今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ドキプリキャラガイド27・ジコチュー 

いつもなら年間通して功労をねぎらったキャラを一番最後にするのですが、今回はアン王女を一番最後にしたいと考えています(なにしろキャストが未だに不明確なので…)。
タイミングは年間まとめの次の記事になりそうです。

1年の功労キャラはこのキャラしかいません。その名はジコチュー!!


ジコー!!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★ジコチュー
★声★岩崎征実(いわさき まさみ)
★キャラ像★

ジコチュートリオやレジーナによって召喚されるキャラで、常に心の弱ったプシュケーを狙い実体化させ人々に襲い掛かる。作り手によって強弱や大きさも変わり、更に2体同時に召喚することもできる。常に口癖は「ジコー」だが、物体により「消し消し消し…」(消しゴムジコチューの場合)など口癖も変わる。


「一年間お疲れ様でした」はジコチューにも合いそうですな。

★突拍子のないキャラが多めの「アジア系シュワルツネッガー」★
岩崎征実さんを紹介しましょう。比較的モブが多めですが、名の通ったキャラに関しては濃いキャラを好演しています。『こちら葛飾区亀有公園前派出所』(こち亀)の左近寺竜之介役では格闘に精通するオタクキャラ、『ジュエルペットサンシャイン』では主人公たちより目立ったイルカ先生役と、何かと目立ついぶし銀です。
そんな岩崎さんですが、ジム通いで体を鍛え上げており「シュワルツェネッガーのアジア人バージョン」と喩えられることがあるとのこと。やはり左近寺の影響は強そうですぞ。
関連記事
スポンサーサイト
ジコチューは、人の心につけこんで魔物化するところ、デザトリアンのような存在です。そのジコチューの中の人・岩崎さんと聞いて自分が思いつく役は、やはり左近寺でしょう。彼は柔道師範で硬派ながらも恋愛ゲームのヒロインにこだわるようになるキャラです。こち亀において左近寺以外でドキプリに登板した声優といえばかるたクイーン役の鈴木さんが乙姫菜々を演じていました。他のプリキュアシリーズでも、
電極+=夏木りん(キュアルージュ)
橘 琴音=アフロディテ
戸塚金次、開発001号他=クモジャキー
などが思いつきます。
[ 2014/01/25 09:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。