今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハトプリキャラガイド01・花咲つぼみ/キュアブロッサム 

このくらいが丁度いい時期になると思います。
今シリーズもキャラガイドをやっちゃいましょう。

まずは主演のひとり、花咲つぼみ/キュアブロッサムです。

キュアブロッサム!
(C)ABC・東映アニメーション

【名前】花咲つぼみ(はなさき つぼみ)/キュアブロッサム
【声】水樹奈々
【人物】
明堂学園中等部に転校した中学2年生の少女。実家は花屋を営んでおり、将来は植物学者になって世界中の砂漠を花畑にすることを夢見ている。花の他にもお婆ちゃん好きで、いわゆる「お婆ちゃん子」属性がある。ゆえによく口にする言葉が「堪忍袋の緒が切れました」など言動にも表れている。性格は内気で引っ込み思案。しかしえりかと出会うことで、自分自身に変化をもたらせようとしている。パートナー・シプレの力を借りてキュアブロッサムに変身!


「フレプリ」のDNAを受け継いでいるのか、シリーズを通してこのようなキャラは斬新に見えます。どのような成長を遂げていくのか期待しましょう。

水樹奈々さんは、大概説明しなくてもわかると思いますが、一応。少女時代はのど自慢荒らしといわれるぐらいの歌唱力の持ち主であり、地元ののど自慢大会で優勝したところをスカウトされ愛媛から上京。堀越学園在学中に声優の勉強をして1998年「NOeL~La naige~」でデビュー(共演者はフレプリ終盤に出演したピンクの髪の毛の子役のかかずゆみさんやブッキーママの根谷美智子さんがいました)。その後声優業と歌手業を絶妙に平行させ、昨年末の「紅白歌合戦」に声優アーティストとして初出場や、21作目のシングル『PHANTOM MINDS』が、2010年1月25日付のオリコン・週間シングルチャートで同じく初の週間1位を獲得するなど快挙尽くし。声質も少女役や少年役など幅広く、二重人格キャラから幼い少女までカバーする演技力はお手の物。私の印象に残っている役柄は「しゅごキャラ!」のほしな歌唄役でしょうか。

このような「御仁」がプリキュアの主演を演じるとはある意味衝撃的です。

最後にABC朝日放送&東映アニメーション公式サイトによる水樹奈々さんのメッセージです。
以前からプリキュアシリーズの大ファンで、ずっと子供向けのアニメをやりたかったので、キュアブロッサム役に決定して最高にうれしいです!!多くの子供たちが見ている「ハートキャッチプリキュア!」に出演できてとても幸せです。いつか私も子供達から、「プリキュアのお姉ちゃん」と呼んでもらえる日がくるのかなと、想像するだけでうれしくてついつい微笑んでしまいます(笑)。
(プリキュアは)どのシリーズを通しても友情や絆がテーマに描かれていて、夢を与えてくれる作品です。内容も可愛いだけじゃなく、泣けるお話もあったり、深いストーリーが多いので、「ハートキャッチプリキュア!」ではどんな物語が展開されるのか楽しみです。
関連記事
スポンサーサイト
つぼみちゃん「なんだか今年の私は、震えが止まりません…
堪忍袋が切れそうです」
[ 2015/03/03 20:01 ] [ 編集 ]
つぼみちゃん「イマココカラ…プリキュアの活躍の場は、これからが本番です!」
[ 2015/04/10 17:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。