今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリ36話・ラケルはりきる!初恋パワー全開! 


ラケルが恋をした!

第36話『ラケルはりきる!初恋パワー全開!』

今週は初めての経験を味わうラケルの恋物語。
実るか。それともしおれるか……。この恋の行方は??

謎の敵、彼の目的は?マナの祖母、登場!
アン王女も劇場版にマナのドレス姿は劇場版だけで見られるぞ!

いよいよOPも劇場バージョンに。因みに私は昨日前売り券を買いました、楽しみだ!!

(C)ABC・東映アニメーション
(C)2013 映画ドキドキ!プリキュア映画製作委員会



まさかの人間態変身再び!
シャルルは中学生の姿に変身できますが、ラケルは小学生の姿にしか変身できません。

変身!僕もお手伝いしたいのに…

そんな中、ウサギ飼育係を務める八嶋さんが生徒会室へ。
ウサギが逃げたことから悲しみにくれています。

尻尾が2つあるように見えるから「ポンポン」どうしよう…

マナ達もウサギを探すことになったのですが、ウサギを見つけたのが!!

見つかってよかった…ラケル君は私のヒーローだよ…

ラケルでした。「ラケルくんは私のヒーローだよ」とこの言葉で……。

何ケル?このドキドキこれはもしかしたら…
チョコン!ウワッチィ!!

ラケルは恋の病に罹った!

これは恋わずらいだビィ!八嶋さんのことが好きになっちゃったのかな?

ラケルの恋わずらいを治すため荒療治を推す亜久里とダビィ。
しかしシャルルは反対意見を押し通していますよ。

妖精が恋するなど由々しき問題ですわ恋愛禁止、ハンターイ!!!

ああ、ラケルよ。お前はこのままノロけてしまうのか……。

真琴を悩ませちゃ駄目ビィ!!八嶋さ~ん…
今日も来てくれたのねヘヘヘ…

六花曰く「ラケルはマジメで思いつめるタイプ」と八嶋さんの恋を心配していますが、マナが安心論を言ってきました。

ホントにラケルが八嶋さんに恋してるのなら…大丈夫だよ、ラケルがホントに大好きなのは六花だもん

本当に恋している(というより大好きな)のは六花であること。ところが当のラケルは八嶋さんにオノロケ…。

あと1時間……いや、30分は一緒に遊びたい…じゃ、私のお気に入りスポットに案内するね

いよいよデートスポットに案内されることになったラケル。その場所とは…。

俺がいなけりゃお前らがカップルだなフン!何がカップルなの?

カップルが似合う公園でした。って、アンタらww

なんだかドキドキする私は水が透き通ってて綺麗なこの池が大好き!

苦労して綺麗になった池を好く八嶋さん。
ラケルもこのことに感心していました。というよりノロケてそれどころではないようですが。

僕は仲間とともに悪い奴らと戦っている!僕は間違いなく八嶋さんに恋してるケル!!

どんな時でも敵はやってくる。マナたちは闇の鼓動をキャッチした!

楽しげにボートなんか乗っちゃって…あなたの望み、叶えてア・ゲ・ル!
おまるシャワー!なんかイヤー!

ジコチューのせいで池を汚された八嶋さんは悲しみにくれる……。

池を汚すなんて…ひどい!!遊びじゃないことは、僕にも分かってるケル

ラケルはマナたちとようやく合流。ヘイチェキラッチョ!張り切ってるなぁ。

八嶋さんが大好きなこの池を守ってみせるケル!!シャワーにはシャワーのお返しよ!

八嶋さんのためなら体を張ってでも頑張るラケル。
ここでトドメだ!!

オイコラ、おまるー!!僕は八嶋さんと約束したケル~~!!

「僕は………八嶋さんのヒーローケル!!!!!」

ゴーン!!
浄化しましょうか…あ…

愛の力はホントに強いんだなぁ。ラケルの大車輪級でジコチューを撃退!
その喜びも束の間………。

ボーイフレンドの原田くんよ

ああ、ラケルの恋物語、一巻の終わり………。

ボーイ……フレンド………

とはいえ、愛する人のためにやったことは決して無駄ではないこと。
マナたちもラケルの勇気ある行動に喜んでいました。

愛は人を強くするんですね…元気出して、ラケルには私がついてるじゃない

やはりラケルと六花が一番のカップルですな!!
てかラケルくん、立ち直るのが早すぎでしょw

やっぱり六花が一番ケル~!
……………

……ということで、今週はラケルの恋物語は人のために頑張ることを描いたエピソード。今回の話を見ておわかりでしょうが、「愛が人を強くする」という典型的な内容。しかしラケルは何故八嶋さんに恋したのか。やはり「ラケルくんは私のヒーロー」と褒め言葉にしたのが原因でしょうな。振られても立ち直れたラケルくん、人生まだまだこれからですぞ!めげずに頑張ろう!!

モブキャラ声優

来週は克服せよ!亜久里のニンジン騒動!!

ニンジン、イヤ~~…!!

これはもしかしたら………

もしや…

ニンジン、食べられるかな?

関連記事
スポンサーサイト
過去のなぎさと藤Pに代表されるプリキュアシリーズにおける“恋”といえば今回のラケルのほか、なぎさと支倉、あかねとブライアンなどがありますが、妖精の“恋”はラケルくらいしか聞いた覚えがありません。支倉のほうはなぎさを振り、キュアブラックに惚れる…といったことがありました(というもののブラックもなぎさだが…)。人間に変化できるシャルル、ラケル、ランスにもダビィやミルク達のような人間態での名前が欲しいところです。
ドラゴンボールZでも、クリリンが恋をし、失恋する回があったのを覚えており、こち亀の本田も過去に恋、失恋を繰り返しているキャラでした。
次回はアイちゃんと亜久里の人参嫌いを克服という回(人参嫌いといえばラブもそうでした)…次の展開に期待しましょう。
[ 2013/10/13 21:44 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

過去にも妖精の恋物語があったんですよ。『5』のココ、ナッツ、ミルク、シロップ………。『フレプリ』から1年シフトに移行したため2年連続は『5』が最後となっていますが、2年間に及ぶ恋物語は壮大なスケールでした。

>人間態での名前が欲しいところです
シャルルは「こころ」、ラケルは「まもる」、ランスは「ゆうた」と。キャラのイメージとお考えください。

>人参嫌い
やはり子供にとっては味覚が大人の数倍とも言われています。味覚がやや鈍ったところで野菜の美味しさを実感できることからある意味「試練」といわれているのでしょうな。亜久里の本当の成長ぶりはどのように描かれるのでしょうか?
[ 2013/10/14 10:33 ] [ 編集 ]
女子中学生に惚れ、張り切るラケルの話。結局相手には彼氏らしき人物がいたため失恋に終わった。一方ジコチューはアヒルに似せたおまるを召喚。美しいものが醜くなる攻撃を仕掛けるが、ラケルの暴走で呆気なくやられる。

次回亜久里が人参嫌いだという話。人参嫌いなキャラクターは、フレプリのラブ以来となる。レジーナが目覚めかかるということは…
[ 2013/10/14 11:55 ] [ 編集 ]
5の妖精達にも恋物語がありましたか。ご教授ありがとうございます。5とGoGoはほとんど観なかったので…。
今回のジコチューはアヒル型ボート(自分ではそう思っている。が、オマルにも見えなくもない)ということで、ハート(マナ)の口上では「愛をなくした悲しいボートさん」か「オマルさん」と思っていたところ、実際は「アヒルさん」でした。
亜久里やラブのような野菜嫌いといえば、なぎさとせつながいて、それぞれ玉葱とピーマンが苦手というのがありました。
[ 2013/10/14 13:55 ] [ 編集 ]
今回は、ラケルが、八嶋さんに恋をしてしまい…
張り切る恋バナエピソード。

ラケルは六花ちゃんといつも一緒にいて、
視聴者からすれば何と羨ましいことか……→ジコチュー!

まこぴーが、シャルルとダビィに「どっちの味方でシャルか(怒)」って言われて、真剣に悩むシーンワロタww
だってアイドルは恋愛禁止だから。

そして、まさかまさかの、おしりパンチ!w
ラケルのど根性行動に、みなさん失笑w
ま、結論は、「ラブはパワー」なのです~

次回は、亜久里、なんと人参嫌いという。
野菜嫌いは、ラブの人参嫌いの他にも、
なぎさ先輩も玉葱嫌いでしたね。

マナさん、ふなっしーリスペクト?

…そして、あの赤目は…レジーナ復活?
見逃せない!

OPは暫く、映画仕様に、
ゲスト声優として、今回は俳優の谷原章介さんが、
悪役として登場。当人は、娘に嫌われそうで心配っていうインタビューを残していますね。

とにかくレジーナ生きているだけよかった。スタッフによると、外道っぷりは、進化しているようですが…
[ 2013/10/14 17:24 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

ラケルの恋物語は「やはり」という展開に終わってしまいましたが、六花がいなければ更に落ち込んでいたことでしょう。やはりラケルにはパートナーの六花がいて引き立つのでしょうな。

ジコチューは「似て非なるもの」とされるスワンボートとおまる。この着眼点に気付いたスタッフはさすがですね。

>急行・快特本八幡さん
何かと作風の影響であまり見ていなかったことでしょう。現在はネットで調べると色々と情報も出ているので「このような関係なんだ」と脅かされることかもしれません。
[ 2013/10/20 19:05 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

>だってアイドルは恋愛禁止だから。
なるほど、ここでも某巨大アイドルグループ並びに某カードが命のアニメの鉄則を使ってきましたかw
とはいえ、なんといってもシャルルとダビィの喧嘩は微笑ましいものでした。だってかわいいんだもの(狂っちゃいそうだな)。

ラケルの「おしりパンチ」は伝家の宝刀のような必殺技といえるでしょう。「歴史は繰り返す」………。

>マナさん、ふなっしーリスペクト?
やはり流行モノを入れてきましたか!プリキュアに限らず他のアニメも流行を取り入れているので、時系列もわかるものです。

>谷原章介さん「娘に嫌われそうで心配」
月に一回のペースでNHK「きょうの料理」に出演されていますので、ここからマイホームパパぶりが窺えています。谷原さんはこのような人物ですから、俳優の持ち味を発揮した演技を楽しみにしていますぞ!
[ 2013/10/20 19:19 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。