今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリ47話・キュアハートの決意!まもりたい約束! 

集大成らしきエピソード!!

第47話『キュアハートの決意!まもりたい約束!』

いよいよ残り2話。家族や周辺の人物たちも登場し、集大成みたいなことになっていました。
ついにレジーナがあることをカミングアウト!!それは………???

(C)ABC・東映アニメーション


これより人間界を攻略する刃向かうものは全て消し去れ!

完全復活を遂げたキングジコチュー。やはり人間界殲滅を企んでいました。

アタシはパパの為に生きるって決めたのよ!お前のプシュケーしおれててみっともないぜ

これにはレジーナも同意。しかし本人のプシュケーはしおれていることをイーラが見抜き…。

あれは…みんな………行こう!

いよいよキングジコチューと対峙するマナたち。
戦わずして、解決させる方法はあるはずだと……。

「これは映画ではありません」「今、まさに起こっている現実なのです」

固唾を呑んで見守る大貝町の一般市民たち。

「海から上陸した巨大生物たちを食い止めるべく…」「5人の少女たちが必死に戦っているのです」

それに家族たちも……。

「彼女たちが何者なのか分かりませんが…」「命がけで我々を…、この世界を…、守ろうとしてくれているのです!」

世界のために戦うマナたち。まずはトリオを退治だ!!

お前1人でこの俺を止められるのかな?ヤーマジ!!

ベールさん、ここはマジメにやろうよw

情けないわねー、そんなんでアイツらを倒せるの?奴らは自ら滅んでいく…「愛」などとくだらない幻想に縛られているんでな…

しかしベールは策士か、何かを企んでいそうな………。
六花はイーラと宿命の決戦!

お前だけはこの俺が倒してやる!あなたに私は倒せない…、それは…

「あなたに私は倒せないわよ…、知らないのなら教えてあげる、ダイヤモンドは…傷つかないのよ!!」

ダイヤモンドは傷つかないからよ!

イーラにこの捨てゼリフ。ありすは四葉財閥の宿命・マーモに!!

みんなで頑張れば、道が開ける気がするんです…そんな気がするだけって?

「みんなが頑張れば道が開ける…そんな気がするだけで充分、それが私たちの…、カッチカチの絆なんです!!」

その上、今日の私はカッチカチです!!

真琴とベール。運命的な対決は……。

断ち切るのは弱さ、切り開くのは未来!このナマクラが!

「私が…断ち切るのは弱さ、切り開くは未来!心を貫く勇気の刃!それが私、王女様から貰った名前…キュアソードよ!!」

心を貫く勇気の刃とは……私のことよ!!

3種3様の戦いを挑む3人。マナと亜久里はキングジコチューと激突!!
でも、レジーナが立ちはだかる!!

マナ、あなたはどうしていつも……

マナはレジーナとキングジコチューの約束を守るために!

キングジコチューさーん、アタシの話を聞いてくださーい!!やかましいわー!!

心の叫びをぶつけてもキングジコチューは改心せず…。
マナと亜久里はキングジコチューの餌食に……?

アタシは……諦めないよ!!

しかし約束を守りたい一心からここは踏みとどまりました。
この心が力となりピンチを凌ぐ!!

あなたの声なんてパパには届かないのよ…エーイ!!

ベールは「人間界もトランプ王国みたく滅ぶ。自己中になった国民たちみたいにな」と挑発。

アタシは信じてる、愛の力は何も負けないって…

しかし、「愛の力がみんなで支えあって生きている」とマナは正論を諭し…。

誰か手を貸してくださーい!!困ったときは助け合いっすよね!

困った時はお互い様。愛があるから支えあうことができ、住民たちも一身同体です。

いえいえ、気にしないでくださいよここは搬送が必要な方から順番に…

「ほら、聴こえるよ…愛の鼓動が………」

愛の鼓動が聞こえる…

これが支えあう…愛の鼓動だ!!

わたくしも手伝いますわよ!みんなでウサギを守ろう!

誰よりも堅い結束力!!

おばあちゃん、ここは!みなさん、こっちへ!

思いやる心は誰よりも強いぞ!!

お嬢ちゃん、大丈夫だよクイーンさん、ここは!

これは絶妙なハーモニー。しかしキングジコチューは徹底的に否定する!!!

くだらん!!もう持ちません…

崩れ落ちる希望の塔………キングジコチュー、鬼畜なり!!

クローバータワーが…

キングジコチューが反論を続けるもマナは愛の鼓動は続いていることを確信。

愛の鼓動はまだ消えてないよ…

談判すれば和解できると考えたマナ。しかし、レジーナが痺れを切らした!!

どうしてもパパの邪魔をしようなら……、アタシが相手よ!

更にトリオも参戦。総力戦はヒートアップ!!

来ないで!!忘れてもらっちゃ困るわね!

戦わずしてレジーナの攻撃を受け続けるマナ。これには真相があってこそ!

このーっ!これでもう終わりなの?

「アタシ、レジーナとは戦わないよ…。友達だから……。友達との約束……、守らなきゃ……」

アタシはレジーナとは戦わない…だって友達だから……

レジーナの涙は悲しい時の涙……。マナは見抜いたのだ!!

アンタとは赤の他人のくせに!なんなのよ!!アタシはレジーナが好きだから…

「アタシはレジーナが好きだから……。レジーナも愛するパパが好きになれる……。分かり合ってもらいから……もう一度話そっ!」

そんな戯言に耳を貸すなー!!

しかしキングジコチューの溺愛心が心を乱す!!

ウオオオオオオオオ!!!ダメーーー!!!

闇から光に変わったゴールデングレイブ!レジーナの本当の答えを出した!?

槍が!?

「パパ……。愛は、最初から、アタシの中にあったんだよ……」

愛はアタシの中にあったんだよ…

「パパのことも好きだけど、……やっぱりマナも好き!パパと同じくらいどっちかなんて選べないくらい!!……マナが好きなの!!」

マナも大好きなの!!

プシュケーも清き姿に。レジーナはやはり「いい子」でした。

プシュケーがピチピチのプルプルに戻ってやがる

「ある意味究極の自己中」とは。マーモさん、人のこと言えんぞ。

私もみんなが大好きですもの!私も好きな人の気持が分かるわ…
好きな人同士が輪になって広がっていくのが…

「好きな人たちが輪になって広がるといいと思う……」。六花らしい結論ですな。

更なるダメ押しは亜久里。本当に血が繋がっているのだからこそ……。

何故ならあなたはわたくしにとってのお父様だから!

「人とのつながりを為すことが愛。愛の戦士たるわたくしの使命は倒すことではなく…愛することだったと!ようやく気付きました……。今ならそれが出来ます!何故ならあなたはわたくしにとっての……お父様だから!!」

アン!?

アン王女に重なって見えた亜久里を見るキングジコチュー。それが愛なのだ!!

そう、これが愛だよ


しかし愛の存在に気付いたキングジコチュー。制御不能に陥った!!!

愛など消し去ってくれるわー!!

今週は愛というものの存在を語った話。残り僅かですが、やっと言えてよかったのがマナとレジーナの関係。今回もマナと六花の関係に続き「してやったり」のようですな。東映アニメーションさん。そしてマナたちの家族や、セバスチャン、大貝町の住民たち…………。今週のオールキャストでした(昔の教養系クイズ番組でこのような言葉がありました)。ですが、今週は妖精たちの声の出番ゼロでしたけどね。それにしてもキングジコチューは和解できるのか。残り2話でどのように料理するのか……?

ありす…

来週はありす母の声はあるか?キングジコチューと決着をつけるぞ!!

いよいよ決戦!お楽しみに!!

関連記事
スポンサーサイト
ドキプリも残すところあと2回。
ついにプリキュアたちがキングジコチューと激突!
おそらく1年間の集大成ともいえるエピソードだと思いました。

ジコチュー側は、誰もが混乱に陥り、混乱時の自己中心的な心を利用して、世界征服をたくらんでいた…
しかし、ベールさんは、追いつめるんだけど、ホント一歩届かないですよね。

愛は勝つ…
それこそ答えなのかもしれない。愛の力は∞なのだ!

今回は、大貝モブキャラも殆ど出演で、まさに集大成。
友情…両想い…家族の存在…これらは全て「愛」でつながっている。自己中心な心は誰もあるが、それは必ずしも悪いわけじゃない。その心を利用する奴等が悪いと感じられました。

マナレジやイラりつも濃厚でした。

ハピプリは、予告みてみたけど、プリカードを使って変身するとか…なんとなく某アイドルアニメみたいな感じで… 大きく影響受けてるなぁと思います。

残り2回で、どういう感動のラストになるのか…
レジーナの行方は?
二階堂君が何だか、キュアハートの正体に気付いたようだろうか…バレ展開がくるのか?

最後まで見届けましょう!
[ 2014/01/12 19:09 ] [ 編集 ]
レジーナ「アタシはパパもマナも好き!だからパパ、お願い!目を覚まして!」
レジーナはこれで改心したといっても過言ではありません(…と思いますが。このような例は「ドラゴンボール」の天津飯や「聖闘士星矢」のシャイナを思い出した…)。エースとレジーナの2人でキングジコチューを説得する姿、どことなくメフィストを説得するアフロディテやキュアミューズ(アコ)を連想させてしまいました。
>固唾を飲んで見守る大貝町の…
これも、MH終盤にて見守る志穂や莉奈、アカネ(日野あかねではない)らを彷彿させるところがありました。ジコチュートリオも、イーラとマーモはともかくベールには何かがありそうな予感。スマプリでいうところのジョーカーのような存在では…?これもまた謎です。一番気になるのはキュアソード。「剣崎真琴」は本名なのか、それとも…?
MH最終回において洋館の少年がひかりの弟「九条ひかる」として転生したように、イーラ達やアイちゃんもまさか…?今後の展開に注目です。とにかく、プリキュア映画、とくにオールスターズNS3に、声の有無は問わずレジーナが登場すれば面白いと思う自分です(例えばハピプリのめぐみかスマプリのみゆきがレジーナとすれ違うとか…)。
次回はありすの母と思われる女性が…声はあるのか期待です。
余談ですがキングジコチュー役の大塚芳忠さん、代表作に「NARUTO」のキャラクター、“エロ仙人”こと自来也があり、最初聞いたときはどこかで聞いたなと感じました。
[ 2014/01/12 19:53 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

ドキプリもあともう少しなんだな……と私は思わず感じています。

なにしろ家族やクラスメイト、モブキャラ一同で「愛の集大成」の大きなテーマゆえに効果絶大の演出!これで感極まったといえるでしょう。
しかも忘れがたきゲストキャラたちのオンパレードとなれば感無量。「あ、アナコンダ姉さんが演じた女優がいた」と思わず口にするほどでした。

しかし私が最も嬉しく感じたのはレジーナのマナ好き発言。「これで相思相愛になった」と私ばかりではなく、他の視聴者たちも多数そう思っているはずです。

>自己中心な心は誰もあるが、それは必ずしも悪いわけじゃない。その心を利用する奴等が悪いと感じられました。
やはり悪用するとなれば場合によっては犯罪になりかねないと断言できます。人間、悪事は重くなるほど最悪の場合命を捨てて贖罪しかねません。自ら運命を決めてしまうことすらあるのです。

>マナレジやイラりつも濃厚でした。
こればかりは「宿命」と感じ取っています。ありすの相手がマーモなのもセバスチャンと戦った相手でもあり、真琴の相手がベールなのもアン王女を追い詰めた張本人でもあるわけですから。

>某アイドルアニメ
このトレンドを取り入れるのもプリキュアらしいなと考えています。現代の女児は何かと流行に敏感ですし、時代に順応してこそ10周年を迎えられた金字塔でもあるのですから。

>二階堂君が何だか、キュアハートの正体に気付いたようだろうか
なにかと美味しいとこどりの二階堂くん。映画にも登場しましたから何かと重宝がられていますね。欲を言えばフルネームの設定が欲しかったところです。

残り2話のドキプリ。尻尾まで入ったアンコのたい焼きみたく最後まで楽しめそうです。
[ 2014/01/12 21:23 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

キングジコチューは悪の中枢に操られていそうな気がしてなりませんが、本性は何か?こればかりは来週の放送を待つ以外にありません。

>「ドラゴンボール」の天津飯や「聖闘士星矢」のシャイナ
このような経緯を持つキャラはいるものの、ご指摘どおり一昨年の『スイプリ』にもアコとメフィストの関係と似ています。このような数奇な運命を背負う設定も外すことができないようです。

>ジコチュートリオも、イーラとマーモはともかくベールには何かがありそうな予感。
本当に気になるトリオの行方。一癖ある名キャラなだけに何かあるのでしょうか。憎めなかっただけに、ここは生きて欲しいなと思っています。

>次回はありすの母と思われる女性が…声はあるのか期待です。
これは本当に声をつけて欲しいところ。場合によってはキャラガイドにすることもあります。

>大塚芳忠さん
そうなんですよね、多彩な役柄が多いだけに重宝されていますから。近いうちにガイドを作成しますのでどうぞお楽しみに。
[ 2014/01/12 21:36 ] [ 編集 ]
いよいよドキプリも後2回ですか.来週アリスの母が登場しますが.ここでまさかの財閥ナンバー3の登場でどう盛り上がりを魅せるのでしょうかね.そしてハピプリですが、先週も言ったように、NS3ではめぐみがマナに助けられています.あれ浜名がインテリなためか、生まれもっての素質と言っても過言ではないでしょうね.
[ 2014/01/12 21:53 ] [ 編集 ]
>山田恵資さん

残り2話でどのような脚本(ほん)が出来上がっているか。財閥ナンバー3の登場の情報の真贋はいかに。やはり話の内容はフタを開けて見なければ分からない。多分侮れないと多くの人は期待感でいっぱいですな。

>NS3ではめぐみがマナに助けられています.
予告を見た感じではこのようなキャラ設定になっていますね。NS3は集大成の作品になるとのことですが、今秋予定のハピプリ映画はもちろんのこと、来春もプリキュアシリーズはドル箱作品なので新要素のアイデアを盛り込んで行きそうですな。
[ 2014/01/12 22:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。