今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリ38話・ベールのたくらみ!アイちゃんジコチューになる!? 


え?アイちゃんがジコチューに染まる??

第38話『ベールのたくらみ!アイちゃんジコチューになる!?』

今週はベールの妖しいキャラが炸裂!しかも何かの予兆でもあるわけですが……。

その予兆とは?


この犬はマナの…?劇場でも5人の息はピッタリ!

(C)ABC・東映アニメーション
(C)2013 映画ドキドキ!プリキュア製作委員会



アイ、アイ………癒されますわ~

いよいよイヤイヤ期を脱したアイちゃん。しかし、向こう側の企みが…。

アイちゃんがジコチューになると我々に力を与えてくれるようだそこでだ…

なんとアイちゃんを誘拐してジコチューに洗脳させる作戦だ!

この指人形でいく!

早速作戦は実行。ジコチュートリオはアイちゃんを見つけて……。

アイちゃ~ん、僕たちは君の友達だよ~きゅぴ?
こっちにおいで~!ノリノリだね、アイちゃん

この作戦が図に当たり、アイちゃん、朝から不機嫌です。

またイヤイヤ期が始まったのかな…?シャルル、どうしたの?
お昼寝しないからオモチャを取り上げようとしたら引っ張り合いになって…アイちゃん、随分力持ちになったのね

早くもアイちゃんの異変に気付いたシャルル。夜を徹して様子を見ようとするも…。

これは何かあるシャル…しまったシャルー!!

結果は寝坊で真相はつかめず。しかもアイちゃんは今日も不機嫌です。

ワガママが思い通りになるジコチューに、アイちゃんもなりたいわよね?イテテテテテ…

やはりシャルルの思惑通りだった!アイちゃんはジコチューにドップリと浸かり……。

俺もこれでジコチュー界のNo.2からワンに昇格だ!ワッ!!

ベールもナンバーワンに昇格できるとあってウハウハな表情。
とはいえ、アイちゃんが元気一杯でジコチューは困惑!!

きゅぴ~!もう少しで俺は……ナンバァ~ワン!!

ベールおじさん、調子いいなぁ。
ようやくシャルルが朝帰りを目撃できて、マナ達に明かされます。

ラ、ラブレチャア??果たし状?

ラブレターに偽装した果たし状には、トリオがアイちゃんを誘拐した文面が。
なんというおふざけぶりですかww

例え企みがあったとしても…アイちゃんは絶対に取り戻してみせる!

いよいよ現場に向かったマナたち。その目に映ったモノとは!!

アイちゃん??

ジコチュー化したアイちゃんだった!!

ジャネジーがみなぎってきたよ~!亜久里ちゃんは危ないから下がってて!

亜久里以外の4人が変身、トリオからアイちゃんを取り戻すのだ!!

今日がお前たちの最期の日よ!!うるさいことを言う怖~いお姉さんたちを、お兄さんたちがとっちめてくれてるよ~

このポーズを連想した人は年齢層が高そうww
「愛」をコケにしたトリオにマナが反論!!

アタシがアイちゃんを信じてる限り、愛は無限に溢れてくる!!

マナ曰く「愛というものは信じることで永遠のモノになる」とのこと。
しかし、アイちゃんは泣き続けジャネジーはますます強力に!!

フン!!ここは私たちが何とかする!

マナは別行動でアイちゃんを救出へ。
しかし、アイちゃんが起こしたガレキに埋まってしまう!!

誰がお前なんかに渡すか!!ウウウ…

見抜けずにいた責任を思い起こしてアイちゃんに謝るマナ。
マナはアイちゃんと共に過ごした日々を思い出させることに……。

イヤ~~!!アイちゃんが元気に笑ってくれたら、すっごく幸せな気持ちになれるんだから…

かけがいのない日々の連続だったマナとアイちゃんとの時間。

アイちゃんとはみんなで支えあってやってこれたよね……

ようやくアイちゃんが心を開いて……。

マ……ナ………アイちゃん…大好きだよ!

初めてマナと出会った時のことを思い出し、アイちゃん、完全復活。

きゅぴらっぱ~!アイちゃん!!

これで5人揃い踏み。しかし、リングのパワーは最大に達する!!

食らえ!!これが完全に愛を取り戻したアイちゃんの力ですわ!!

アイちゃんの力が愛の力……。
しかしブラッドリングの力でスーパーベールに変身!!

スーパーベール!!

激突!マナたちの愛の力とベールの極限!!

アータタタタタタタタ………

それを砕いたのは愛の力だ!!

俺は…ナンバーワンになる男だぁー…やまじ…
行くわよ、このポンコツ!!

いよいよキングジコチューとの決戦が近付くことに気付くドキドキメンバーたち。

いよいよキングジコチューと相対する時が来たのかも知れませんそしたら…レジーナにもまた会えるんだ!!

今週はマナたちとアイちゃんとのかけがえのなさを描いたエピソード。今後の展開はアイちゃんが鍵を握っていることも克明に描かれていました。それにても、トリオは笑わせてくれました。懐かしのかめはめ波や北斗百裂拳…。本来のターゲットである女児たちには分からないかもしれませんが、これは思い出として伝わってきそうです。

来週は恒例の駅伝休み。再来週放送の目玉はなんといっても……。

レジーナ様、でしょ?

映画の感想は後ほど予定しています。
来週はマナの家族たちを中心としたキャラガイドを記載する予定です。
Twitterでお知らせしますので、どうぞお楽しみに!!

お兄さん、この表情は…
お休みの時は劇場で会おうね!!

おまけ・グルトのCMはギザカワユス!!

美味しい!

期間限定!お早めに!!
関連記事
スポンサーサイト
アイちゃんを自分たちの僕にしようと企んだ今回の話。ジコチュートリオの全身タイツ姿は、まさに不審者! アイちゃんの心に闇が潜むと、悪役の力は強化される…。しかもブラッドリングの力で本気を出したベールは、前作の某赤鬼が本気を出したのと同じように上半身が裸になり、筋肉質に。次回はレジーナとジョナサンが再登場。しかしレジーナは洗脳形態のままで、ジョナサンが企みを浮かべているような表情を見せていたのは…。

キングジコチューとの決戦は近い。ブラッドリングを失った悪役たちは、この後どうするのだろうか?
[ 2013/10/27 16:40 ] [ 編集 ]
今回は、例の3人衆が、アイちゃんをジコチューの道へと引きずり込もうと必死になる物語でしたね。

ベールさんはシリアス要素を大事な場面でちゃんとぶっ壊してくれるキャラでホントよかったわww
さりげなく激しい戦闘の様子をアイさんに見せないベールさんの愛(?)ww
いきなりスーパーベールになって某戸愚呂みたいな感じになって、北斗の拳のネタを引っ張りだしかつ「やまじ…」発言するとは思わなかったですwww

アイちゃん3人衆を手玉にとるあたり、強いな…

自分を甘やかしてもいいけど、度が過ぎるまで甘やかせるな!が今回伝わったと思います。(あのみのさん騒動も関連)
ちゃんと回想シーンで本当の愛は何なのか… それも伝わってきました。愛というのは信じる強さのこと!
笑って泣けてかつちゃんと趣旨に合っている… まさに納得かつ満足のいく物語でした!

来週は駅伝のためお休み。
なので劇場に脚を運びましょうかね…

谷原さんプリキュアPR活動お疲れ様です。来週のくりぃむのミラクル9には、キュアハート、生天目仁美さんが出演。くりぃむの(悪党)上田の煽りに負けないでクイズがんばってください!

再来週から、復活したレジーナ様の活躍を見逃せないっ!
と同時に岡なんとかさんもレジーナ様復活したら、何故かフラっと再登場。
いきなり下衆顔を見せる辺り、これが彼の本性?、ということは、キングジコチューとつながってる??やはり岡なんとかさんは胡散臭いですね。
[ 2013/10/27 18:13 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

やはりベールの焦りというのか、ここでトドメを射さないと後がないといった心境でした。
しかしその姿はどこかの怪盗3姉妹を彷彿とするもので「なんだこの余裕は」と。本当に切羽詰っているんですか?とツッコんでしまいそうですわ。

その後の「俺は本気を出してやる」と言った具合か、ベールが筋肉隆々の姿でプリキュアたちを圧倒しますが、やはりチームワークが一枚上で完膚なき敗戦……。

いよいよレジーナが再び登場することで最終コーナーを回ってきました。駅伝の休みもあることから毎年この時期はセンチメンタルになりがちです。次回作のタイトルも判明しましたので、この先も情報を追いかけようと思っていますぞ!
[ 2013/10/27 19:03 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

やはりジコチュートリオは物語にエッセンスを与える存在ですね。リーヴァとグーラが主従だった頃は何かと朝なのに衆道かよとある意味過激でした。
何かと80年代のジャンプネタが散りばめられていました。元祖東映アニメーション(当時は東映動画)で作られた『北斗の拳』は現在は東映以外で作られるのが殆どですが、長くも人気を保った作品になっていることが驚くばかりです。

>あのみのさん騒動も関連
まさに「アメとムチ」ですな。特には甘く、時には厳しく。食い扶持を殆ど稼いでいるのはこの教育なんだと身にしみています。やはり育て方いかんで人生は左右されるんですのう。

>愛というのは信じる強さのこと!
物語も3/4を消化した時点でアイちゃんの出会いから今日を振り返るシーンがありましたが、「アイちゃんには何かを持ってる」と感じていました。いよいよドキプリも終わりそうになると寂しくなります。

駅伝休みは時間があったら違う劇場でもう一度映画を見たいと思っています。やはり谷原さんは円熟味があるなぁ。

>ミラクル9に生天目仁美さん
ゲストチームキャプテンに谷原さんが登場するためですね。大家志津香さんと具志堅用高さんのキャラが立っているゆえ、更に他の出演者が目立つことで生天目さんが空気にならないのか心配です。

>予告の岡なんとかさん
やはり彼も怪しさならナンバーワンですな。そのこともありますので、アン王女が明らかになったときに岡なんとかさんのキャラガイドと作っていこうと思っておりますぞ。
[ 2013/10/27 19:26 ] [ 編集 ]
ジコチュー化アイちゃんが、初めてマナ達と出会ったことを思い出して完全復活…愛のパワーは凄いものです。かつて「魁!!男塾」の原作で三面拳・月光が洗脳されて桃と戦うことになり、これも確か桃の「愛」の力によって目覚めたと思いますが、それを思い出しました。スーパーベールも、映画DX3におけるムシバーンの最終形態のような感じでした。
レジーナは再洗脳時にリボンの色が変わっており、これを見て「聖闘士星矢」でサガが善から悪へと変わるのと同じ現象と考えたりもしました(セイレーンも洗脳から目覚めかけての再洗脳でしたが…)。今のレジーナはいわゆる“幻朧魔皇拳状態”。プリキュア達との戦いの行方やいかに…。
「懐かしのかめはめ波」といえば、ハッピーシャワーの構えがまさしくそれでした(笑)。
次週は恒例(?)ともいえる“駅伝休み”。ゴルフのときは辛うじて放映されたのに、駅伝には負けた感じです。
[ 2013/10/27 21:26 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

今週はマナとアイちゃんの絆がクローズアップされたエピソードでした。『魁!男塾』に限らずこの手の話は何かと多く使われていますが、改めて愛の力は絶大なんだと感じることが多いですね。下手するとどこかのストーカー殺人の加害者みたくコントロールできなくなると考えられるので、モノは考えようですが。

>レジーナ
リボンなど基調が赤から紫に変わっているのは貴殿の仰る通り洗脳説も考えられます。マナとの間に生まれた友情は元通りに戻せるのでしょうか。最終局面に向けての鍵になりそうです。

>かめはめ波
なるほど、そういえばそうでしたね。ちなみにキュアミントに対しては「気円斬」なるもののモチーフでした…。

>駅伝休み
こればかりは抗うことはできませんし、しかも今年からバトスピと戦隊を潰してまで放送するスタイルになりそうです。
ちなみに箱根駅伝と全日本大学駅伝(通称:伊勢路駅伝)の違いは前者が関東学連加盟校が中心、後者が全国学連のブロック制と規模が大きく異なっているものの、人気面では箱根が日程上から圧倒的です。
[ 2013/10/27 23:01 ] [ 編集 ]
ハートダイナマイト結局出ませんでしたね…スタッフは嫌がらせするのでしょうか

映画もマイスィートハートはなかったし主人公いじめですよね?

ベール達はざまぁみろでしたね
6月下旬の倍返しですね

レジーナとの決着…あのお兄さんも怪しいですね
あのラブハートアローもジコチューが作ったものだったりして
[ 2013/10/28 21:15 ] [ 編集 ]
箱根駅伝なら、僕も毎年見に行っています。なにせ自宅からコース(往路1区と復路10区)までは徒歩で2~3分ですし。
レジーナが再洗脳を受けるとマナは激しく落ち込んでいましたし、ラブもせつな(イース)が敵の幹部とわかると落ち込んでいたような…。前も書きましたが、ラブとマナは変身後金髪に変わるなど、共通点が幾つかあるようです。
ちなみにラブの人参嫌いですが、ラブの中の人・沖さんも人参が嫌いとのことです(他にせつな同様ピーマンが駄目らしい)。
[ 2013/10/28 21:41 ] [ 編集 ]
>ヴァンさん

本当に最初の技はパワーアップで出てくれないんですよね。やっぱバンダイカーンさんには逆らえないのだ。

>6月下旬の倍返しですね
「倍返し」というとすぐさま半沢直樹を想像する人が多くなりますな。ドキプリもレジーナで「数倍返しだ!!」

>お兄さん
結局は空白の期間もあり、ますます謎が深まる岡なんとかさん。次回久々の登場ということもあり、ファンもヤキモキさせているに違いないぞ!


>急行・快特本八幡さん
1区と10区は東京~鶴見のあたりですか。本当にこの区間はやや長いものの、5区と6区の小田原~箱根に比べると平坦が多いのでどっちもどっちかな。

>ラブとマナ
ピンクヒロインだけ見ると、これはフレプリのオマージュかなと感じています。全てに当てはまりそうなのも偶然ではないはず。

>ラブの中の人・沖さんも人参が嫌い
>他にせつな同様ピーマンが駄目らしい
キャラが中の人の影響を受ける形ですか。キャラ設定が明確なのもフレプリの特徴でもあるわけですが、ドキプリにもそのエッセンスが継承されていますね(マナの中の人の生天目さんの結婚ネタとか…)。
[ 2013/10/28 23:08 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。