今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリキャラガイド17・相田あゆみ 

プリキュア恒例の駅伝休みの1週間を凌げ!とばかりにお送りするキャラガイド。

映画でもメインの家族たちが登場していますが、今回はマナたちの家族を中心にご紹介。
その第1弾はマナママことあゆみさんです(通し番号は17ですが)。


マナが小さかった頃はね…

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★相田あゆみ(あいだ あゆみ)
★声★上田晴美(うえだ はるみ)
★キャラ像★

マナの母親で、実家の洋食レストラン「ぶたのしっぽ亭」でウエイトレスとして切り盛りしている。常にマナを見守っており「赤ちゃんだった頃のマナは歩き始めてからは元気すぎて苦労した」とのこと。常に料理のことで揉める宗吉と健太郎をピタリといとも簡単に止められる仲裁術が特技。亜久里の祖母・茉里が講師を務める茶道教室の生徒でもある。


マナがしっかり者だからでしょうね、あゆみさんが優しく気立てのいい女性になるのは。

★本業はドラマなどで活躍する女優。近年から声優にも挑戦★
上田晴美さんを紹介しましょう。本職は女優で、プリキュアシリーズ伝統の俳優系キャスティングに含まれる範疇です。主に端役を担当することが多く『ウルトラマンメビウス』や『ULTRASEVEN X』などの特撮出演の経験を持ち、出身地の京言葉の指導もされています。
声優に関してはラジオドラマ『あ、安部礼司 BEYOND THE AVERAGE』の出演経験を持ちますが、アニメ作品の準レギュラーでは本作品が初めてとのこと。この経験で芸域も広がりそうです。
関連記事
スポンサーサイト
ちなみにラブも母親の名前が“あゆみ”でした(ちなみにフーちゃんと親しくなったことで事件の発端を生んだ少女もその名前である)。主人公たちの両親の名前は、「おかあさんといっしょ」で活躍した歌のお兄さん及びお姉さんが由来だという噂があったが、本当かどうかは謎。見た目はアコが大人びた感じに近めか。
[ 2013/11/10 17:32 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

ご指摘どおり、プリキュアシリーズに名前が「あゆみ」を使うのは3人目なんですね。思い入れがあるのか、それとも考えるのが億劫なのか。真実は謎…。

>歌のお兄さん及びお姉さん
どこかのTwitterで発言した記憶がありました。速水けんたろうさん、茂森あゆみさん、今井ゆうぞうさん、つのだりょうこさんですが、かぶっているのはあゆみさんだけです。
[ 2013/11/11 18:52 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。