃいました。焦るばかりの美希たんの子育て奮闘記。
ここでも帯同していた(!)レミさんが美希たちの幼少期を語る場面に。
美希ちゃんが隠れっぱなしー
レミさんは美希を捜索。なんと美希は隣町の公園にいたというトンデモエピソードでした。そんな話をしているうちにシフォンも行方不明(w
この人までシフォンを尋ねるとはw
どさくさまぎれに西さんにも尋ねるパニックぶり。っていうか、西さんの存在は目立つなw
現在のシフォンと幼少の美希とかぶったのか、寂しい気持ちが美希にも気付いたようです。
美希!大丈夫だった!?美希、本当に寂しかったのー
強い責任感を持って美希、シフォンのもとへ!ここには………。ラブと祈里もいましたよ!
シフォン!何処に行ってたのよ?
…と叱責するも、自責の念を感じて美希たん涙。
シフォン……、ごめんね……
…と、ここでブルン登場!!しかも早速ラビリンス登場だよ!!
ヒャ?サンドイッチに
「ハイ、西さん特製のサンドイッチだよ!!」
パパンがパンとウエスターの餌食にされたピーチ&パインにベリーが真っ向勝負。ここで待っていたのは…?
シフォンは私が…、守ってあげる!
ブルンの力を借りて、ついにパワーアップ!!!
ベリーソード!
「響け!希望のリズム!!キュアスティック、ベリーソード!!」
「悪いの悪いのとんでいけ!プリキュア・エスポワールシャワー・フレーッシュ!!!」

あれ?西さん、「飛んでいかない」とかの名言は?言わせてもらえなかったのかw
パワーアップについては「ママの教えが役に立ったの。ただ純粋にシフォンを愛してあげればいいんだって…。」と見えない自分自身に気付いた様子。
やっぱり愛情ね
祈里曰く「これで美希たんお世話係も卒業だね」も美希にとっては単なる通過点。
私、お世話も完璧にやりたいの!
なんとここでも完璧主義とはw美希たん、気負いしすぎないようにね。
今回は美希がパワーアップしたエピソード。最初は「ディケイド」につられたのか(?)ギャグテイストでしたが、後半にはシンミリする後味のイイ話。若いうちは買ってでも苦労したほうがよさそうです。

次回はプリキュアファンの少女と触れ合うエピソード。それにしても西さん、ポストブンビーさんを密かに…?
またみてキュア~
関連記事
スポンサーサイト
巷じゃスイプリで「ミューズ」が仮面を剥いだと騒いでますが、小生は相変わらず「フレプリ」を寝床のワンセグテレビ(録画)で楽しんでいます。

美希タンが自宅でシフォンをあやしていた時の衣装って、同じテレ朝系の金曜ドラマ「歌のおにいさん」で「嵐」の大野くんが演じた主人公:矢野健太が、劇中の子供番組で着ていたモノだったんです。

ドラマ本編は見なかったんですが、番宣CMや駅の大型ポスターなどでその衣装を知っていたので、見た瞬間「をぃをぃ、解る人がどれだけいるんじゃい!?」とツッこまずにはいられませんでしたね…(微笑;)。
[ 2011/10/17 10:55 ] [ 編集 ]
>KAZUさん

懐かしのフレプリ。名作はいつ見ても面白いですね。

美希たんはどういうわけか「完璧なネタキャラ」扱いされ不憫な処遇でしたが、「まどかマギカ」で登場した美樹さやかもなんだかかぶって見えるような。あ。中の人が喜多村英梨さんだからか。

制作がABCとテレ朝と異なる系列局ですが(やや仲が悪い噂あり)、これもネット局だからできたことでしょうね。おそらく。

「歌のおにいさん」はタイトルだけ知っていただけで見ていませんでしたが、2009年当時、嵐が結成10周年で念願の紅白初出場を果たしたメモリアルイヤーだったことは覚えています。

今や大野智さんも映画化された「怪物くん」の主演をはじめ嵐のメンバーたちも安定した人気ですね。自分は思うには後続しそうなのは関ジャニ∞でしょうか。
[ 2011/10/17 20:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。