今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリキャラガイド16・円亜久里/キュアエース 

本日はマナ役の生天目仁美さんの誕生日です。その日に亜久里を書くということをしていますがw
彗星の如く現れたキュアエースを紹介しましょうか。


じゃ、ここで休みましょう愛の切り札、キュアエース!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★円亜久里(まどか あぐり)/キュアエース
★声★釘宮理恵(くぎみや りえ)
★キャラ像★

人間界出身のプリキュア。かつてジコチューに敗れパートナーのアイちゃんとはぐれたものの、アイちゃんが自ら亜久里を呼び出したことで再会する。これから強くなるジコチューを危惧し、マナたちをあえて鬼のような心で鍛え直し「プリキュア5つの誓い」を掲げ強化させた。変身後は「思いの力」で少女から大人の姿に変わる。マナたちを凌駕する力を持つが、変身を維持できる時間は5分間に限られる。スイーツに興味を持ち、美味しいものほど表情が崩れていくクセがある。


これからも亜久里も強化しそうですな。まずは己の心を力を鍛えましょうか。

★役柄多彩な「ツンデレの女王」。実はシリーズ出演歴が!!★
釘宮理恵さんをご紹介。1997年の日本ナレーション演技研究所主催のイベントで入賞し声優デビューを果たしました。その後数々のメインキャラを演じてきますが、注目を浴びた作品は『灼眼のシャナ』のヒロイン・シャナ役。この作品を皮切りに『ハヤテのごとく!』の三千院ナギ役、『ゼロの使い魔』のルイズ役などツンデレ女子キャラを好演したことから「ツンデレの女王」の異名を取っています。女性キャラに限らず、『鋼の錬金術師』のアルフォンス・エリック役、『たまごっち!』のまめっち役など、独特の声が特徴的な少年役もお手の物です。
実はプリキュアシリーズでの出演歴を持ち、映画『Yes!プリキュア5 鏡の国のミラクル大作戦』でキュアレモネードの悪の分身・ダークレモネード役で出演。昨年の西村ちなみさん(ダークドリーム→キュアビューティ)に続き2人目のパターンを踏襲しています。
関連記事
スポンサーサイト
これも謎のキャラクターですね…。
ソード同じトランプ王国から逃げてきたと思ったら違いましたね。

この子もプリキュアになった回想も欲しいですね…。
1話では書かれてなかったので…。

スタッフさん、この子の謎を解き明かしてください…。
いきなり来たので私も混乱してます。
当時の私
(キュアエース!?→甘いものが好きだと!?→回想を…。→5分変身!?)の状態です…。

映画では5分変身が心配です…。
[ 2013/08/05 00:09 ] [ 編集 ]
おいおいアイマスの伊織と銀魂の神楽も忘れるなよ
[ 2014/01/03 14:09 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。