今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

スマプリキャラガイド28・ピエーロ 

いよいよスマプリのラスボスが登場!
この諸悪の根源…何者だ??


フフフ…お前たちはどうあがいても勝てない……

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★ピエーロ
★声★玄田哲章(げんだ てっしょう)
★キャラ像★

バッドエンド王国の皇帝。一度は封印されたものの、バッドエナジーのフルカウントにより復活を遂げる。しかしプリンセスフォームにパワーアップしたプリキュアに再び封印されるが、卵から孵化し、ジョーカーと一体化することで再び復活を遂げた。威圧感があるパワーを持ち、その力はプリキュアを凌駕する。その正体は人間の負の感情の怨念。


最強のラスボス、本シリーズもやはり最強です!

★太い低音の声は役に厭わず多彩!★
ここで玄田哲章さんの紹介。1971年、かつて野沢那智さん主宰の劇団薔薇座の俳優として芸能界デビュー。その後声優の仕事をこなすようになり、『ドカベン』の岩鬼正美役で初のメインキャラを担当。ジャンプ系では『ハイスクール奇面組』の冷越豪(れいえつ ごう)役や『CITY HUNTER』の海坊主役などワイルドなキャラが目に付きますが、『南国少年パプワくん』のイトウくん役みたいなオカマ系もこなせるなど役柄は多彩。吹き替えではアーノルド・シュワルツェネッガーが代表格です。
プリキュアシリーズでは『映画 スイートプリキュア♪ とりもどせ! 心がつなぐ奇跡のメロディ♪』のラスボス・ハウリング役で出演。実質2年連続ラスボス担当は異例といえるケースです。
関連記事
スポンサーサイト
先週はウイルス性胃腸炎に罹り、最終回ひとつ前のお話の記事へのコメントができませんでしたが…ピエーロは

ジャアクキング…小野健一(「ONE PIEVE」ギン、ドルトンなど)
ゴーヤーン…森川智之(トム・クルーズの吹き替え)
デスパライア…杉山佳寿子(「アルプスの少女ハイジ」ハイジなど)
館長(本名不明)…千葉繁(「北斗の拳」ナレーションなど)
総統メビウス…西村知道(れいかのお爺ちゃんなど)
デューン…緑川光(「仮面ライダー電王&キバ」ネガタロスなど)
ノイズ…中尾隆聖(「ドラゴンボール」フリーザなど)

といった歴代ラスボスの豪華なキャスティングのご多分に漏れず、ピエーロ役の玄田哲章さんも大ベテラン。同じニチアサでは、一時間前のバディロイドとして大きなお友達の間ではお馴染みですな(セットで見ていないであろう小さい子供にとっては、「くまのプーさん」のティガー、「クレヨンしんちゃん」のアクション仮面の声でしょう)。

そんなピエーロですが、本人曰く「全ての人間が持っている悪意の集合体」…似たようなやつを1年ほど前に見かけた気がします。しかしその目的は「全てを滅ぼし、無の世界で一人消えていく」とかそういう話でもなさそうで…まあ、最後はメルヘンランドに赤ん坊の状態で転生するんでしょうね。

絶望から立ち上がり、ウルトラマンのように最強形態に変身したプリキュアはピエーロをボコボコにやっつけますが、

それでもやられないピエーロは絶望の巨人たちを全て吸収、地球よりも大きくなってしまった!果たしてプリキュアに勝機はあるのか!そして本当に来週で終わるのか!あと二日、楽しみでもあり、寂しくもある…
[ 2013/01/25 22:37 ] [ 編集 ]
>特撮大魔王さん

とにかくお大事に。インフルエンザも流行していますので気をつけましょう。

ラスボスの声優たちは大御所並びにを起用するケースが顕著ですよね。それだけ重要なポジションであることなのでしょうか。

>同じニチアサでは、一時間前のバディロイドとして大きなお友達の間ではお馴染みですな
ほかにバンダイの戦隊CMナレーションを長年に渡り担当していますので、ここでもおなじみです。

やはり最終回で気になるポイントはピエーロの行く末。果たして3幹部と同じく可愛いキャラになるのか?

>そして本当に来週で終わるのか!あと二日、楽しみでもあり、寂しくもある…
あっという間の1年をひしひしと感じています。ここで『ドキプリ』に気持ちを切り替えたいところです。
[ 2013/01/26 04:45 ] [ 編集 ]
前回のラスボス・ノイズは、哀しみを具現化した存在でした。
つまり、去年から誰もが持っている、人間の闇を具現化した存在がラスボスなんですね。

そして、敵側を倒すのではなく救うのが強調されたのも、前年度のスイートプリキュア♪っからなんですよね。
今年度は、きっちり「怠け」は許さないってことで、浄化エンドになりそう…


本当に明日でスマプリ終わってしまう…。
私も明日の放送終了後には、各プリキュア個人個人の感想を書こうかなと思います。

スマイルプリキュア!感動のラストに眼が離せない。


そして次作「ドキドキ!プリキュア」の1話目の題名っから、最初っからクライマックスなんですけど…
本当に新規スタート、ドキドキしてたまりませんね!DCD等、商品展開も既に展開中!
[ 2013/01/26 09:01 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

やはり昨年同様憎しみの心の具現化によるラスボスなんですね。やはり今回も浄化ENDの予感がします。

>私も明日の放送終了後には、各プリキュア個人個人の感想を書こうかなと思います。

私も最終回と1年通しての総括記事、更にINDEXの3本立てを予定しています。多忙を縫って最終回をリアルタイムで視聴しようと思っておりますので。

>そして次作「ドキドキ!プリキュア」の1話目の題名っから、最初っからクライマックスなんですけど…

それだけ「ドキドキ」な内容になりそうな…。楽しみですね。
[ 2013/01/26 23:50 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。