今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

光輝く未来へ!届け!最高のスマイル!! 

ついに最終回です!


第48話(最終回)『光輝く未来へ!届け!最高のスマイル!!』

涙なくして語れないスマプリファイナル!
さあ、みんなでこのラストを目に焼き付けよう!!


(C)ABC・東映アニメーション


ピエーロの絶大な力を見せ付けられたみゆき達。
かくなる上はウルトラレインボーバーストだ!!

プリキュアウルトラレインボーバースト!!
無駄だーッ

しかし、ウルトラレインボーバーストは破れ、みゆき達の変身も解かれてしまう!

ハッ…変身が!!
ウッ…
ハァ………

しかもスマイルパクトも石化。これは完全敗北???

世界がなくなってしまう……
本当の深い悲しみを知らないお前たちが世界の絶望に敵うはずがない…

絶望の淵に立たされた5人。ただ、諦めない気持ちが奮い立たせる!!

私たちはこのままで…終わりたくない!
「ウチらも仰山やりたいこともあるし…」「守りたい人もいるんだ!」
「叶えたい夢もあるし」「進みたい未来があります!」

そしてみゆき達の願いが奇跡を起こす!!

私たちは大好きな人たちがいるこの世界で…
もっと…もっと……
……生きたい!!!

願いが通じ、ミラクルジュエルが反応!しかし!だがしかし!!

このミラクルジュエルの力を使えば最後の………

コレが最後の奇跡。使うとミラクルジュエルが消滅。更に地球とメルヘンランドの扉が途絶えてしまうのだ!!

みゆき殿たちと拙者たちは…二度と会えなくなってしまうでござる!!
嫌だよ!それだけは嫌!!

みゆきはかけがいのないキャンディを失うショックが大きく………。

私はキャンディと出会えたことでみんなと友達になれたんだよ……
私はずっとキャンディと一緒に……いられると思ったのに……

周囲の4人も悲しみは同じ。全員号泣………。

ウチかて…お別れは嫌や!
私も嫌だよ~!
私もずっと一緒にいたいよ!
私もお別れは…嫌です!

悲しんでいるいつにピエーロが正論を!

そうだ、それが絶望だ……友達を失うことが絶望なのだ……
絶望って…私、何が大切なのか…もうわかんないよ……

ここでキャンディがあることに気付く!!

大切なことは自分で考えて…自分で決めるクル!!

「大切なことは自分で考えて…自分で決めるクル!!」
いよいよ待ったなし。結論を決めるときが来た!!

キャンディもみゆきと同じ…ウルトラハッピーをみんなで分け合いたいクル……

離れ離れでも心はつながっている。そう、みゆき達とキャンディは一心同体!!

私たちの進む未来はきっと…キラキラ輝いてるよね?
私たちはどこにいても、ずっと…すっと……友達だよ!!

「絶望を乗り越えたなんて…分からない。ただ、私たちはみんなで一緒に未来へ向かってまっすぐに歩いていきたい!それが私たち………スマイルプリキュアだから!!」

未来へ向かって歩いていきたい…それがスマイルプリキュアだから!!

与えられた最後の力。ピエーロを倒す準備は整った!!

プリキュア…スマイルチャージ!!

ロイヤルキャンディも復活。6人でピエーロを倒すぞ!!

みんなの力を1つにするクル!!

「プリキュア!ミラクルレインボー……バースト!!」

ミラクルレインボーバースト!

これでもピエーロのパワーは絶大。だが、みゆき達の思いは1つだ!!

キャンディたちは絶対に負けないクル!!
これから先の未来にどんな困難があっても!
私たちは絶対に前に向かって進んでいく!!
これからも大変なことがたくさんあると思う…でも!
それを全力で乗り越えて初めてホンマモンの笑顔になれるんや!
私たちはどんな時も本当の笑顔を……忘れない!!絶対に…頑張っていくんだもん!!

「かーがーやーけー!スマイルプリキュア!!」

ウルトラハッピー降臨!!
絶望を越えたというのか?それは…
ニンマリ

ウルトラハッピーがピエーロをハグして浄化。地球に平和が訪れた!!

ウルルンたちもいるクル~

本もハッピーエンドに。しかし、悲しい現実がすぐそこに!!

お別れしたくないクル~~!!
ワガママを言ってはならぬでござる!

みゆき達とキャンディとの永遠の別れ……。でも、大切なことはこれだ!

バイバイする時は?
スマイルクル~

どんな時でも笑顔は忘れずに!これがみゆきの流儀だ!!

私たちはキャンディのことが…大好きだよー!
キャンディもみんなのことが…大好きクル~~!!

これがウチの宝モンや!
私の名前が載ってる!
なお、頑張れ!!
自分の道のために日々精進しています…
かけがえのない私の大切な友達…

「幸せは探すものじゃなくて、感じるものだったんだね。沢山の幸せがこんなにすぐ側にあったなんて……」

私の描く絵本のタイトルは…
最高のスマイル!
エヘっ

最後にはウルトラハッピーなラストが!!

みゆき~~~
お星様に願いを沢山かけたら、みんなと一緒に過ごすことが出来たクル~~!!

キャンディと感動の再会!やったね!!

みんな笑顔でウルトラハッピー!!

…ということで、もしかしたらDX3のデジャブみたいな最終回?といえばそれまでですが、やはり別れる時は本当に辛い。でも再び逢えることは本当に嬉しいこと。1年間のストーリーを濃縮させたような最終回でした。

………と、ここまでは最終回のレビュー。この直後執筆予定の年間総集編「ありがとう『スマイルプリキュア!』」に続きます。
関連記事
スポンサーサイト
みゆき達もついに歴史となりましたね!どうやらはるの映画の布石があるとにらんでいましたが、まさか一度メルヘンランドへ帰ったキャンディが5人の元へ帰ってくるとは!驚きのサプライズでしたね!続きは年間総集編でまた書き込みたいと思います!キャンディの帰還で春映画に期待が高まってきました!
[ 2013/01/27 12:32 ] [ 編集 ]
ついに迎えてしまった最終回。ピエーロと最終決戦。
ピエーロの押しつぶしで地球オワタ\(^o^)/になってしまった…。

更には、スマイルパクトも石化。みゆきちゃんの焦点の合わない本気の絶望顔がちょっとヤバかったです。

自分の未来は自分で決める…
この言葉はシンプルで、とてつもなく重い台詞です。

最後は、実況Tweetでも流れていたけど、
終わっちゃ嫌だよぉぉぉ ・゚・(つД`)・゚・

もう、終始泣いてました。

更には、最後の奇跡を起こす代わり、キャンディが消えちゃうって分かったときには、もう、言う事はありません。

ピエーロは案の定、浄化ENDでしたね。
怠けてばっかりいては未来は、何も進まないですよね。


最後は一番最初の場面に戻るというのもいいね。
「最高のスマイル」という曲は、もう涙線崩壊の反則もいいところだろ……(´;ω;`)


本当に、今作は、シリーズ最大の影響力を誇り、
各種メディアもこれまで以上に、大きく取り上げられる等、
プリキュアという作品は、
大人が観ても充分楽しめることの証明にもなりました。


これでみゆき達の物語は終了しますが、
伝説の戦士「プリキュア」は、
これから「ドキドキ!プリキュア」のマナ達の「愛」と笑いと感動の物語へ継承されていく…
バトンタッチ!!

これからも、受け継がれていきたいですね。


本当に1年間ありがとう「スマイルプリキュア!」
みんな、ありがとう!!ありがとう!!!

これからもよろしくね!
[ 2013/01/27 13:01 ] [ 編集 ]
奇跡と引き換えに永遠のお別れになる代償の存在…、これはDX3のアレを思い出す。残された力によりピエーロを倒すが、キャンディとは永遠のお別れになる…はずだったがそんなことはなく、再び再会。
スマプリは過去のプリキュアのオマージュが多い。次回のプリキュアが楽しみだ
[ 2013/01/27 14:17 ] [ 編集 ]
>山田恵資さん

コレは何かのデジャブか?と思われましたが、やはりそれは本当に嬉しいこと。
キャンディとの再会は春への布石になりそうです。これから年間総集編を書こうと思いますので、是非どうぞ!

>特急! 富士川1号さん

「本当に泣かせやがって!どうしてくれるんだよたかし君!!」と言った感想です(褒め言葉です)。奇跡を起こす代償に関係を断たれるという悲しいものでしたが、別の願いがキャンディをみゆき達に再び逢わせてくれる「涙で始まり涙で終わる最終回」といえるでしょう。

>怠けてばっかりいては未来は、何も進まないですよね。
そうなんですよね。とあるバイト経験者の突貫工事のツケの話を聞いて実感しています。何事もアクションを起こして前進だ!

>プリキュアという作品は、大人が観ても充分楽しめることの証明にもなりました。

世はまさに少子化社会ですからねぇ。本当に大人が楽しめる作品になりつつあるプリキュアはどこまで進化し続けるのでしょうか。

いよいよ後継となる「ドキドキ!プリキュア」はどのような作品になることでしょうか…。楽しみですね!
続きはこのあとの「年間総集編」で!
[ 2013/01/27 14:21 ] [ 編集 ]
もう泣きました;Д;
本当に最高ですスマプリは…;Д;
最後の最後まで本当に泣けた…
キャンディとの再会って1話のアレンジだったとは…スタッフわかってる…
結局、ジョーカーどうなったんだろう…
まさか次作、登場フラグか!?
本当にスマイルは最高だ!!
ドキドキ!プリキュアはどんな笑いと感動が待ってるんだろう…
うん、ドキドキしたよ!
最後にウルフルンさんとキュアハッピーさんからの一言
ウルフルン「1年間、ありがとうな!いつかまたみんなに会う日まで!じゃあな!ウルッフ~♪」
キュアハッピー「みんな、1年間ありがとう!私もみんなに会えてウルトラハッピー!また春の映画で会おうね!」
[ 2013/01/27 15:00 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

どこかで見たラストだなとお思いになった人も多いと思われます。しかし映画を観に行けず悶々とする人には新鮮に見えたことでしょう。この時こそDVDかBDをレンタル、または購入をオススメしましょう。

>ヴァンさん
ラストは1話の冒頭を彷彿としており、これもある意味「繋がっている」と言っても過言ではなさそうです。

>結局、ジョーカーどうなったんだろう…
まさかのASNS2の出演もありえそうです。ドキプリ出演もあったりして…これも期待しつつドキプリに前を向きましょうか。
[ 2013/01/27 19:29 ] [ 編集 ]
今週でスマプリも最終回を迎えましたね。もう1年経ったのか・・という気持ちでスマプリの最終回を噛みしめながら観ていましたが、見終えると寂しくも充実な30分だったと感じました。

最強体と化したピエーロを倒す最後の望みは、ミラクルジュエルの力を使い変身すること。しかし、その力を使うとみゆき達とキャンディが離れ離れになってしまう・・。ずっと一緒に過ごしてきた友達と別れてしまう・・でもピエーロを野放しには出来ない。どうすれば良いのか分らず、泣きじゃくるみゆき達にキャンディが「大切な事は自分で考えて決めるクル!」この一言で彼女達も決意を固めピエーロを消滅しました!

その後キャンディはみゆき達とお別れすることに・・。ですが、1話の冒頭のように絵本の中からキャンディがみゆき達と再会!お星さまに沢山お願いしたらまた会えたようです。本当にキャンディには最後の最後まで驚かされましたw最後はみんな笑顔でウルトラハッピーになれて良かったです!!

みゆきにとってはキャンディに出会えたことで、みんなと友達になれてウルトラハッピーりなりました。自分としても「スマイルプリキュア!」という作品に出会い1年間楽しく過ごせて幸せでした!最高のスマイルをありがとう!!
[ 2013/01/27 23:42 ] [ 編集 ]
>酢昆布さん

出会いと別れは誰しもあるものなんですよね。この場面でも常に本作品のメインテーマでもある「笑顔」がここでも生きていました。

最近のニュースではアルジェリア人質事件で殺害された日本人10人の悲しい気持ちが連日放送され心が痛んでいます。このような悲しいことでも、いつかは霧が晴れるかのように明るい日々を送ってほしいと節から願ってやみません。

話を元に戻して、みゆきとキャンディの出会いがターニングポイントになっていたことも重要要素でした。やはり「一期一会」の四文字熟語は重みがありますね。

『スマイルプリキュア!』の出会いは、生涯忘れられぬ作品となりそうです。次回の『ドキドキ!プリキュア』は虚脱感を拭うことができるのでしょうか?楽しみですね。
[ 2013/01/28 04:43 ] [ 編集 ]
今回本気で泣きそうになりました…。涙をぐっとこらえ見ていましたが、やはり別れは辛いもの。
最後の方で別れ際に、けなげに笑顔を作って見送ったみゆきに感動しました! しかしやはりその後には号泣…。思い出が深ければ深いほど、別れというものは辛くなるということを改めて実感しました。

最初の方はもう絶望の一言に尽きますね。
スマイルパクト石化・プリキュア解除、キャンディとの永遠の別れ、地球の終焉…みゆきの顔は本当に絶望に満ち溢れていました。それに追い打ちをかけるように言葉を浴びせ、精神を痛めつけるピエーロはジョーカーそっくりでした。
しかしキャンディの勇気ある一言によりみゆきは決心し、ピエーロを撃破。こうして地球の平和は守られたわけですが…。

やはりこの作品は「東日本大震災」と深いかかわりがあるな、と感じました。ピエーロ=震災や津波で、絶望は日本国民の感情を表していると思います。

「絶望を乗り越えたなんて…分からない。ただ、私たちはみんなで一緒に未来へ向かってまっすぐに歩いていきたい!」

これは私たち、日本国民の思いそのものではないでしょうか?

復興はあまり進んでいないように思えますが、「未来へまっすぐ歩いていきたい!」とはみんな思っているはずです。復興させようと奮闘している東北の方々をテレビで幾度となく見てきました。

スマイルプリキュアのコンセプト、「震災で失った笑顔を取り戻す」は達成されたと言ってもいいでしょう。

こんなに素晴らしく、奥深い作品に出合ったのは久しぶりです。

「どうせ幼児アニメだろ?」と思っていた自分を殴ってやりたいですw
[ 2013/01/29 23:49 ] [ 編集 ]
>キハ40 841さん

私も泣きそうになるくらいグッときていました。これは最終回ならではでしょうね。本当にみゆき達との別れを辛く感じていました。

ピエーロを倒す希望が出た代償としてメルヘンランドとの断絶……。これを乗り切ったのですが、やはり別れの時が来るとつらい。しかし、別の願いでキャンディとみゆき達の再会にジーンときたのは何かのオマージュでしょうが、なんとなくいい雰囲気でラストに相応しいものでした。

>やはりこの作品は「東日本大震災」と深いかかわりがあるな、と感じました。
この教訓を生かしたのは「スマイルプリキュア」といってもいいでしょう。今年3月で2年を迎えますが、やはり絶対に忘れてはならない記憶です。

>「どうせ幼児アニメだろ?」と思っていた自分を殴ってやりたいですw
このアニメは年齢に関係なく共感できるのがスマプリのみならず、他のシリーズにも言えると思います。次回作の「ドキプリ」も我々大人の鑑賞に堪える作品にしてほしいものです。
[ 2013/01/30 17:50 ] [ 編集 ]
「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」で、本編終了後も家族などの一般人にはプリキュアである事は知られないまま行動している。
キャンディは2代目メルヘンランドの女王を務めるが、優秀はまだの為、ポップに厳しく教育されている。妖精学校の当時の生徒であり、次作「ドキドキ!プリキュア」のシャルルとは旧知の仲。
ポップは「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」で映画初登場したが、「スマイルプリキュア!」本編終了後もメルヘンランドに暮らしている(次のNewStage3に登場するかは不明)。
[ 2013/06/30 15:52 ] [ 編集 ]
「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」で、本編終了後も家族などの一般人にはプリキュアである事は知られないまま行動している(最終決戦時も一般人は無気力状態となっていた為)。
キャンディは2代目メルヘンランドの女王を務めるが、優秀はまだの為、ポップに厳しく教育されている。妖精学校の当時の生徒であり、次作「ドキドキ!プリキュア」のシャルルとは旧知の仲。
ポップは「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」で映画初登場したが、「スマイルプリキュア!」本編終了後もメルヘンランドに暮らしている(彼を含めば歴代妖精20番目(21番目が「ドキドキ!プリキュア」のシャルル)。次のNewStage3に登場するかは不明)。
[ 2013/06/30 15:59 ] [ 編集 ]
「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」で、本編終了後も家族などの一般人にはプリキュアである事は知られないまま行動しています(最終決戦時も一般人は無気力状態となっていた為)。
キャンディは2代目メルヘンランドの女王を務めるが、優秀はまだの為、ポップに厳しく教育されています。妖精学校の当時の生徒であり、次作「ドキドキ!プリキュア」のシャルルとは旧知の仲。
ポップは「映画 プリキュアオールスターズNewStage2 こころのともだち」で映画初登場したが、「スマイルプリキュア!」本編終了後もメルヘンランドに暮らしています(彼を含めば歴代妖精20番目(21番目が「ドキドキ!プリキュア」のシャルル)。次のNewStage3に登場するかは不明です(登場してもモブにはならないように)。

[ 2013/07/01 04:43 ] [ 編集 ]
スイートプリキュアまでのプリキュアたちは、スマイルプリキュアの笑顔で守られている。
「プリキュアオールスターズDX3」と同じ時間に飛ばされたスマイルプリキュアの号泣の最終回。
その絶望感とは、2011年3月11日の東日本大震災と福島第一原発事故だった・・・。
[ 2013/12/14 07:36 ] [ 編集 ]
宇宙に解き放たれ、ピエーロを倒したビッグなキュアハッピー。そして福島県民の心が特にたくさん詰め込まれたビッグなみゆきちゃん、ウルトラハッピー。
[ 2013/12/14 19:00 ] [ 編集 ]
ウルフルンは地震の象徴と言えそう。
第1話の時点から「東日本大震災と原発事故という絶望」が感じられている。
現在放送中のハピネスチャージプリキュアは、プリキュアシリーズ最高の難易度を誇るバトル
[ 2014/11/08 10:58 ] [ 編集 ]
「わたしたちのこの力、福島の復興のために戦う…!」
[ 2015/02/13 19:42 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。