今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリキャラガイド26・キングジコチュー 

本当にラスボスなのか?と考えられるキングジコチューを紹介。
自己中の中でも文字通りキングクラスのジコチューだ!!

キングジコチューだ!!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★キングジコチュー
★声★大塚芳忠(おおつか ほうちゅう)
★キャラ像★

最も大きな権力を持つジコチューの首領。「愛」という言葉や感情を嫌う傾向にあり、傲慢かつ気は短く非情な性格を持つ。レジーナとは父子関係を持ちレジーナに対し甘い情熱を注いでいるが、レジーナが愛の心を持った時には容赦なく処分を下している。
彼の正体はアン王女の父親であるトランプ王国の国王。王女が謎の病気に罹り、治癒する唯一の方法として「エターナルゴールデンクラウン」の力を借りた代償に闇に乗っ取られキングジコチューに変身。「自分と娘だけの世界があればいい」という欲望のもとトランプ王国の侵略を遂げている。


誰かに操られているのかと感じていますが、真相は………??

★周囲の「ホウチュウ」呼ばわりから定着。多岐に渡り大活躍★
大塚芳忠さんを紹介しましょう。上京して偶然テレビ局のアルバイトをしたときに自分のやりたいことは「芝居」と見つけ出したことをきっかけに声優の道へ。デビュー当時は本名の「よしただ」の読みでしたが周囲から「ホウチュウ」と呼ばれることが多くなったのをきっかけに2001年ごろ、芸名を現在の読みに変えています。
高低の幅広い声の持ち主で、『SLAM DUNK』の仙道彰役のようなクールな役柄、『NARUTO -ナルト-』の自来也役では変わり者のキャラなど多種多彩の演技が持ち味。吹き替えでも存在感は濃く、『フルハウス』のボブ・サゲットさん扮するダニー役は良き育ての親を好演。堀内賢雄さん(コッペ役、メフィスト役)と山寺宏一さん(映画DX3ブラックホール役)のイクメントリオの揃い踏みを果たしました。
特撮でも幅を利かせており、『激走戦隊カーレンジャー』のシグナルマン・ポリス・コバーン役、『仮面ライダー電王』のデネブ役、最近では『仮面ライダー鎧武』のナレーションを担当。更にNNN系列のニュース番組『真相報道バンキシャ!』では味のあるナレーションを担当するなど多岐に渡って活動中です。
関連記事
スポンサーサイト
キングジコチューを演じる大塚芳忠さんは自来也役で知られていますが、この芳忠さんという声優を初めて知ったキャラクターとは、「聖闘士星矢」の鋼鉄聖闘士(スチールセイント)・マリンクロスの潮でした。「NARUTO」からは自来也のほか、ナルト役がりんの竹内さん、ヒナタ役がつぼみの水樹さんで、カブト役の神奈さんも緑川源次(なおの父)など、プリキュア声優も結構います。
ちなみにクレヨンしんちゃんでも、
しんのすけ=ミップル
ひろし=サラマンダー男爵
ひまわり=シフォン
で残るみさえ役のならはしさんがプリキュアのキャラ役で登板すれば野原一家はパーフェクト達成…でしょうか。一家でパーフェクトを達成しているのは「あたしンち」で、
母=レジーナ、夏木ゆうetc…
みかん=奏、永沢勝子
ユズヒコ=ポップ
父=フレプリの長老
という具合です。
[ 2014/01/13 23:36 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

私が大塚芳忠さんを知ったのは相当昔のことで、『ハイスクール!奇面組』の似蛭田妖(にひるだ よう)役。本当にニヒルな当たり役でした。
この作品のリーダー各キャラでは、残すところ難波圭一さんをはじめわずか。惜しむらくは天野邪子(あまの じゃこ)を演じた井上遥さんの早逝ですね。あれからもう10年以上か…。

>で残るみさえ役のならはしさんがプリキュアのキャラ役で登板すれば野原一家はパーフェクト達成…でしょうか。

ならはしみきさんは『ちびまる子ちゃん』のみぎわさんっぽい声の悪役が似合いそうな気がします。ファミリー系アニメで主要キャラが出揃うことがなんだかウキウキしますぞ。

ハピプリサブキャラのキャスティングはどのような顔ぶれになるのか、楽しみですな。
[ 2014/01/15 21:01 ] [ 編集 ]
>似蛭田妖
あ!そういえばそうでした。同じ「奇面組」では芦田野路男がノイズ役の中尾隆聖さんだったことも思い出した次第です(中尾さんはフリーザやばいきんまんでも有名)。さらに似蛭田と同じ「番組」の田打肥は映画フレプリとDX3に登場したトイマジン役の塩屋浩三さんでした。ほかに、
一堂 零=館長
冷越 豪=ピエーロ
出瀬 潔=イルクーボ
宇留千絵=ミズ・シタターレ、リボン
切出 翔(色男組)=モエルンバ
真実一郎=ネバタコス
などを思い出しました。ネバタコス役の島田敏さんといえば友蔵役が有名で、印象深いキャラが「ついでにとんちんかん」の名無しのゴンベエでした。
[ 2014/01/16 17:16 ] [ 編集 ]
自分と娘だけの世界という欲望というから中の人繋がりで似ている考えを持っているキャラが他のアニメのキャラでいましたよ。
[ 2014/01/17 17:33 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>芦田野路男がノイズ役の中尾隆聖さん
>田打肥は映画フレプリとDX3に登場したトイマジン役の塩屋浩三さん
奇面組の声優は何かと演技派揃いで、当時人気があった声優たちもいました。個人的には塩屋さんの再登場に期待したいところです。なにしろユーモラスさがズバ抜けているのですから。

>切出 翔(色男組)=モエルンバ
私は何処で見失ったのか。難波圭一さんの出演があったことに気付いたのをお詫びいたします。

>島田敏さん
この人も何かとバイプレーヤーですから、どこかでの再登場を願うばかりです。

ちなみに『奇面組』の主題歌は当時秋元康さんがプロデュースしたおニャン子クラブの派生ユニット「うしろ指さされ組」「うしろ髪ひかれ隊」が担当。次回作のハピプリでは奇しくも同じ秋元さんプロデュースのAKB48元メンバーである仲谷明香さんとはなんたる奇遇…。


>問題Rさん
初めまして、このようなブログですがどうぞごひいきに。
ここでも歴史は繰り返されるんですね。奇しくも同じキャストである例は偶然か運命か。
キングジコチューはどうなるのか、残り2話、見逃せない!
[ 2014/01/17 20:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。