今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリ43話・たいせつな人へ!亜久里の授業参観! 

これが真の絆!!

第43話『たいせつな人へ!亜久里の授業参観!』

今回の見所は「亜久里と茉里の本物の血縁以上の絆」でした。
個人の時間の都合上、今回のレビューは「巻き」になります。ご了承を。
(↑結果、巻きどころではなくなりましたが…)


(C)ABC・東映アニメーション



ウヌヌヌヌ…………美貌が水浸しじゃない!!

今回も戦うプリキュア。なんとここに!

亜久里?おばあ様?

茉里さんがいたのだ!

おばあ様に見られてしまうなんて…あなたが特別な運命の子であることをわたくしは知っていました…

亜久里はショックを隠しきれない様子。茉里さんが声をかけても動じません。
だが、茉里さんは亜久里のことを昔から知る関係だった!

オギャア……よしよし…

当時赤子だった亜久里が茉里さんからジコチューを守った途端…。

ああっ!!…………この子は!?

急成長した亜久里。その時、王女らしき声が亜久里のことを見守ってほしいと……。
茉里さんにお見通しにされた亜久里のショックは計り知れず。やはりマナたちも心配しています。

とにかく正体を茉里さんに見られた以上は…ウワァ~~ン……
ここは四葉財閥の力で!!ウグッ………

感極まって号泣する亜久里。超急成長振りも本人も知る由はありません。

プリキュアになる時、いつも「思いの力」で成長してるじゃないの竹やぶで生まれるなんて、まるで「かぐや姫」みたいですわね

ジコチューと戦ったショックなのか、「その時の記憶」が喪失したとのこと。
それをめぐって亜久里が混乱!!

ああ、わたくしはいったい何者なのか…謎は深まるばかりだビィ…

やはり茉里さんはお見通し。居場所を突き止めていますぞ。
茉里さんが楽しみにしている亜久里の授業参観をマナは知り…。

パーティといえばお菓子!!スイーツ~!

ここは粋な計らい。マナの提案でパジャマパーティをやることになったのでした。

やられた~!!コラー、何時だと思っとるんじゃー!!

だが、「茉里さんは亜久里ちゃんのことを少しも迷惑だと思っていない」とマナは言います。
どうやら茉里さんはそれなりかつ気丈に接しているようです。

あなたのことを思っていなければ、そんなことは言えないわね…「絆」というものはとっても強いものなのですね…
茉里さんにとっても、きっと大切な関係だと思うわ…わたくしはおばあ様と…一緒に…いたいです

ここで亜久里と茉里さんはかけがえのない関係だと亜久里本人は身にしみて……。
夜は明けて授業参観日となりました。

あ…おばあ様……

授業は「一番大切な人」を題材にした絵を描くこと。
亜久里にとって「大切な人」とは…。

今日は「一番大切な人」を絵にして発表しましょう一番大切な人…

と、ここでレジーナちゃん登場。

「永遠の友情」って……、プッ!ジコチュー!!

亜久里は茉里さんを「一番大切な人」の絵にしたためて…。

この人…消し消し消し消しー!!

しかし、ジコチューとレジーナが大暴れ。マナたちも変身!!

ジコチュー!!学校の中で暴れるんじゃありません!!

学校の生徒たちの描いた絵を持ったレジーナ。ジコチューの消しゴムで消そうとする!!

大切な人の絵??フーン、そうなんだ?

大ピンチ!!亜久里の描いた絵がジコチューの手で消されてそうとしていた!!

エーイ、こんなモノ!!消し消しーー!!

高飛車のレジーナに、亜久里は恨みの涙を流す!

そんなの描いて喜ぶ人って、いると思う?そんな……

ここで威風堂々と茉里さん登場!!亜久里と茉里さんの絆が強いことを改めて示した!!

これは大切な孫がわたくしの為に描いた絵です!!

絆が光となり、周囲を照らす!!

ピカッ!!また胸が…チクチクする……

「いつまでも、大切な人の側に」これぞ、肉親を超えた絆だ!

わたくしはおばあ様に指一本触れさせません!これからはご迷惑をかけるかもしれませんが…全力でお守りします!!
お側にいさせて下さいって…、それはわたくしの台詞です!ワァ…

こうしてジコチューも撃退。消された絵たちも元通りに!!

ラブラブラーブー……ん?
元に戻った!!んもー、ベェーだ!!

これをきっかけに、亜久里と茉里さんの絆は一層深まりましたとさ。

この絵に免じて草むしりで許してあげます今日はおばあ様のキンピラゴボウが食べたいです!!

ということで、これが血縁のない関係が肉親以上に絆が深い亜久里と茉里さんの間柄を描いた話。…ですが、アン王女と亜久里の関係を浮き彫りにさせた話でもありました。こうなってくるとレジーナもこの関係に絡んできそうな…………。最終回のカウントダウンも近付き、いよいよ何かと明らかになってきそうですぞ!

来週はドキプリの聖なる日。マナは生徒会長の座をとるか、クリスマスをとるか!?

え?スピーチコンテスト?

みんなのクリスマスはどうかな?

関連記事
スポンサーサイト
今週は亜久里がキュアエースであることをおばあちゃんにバレるところから始まるエピソード。
亜久里は、竹から生まれたかぐや姫??某ジブリみたいな感じの生まれ方みたいで、生まれてすぐ10歳の身体になったというみたい。自分でも知らなかった真実を知って愕然なのはもう当たり前ですよね。私だって嫌ですよ。一方4人はあんまり実感湧かない話なのか特に驚きもしない普通の反応でしたが。
亜久里の髪を下ろすと、それはレジーナと瓜二つな感じ。やはり何かあるはず…ここまで両者、不自然に共通点が多い。
今回のレジーナはかなり応えてきて、追い詰められているのか、追いつめられる程鬼畜になる法則通り鬼畜作戦に打って出ました。努力否定というベタで凶悪なやり口である。
絵を消すという作戦はかのフレプリの南氏初登場を彷彿させる鬼畜行動。
でも肉親を超えた絆は見ていて感動しました。婆さんがプリキュアに覚醒するかとちょっと思った…

次回はクリスマス回。いつもなら、クリスマスは最終決戦前と位置付けていたのですが、どうやらクリスマスは去年からしっかりやるようになりましたね。 
個人的にはマナ回と見せかけて最後の六花回だと思います。いよいよドキプリもラストスパートだ!
[ 2013/12/08 22:17 ] [ 編集 ]
ハート(マナ)達プリキュアが戦闘中、傍で茉里が見ており、しかも亜久里がキュアエースであることを以前からお見通しというのは意外な展開でした。しかも茉里は、初登場の第27話でも茶席を汚すグーラに一喝するシーンがあり、まさにさなえ(ほのかの祖母)やタエ(みゆきの祖母)のような祖母といった感があります。その第27話で亜久里は「おばあ様の前でキュアエースと呼ばないで!」とマナ達に言っていたものの、実は知っていたという…。
茉里が幼い亜久里を拾い、亜久里を見守って欲しいという女神のような声…ありすの言う通りかぐや姫のような話です(どことなくジブリ的)。自分は「聖闘士星矢」で、城戸光政が黄金聖闘士のアイオロスから幼いアテナ(沙織)を授かるシーンが頭に浮かびました。そのうえジコチューとの敗戦のショックで“その時”の記憶を失っていたという展開も意外…。そしてマナ達5人が枕投げで楽しみ、宗吉から怒鳴られるシーン、まるで修学旅行です(笑)。
今回のレジーナは、どことなく悪鬼のような表情を見せてくれました。消しゴムジコチューとの戦闘中、エースの前に茉里が現れるシーンは、スマプリの第42話でマジョリーナとの戦闘中のマーチ(なお)の前にけいたやはる、こうたが現れるシーンを思い出しました。
特急!富士川1号さんの仰るように、亜久里は髪を下ろすとレジーナと瓜二つな感じで、この2人は何らかの関係がありそうな予感がします。亜久里の、茉里との強い絆が一層深まったのが、以前のありすと麗奈の和解以上に感動的でした。
[ 2013/12/08 23:08 ] [ 編集 ]
>特急!富士川1号さん

>自分でも知らなかった真実を知って愕然なのはもう当たり前ですよね。
そりゃそうですよね。自分も同じです。話は亜久里に変わりますが、まさにかぐや姫といったものです。
しかも髪を下ろすとレジーナに瓜二つといったのが今後の伏線になりそうです。いよいよ残り少なくなったドキプリを象徴付けています。

>鬼畜作戦
これは致し方ないといってもよさそうな気がします。何故ならレジーナも今後の鍵を握るキャラと言っても過言ではないですから。

>肉親を超えた絆
亜久里と茉里の間柄は細部が違えど、ありすとセバスチャンみたく似ています。「生みの親より育ての親」でしょうな。

>個人的にはマナ回と見せかけて最後の六花回だと思います。
私もそうなると予想していますし、やはり2週続けてクリスマスのエピソードになるのではと思います。予告で登場したガリ勉くん風のイーラ(?)とガングロセーラー服のマーモ(?)も注目されたし。
[ 2013/12/09 18:56 ] [ 編集 ]
>急行・快速本八幡さん

やはり人生をしたからこそ誰でも対応できるんだと、茉里をはじめシリーズに登場した祖母キャラもこのようなシーンが多くありました。

>おばあ様の前でキュアエースと呼ばないで!
これも地獄耳といいますか………。抜け目なしですな。

>どことなくジブリ的
うろ覚えと言いますか『もののけ姫』か『千と千尋の神隠し』か。そのような境遇で生まれた亜久里の描き方は斬新に感じました。

>そしてマナ達5人が枕投げで楽しみ、宗吉から怒鳴られるシーン
去年の『スマプリ』でも佐々木先生がみゆき達に怒鳴るシーンがありました。女子一同はおしゃべりや賑やかなことが好きなんですよね…。

今回のエピソードで亜久里とアン王女、レジーナの3人の関係がキーとなりつつあります。本当に待ったなしです。

[ 2013/12/09 19:14 ] [ 編集 ]
まだマナちゃんたちの秘密まだわからないし…
最近の主役はハートじゃなくてエース
これ2期やったほうがいいですよね。
1期だけで全然回収し切れてません、これじゃスマプリのデジャブを繰り返すんですかね。
ラブハートアローもプリンセスフォームと同じデジャブ…スタッフはいいかげん学習してほしいですね。終盤でよくなかったら駄作確定ですよ…。
[ 2013/12/10 21:25 ] [ 編集 ]
>ヴァンさん

やはりここにきて伏線が回収されたのですが、貴殿の言うとおり氷山の一角と考えてもよさそうです。

>これ2期やったほうがいいですよね。
確かにこのアイデアは妥当な線といっても良いかもしれません。しかしスポンサー並びに東映アニメーションさんほかは「1期限り」の方針をとっているため現時点では実現は難しいと考えてもよさそうです。後日談をOVAにしてもよさそうですけど。

[ 2013/12/14 12:11 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。