今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スマプリキャラガイド09・マジョリーナ 

3幹部のトリはマジョリーナ。
典型的な魔女キャラは天才肌だそうな。

フッフッフ、これだわさ!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★マジョリーナ
★声★冨永みーな(とみなが みーな)
★キャラ像★

バッドエンド3幹部の1人で、モチーフは魔女。3幹部共通で「闇の絵本」と「闇の黒い絵の具」でバッドエンドに染め上げる。常に水晶玉を持ち歩き、これを使ってターゲットを特定。また、色々なものを発明する手腕を持っている。見た目並びに語尾に「だわさ」を付けて会話するなど、いかにも「老婆キャラ」である。

これから発明するシーンが出てくるのでしょうか?この方も楽しみなキャラですな。

★子役から芸歴40年。3代目カツオ役も15年目に突入!★
ここで冨永みーなさんを紹介。芸能界デビューは5歳の時で、神山征二郎監督の映画『鯉のいる村』に出演。声優歴も古く、海外ドラマ『大草原の小さな家』のキャリー役を演じたのは当時9歳です。『魔法の妖精ペルシャ』のペルシャ役をはじめ少女から少年まで演じられる実力の持ち主で、幅広い役柄を見せてくれる代表作が『サザエさん』の3代目カツオ役。作品では1990年より潘恵子さんから受け継いだ2代目伊佐坂ウキエ役を演じていましたが、1998年に2代目カツオ役の高橋和枝さんが収録中に病に倒れ急遽キャストイン。翌年3月に高橋さんは帰らぬ人となり、正式に3代目カツオ役を担当することとなったのです。なお、ウキエ役も川崎恵理子さんが3代目を担当しています。
今回のスマプリでは初体験となる老婆系キャラに抜擢。これからも役柄を広げていきそうです。
関連記事
スポンサーサイト
三悪の紅一点と言う立場は、サソリーナ、イースと同じ。老婆の悪役は過去の作品にいた(たしか、プリキュア達を絵本の世界に誘導しようと目論んだ敵だった)。
[ 2012/03/20 17:52 ] [ 編集 ]
>エレンさん

「プリ5GoGo」のシビレッタですね。このキャラも童話をモチーフにした世界で戦わせる人でした。

もし彼女がいなければ「スマプリ」も成立しなかったのかもしれません。しかし、その目論見は当たっているのかは…。
[ 2012/03/20 19:46 ] [ 編集 ]
マジョリーナは普段は老婆だが、若返るとイース、サソリーナよりも色っぽい女性に。トリッキーな戦略に長けるが、発明品の名前のセンスは良くない(アカオーニからはそのまんま、ウルフルンはセンスない)。
マジョリーナを始め、三悪達は生存。
今度はどんな悪役ぶりを見せるのだろう。
[ 2012/07/29 16:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。