今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スイプリキャラガイド01・北条響/キュアメロディ 

みなさん、お待たせしました。スイートプリキュアのキャラガイドがスタート!
最初はヒロイン2人を紹介。久々のボーイッシュ系となる北条響/キュアメロディです。

爪弾くは荒ぶる調べ!

(C)ABC・東映アニメーション

【名前】北条響(ほうじょう ひびき)/キュアメロディ
【声】小清水亜美
【人物】
音楽教師の父と世界的ヴァイオリニストの母の間に生まれた中学2年の少女。…だが、本人にはそのような音楽の才能はないと思い込んでいるスポーツ好き。性格は明朗で、相当な正義感にあふれている。大好物はスイーツ全般で、特に奏が作ったケーキには目がない。メイジャーランドからやってきた妖精のハミィに選ばれ、奏とのハーモニーでキュアメロディに変身!


キャラクターとしては友情パワーで変身する古典的発想がありますね。しかもボーイッシュ系はなぎさや咲を思い出しそうです。

小清水亜美さんは、皆さん知っているかもですが敢えて。凛々しい役や素敵な女性など役柄は幅広く、「コードギアス 反逆のルルーシュ」の紅月カレンや「狼と香辛料」のホロなど演じたヒロインは数知れず。小清水さんにとってこの枠には縁が古く、2003年にデビューした「明日のナージャ」のヒロインのナージャ・アップルフィールド役でデビューした思い出の時間帯でもあったわけです。しかも「ふたりはプリキュア」ではコスプレで遊んだのに悪の力として偽キュアブラックにされた越野夏子役として出演しており、シリーズ7年ぶりの出演は「本物のプリキュア」で再登場となったのでした。
この皮肉をネタにしている人もいるかもですが、ネタ以上の活躍に要注目!
関連記事
スポンサーサイト
響が音楽に見向きもしないのは、父親との心のすれ違いがきっかけだと3話で判明した。後に父親とのわだかまりも解けたのだが。
[ 2011/11/06 13:32 ] [ 編集 ]
エレンさん、今回もどうもです。

これも「父と娘」の運命上の皮肉でもあるんですよ、多分(独身かつ父にもなっていない私が言うのもなんですが)。

話が分かればスムーズに行くと思われますが、それがなかなかうまくいかないというものです。現実的に言うと。
[ 2011/11/06 16:51 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。