今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

プリキュアオールスターズDX3感想 

『映画 プリキュアオールスターズDX3 未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花』

現時点ではシリーズ最終作と位置づけられているようですが、本当に気合い十分、まとまりがあって面白かったです。

地震に考慮して一部カットの部分もありましたが、見られるだけでも値段の価値がありました。
いつものようにポイントを紹介していきます。

4つの舞台を堪能しよう!
なぎさ、響率いる「チームピンク」は砂漠の迷路とオーブンの世界。灼熱の舞台をひたむきに駆け巡るヒロインたちに注目。ほのか、奏率いる「チームブルー」は船の墓場と氷の世界。メリハリのあるチームワークはもちろん、えりかの滑稽さに思わずニンマリです。ひかり、ゆり率いる「チームイエロー」はおもちゃの国のすごろく。バラエティに富んだ戦いは楽しませてくれること請け合いです。最後に「チーム妖精」はとにかく微笑ましい!このひたむきさは見る価値ありです。

ラストまで見逃すな!
オールスターの集大成ともいえるラストシーンは涙なくして語れません。見た人にはわかりますが、とある心配は最後まで見れば解決するはず。これ以上言うとネタバレしかねませんので、しかとこの目で見てください!

パンフレットは中央付近から見よう!
最初から読むとネタバレが目に付きますので、映画を見る前はパンフレットを中央から見ることをおすすめします。21人のヒロインを演じた声優たちのメッセージは読む価値ありです。私は「本当に思い入れがあるんだな」と改めて実感しました。
なお、生理的にダメだという人はシール部分でもめくれるようになっていますのでここから読んでもOK!

…と、今回のポイントは以上です。本当に最後にするより、時期を見計らって再開してほしいと私は思います。映画のほかにもOVAという方式もあるのですから。
今からDVDやBDを心待ちにしている人もいるでしょう。しかし、映画館のスクリーンに映るプリキュアたちの活躍もいいものです。殆どの劇場では4月中旬までの公開予定です。見たい人は本当にお早めに!
関連記事
スポンサーサイト
もしかしたら帰ってきた侍戦隊シンケンジャーのように来年は帰ってきたプリキュアオールスターズDXになるのでしょうか?
[ 2011/03/27 00:56 ] [ 編集 ]
>ミスターマンさん

追加メンバーを考えると23人→25人に膨大化することからさすがにメンバーの1人1人の台詞がなくなってしまうのではと危惧しています。現にかれんの台詞は少なく感じた思いますから(T_T)

続投でもいいのですが、切りのいいところで終わらせるのも一理ありだと思いますし、このまま続けてもマンネリ感が懸念されるかなと。ここは難しいところです。

「プリキュアカードデータダス」でもクロスオーバー展開なので「オールスターズ」を手軽に味わえるのですから時間を気にしながら遊ぶのも手ですよ(←これがミソ)。
[ 2011/03/27 21:47 ] [ 編集 ]
今度小学校にあがる娘と観てきました。
娘よりも楽しみにしている自分がいますが、
ミンナニハナイショダヨ、という気持ちです。

今までで一番面白かったですが、やっぱりちょっと
人数が多すぎかもしれません。

秋は現在放映中のメンバーだけで、
春は近々のシリーズ出演者(現在ならスイート、
ハートキャッチまで)ぐらいでちょうどいい感じでしょうか。

個人的にはハートキャッチのつぼみ・えりかの
お笑い系はのこしてほしいです。
今回もエリカはお笑い系で大活躍でしたね(笑)
[ 2011/04/01 21:03 ] [ 編集 ]
ののさん、初めまして。こんなブログですがよろしく。


やはり好きなものは老若男女問わずウキウキしてしまいますね。私も同じです。

秋は「スイート」単独を予定していますし、春は未定と予測しています。しかしプリキュアは安泰なコンテンツゆえに何かありそうな気がしてなりませんよ?

>今回もエリカはお笑い系で大活躍でしたね(笑)

最初はえりかをさげすんだ視線で見ていましたが、回を重ねるごとにいいキャラになっていく様は見ごたえのあるキャラでした。脱帽ですね。似たようなのは明日はセイレーンの怪しい行動が楽しみですし。

時間があればまた映画を見に行こうかな…。
[ 2011/04/02 21:07 ] [ 編集 ]
DX3の映画でココ曰く「プリズムフラワーの力を使い果たせば、みんな(妖精たち)と二度と会えなくなる」と言っていた。
プリキュア達はプリズムフラワーの力によってブラックホールを倒したけど、その代償で妖精と二度と会えなくなった…(スタッフロールの最初で妖精たちとの別れで泣きじゃくる彼女達の姿が確認できます)。
[ 2011/08/26 07:24 ] [ 編集 ]
>エレンさん

「いやー、映画って本当にいいものですねー」…と、どこかの映画評論家氏の言葉を借りてみます。やはり何度見てもグッとくるものがありますし。
でも最後には何かホッとして何かくるものがあります。それだけいい仕上がりになっているんだなと実感が沸きますね。
[ 2011/08/28 19:26 ] [ 編集 ]
とある書き込みで「VSスーパー戦隊方式で「映画スイートプリキュア&○○プリキュア(もしくはプリキュア○○)何ちゃらの国の何ちゃら編 奇跡の扉をあけて 全員集合!」というふうになるのでは?」とか「制作側でも「前年度の作品と新作のクロスオーバー」(特撮などと同様)などの一案も挙げられているようだが、現在は保留となっている。」という文を見かけましたが、一部でスケールダウンを感じさせてしまい、大コケしてしまう可能性がありそうです。
[ 2011/08/31 22:53 ] [ 編集 ]
>ホットウェブさん
はじめまして、このようなブログですが…。どうぞよろしく。

保留は致し方のないことですが、それなりに丸く収まれば上手くいくだろうとの判断でやってほしいなと個人的には思っています。

10周年記念にはとびきりの作品にしてほしいと願ってやみません。

PS.諸事情で登校が遅くなったことをお詫びいたします。
[ 2011/09/11 21:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
この記事のトラックバックURL
http://kyomisin.blog85.fc2.com/tb.php/623-c45d6421

映画プリキュアオールスターズDX3未来に届け!世界をつなぐ☆虹色の花を見てきました。雨の中、映画館に出かけて見てきましたオールスターズDX2が初めて映画館で見たプリキュア映画な...
[2011/03/27 20:06] MAGI☆の日記
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。