今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリ16話・私はマスコミよ!!プリキュアの秘密全部見せます!! 



第16話『私はマスコミよ!!プリキュアの秘密全部見せます!!』

思わぬ事態発生!!

増子美代がMCを務める『プリキュアウィークリー』。
それはホントに楽しい番組ですが、思わぬ事態にめぐみ達はタジタジだ!!

それは?

プリキュア10周年って、完璧よね!!

あたし完璧!とmktnここでも完璧でした!

(C)ABC・東映アニメーション



みんなに伝えたい!私が伝えたい!マドリードのプリキュアがハンターに…

ホットな情報をお伝えする『プリキュアウィークリー』。
もちろんめぐみ達も毎週チェックしています。

来週はハピネスチャージプリキュアの正体に迫る!えええええええええええええええええええ!!!!!!!

なんと来週はハピプリの正体に迫るときたもんだ!
めぐみ達は心中「穏やかじゃない!」(あおい姉さんっぽく)

もし私たちの正体が全国ネットで知られたら…テストで赤点……ホントに取っちゃいました
近所の犬に吠えられて涙目に?ノーコメントです!!大食いより私はじっくり食べたい派なんです

こうなったら被害甚大の危機。なんとか食い止めなくては……とその矢先に!!

あなたがプリキュアですね!?ち、違います………

美代さん(「増子さん」にしないのは増子美香さんの存在があるためです)、早速先回り取材!これはどうしようもなかった!

もしかしたら…元気!
おっとり!なんで見た目だけで「ワガママ」って分かるのよ!?

この徹底振りは筋金入り。なんとか煙に巻きその場を凌ぐものの……。

愛乃さん、どうしたんですか?なんで増子さんがいるんですか?

この執着心、尋常じゃない。美代さん不法侵入はいけません……。え??

学校から取材許可は貰っているわ

なんと学校から取材許可済み………。

彼女たちはぴかりが丘周辺に現れ、しかも見た目が中学生であることから!

しかも動かぬ証拠を指摘され……。

プリキュアはこの学校の生徒の中にいる!!

なんと美代はプリキュアの近くにいることを見抜いたのだ!!

ガーン!!!!!!!!!!!!!!

美代に徹底的取材され、めぐみはクタクタ。
家に帰って落ち着きたいところですが……。

ひめもゆうゆうも気を引き締めてくれなきゃ…一番危ないのはお前だろ

誠司はひめとゆうこよりめぐみが危なっかしいと指摘。
そりゃあ幼馴染ですから尚更ですな。……と!!

続けて読めば……マスコミよ!!あなたとお友達に秘密があるってね…

ここでも突撃取材とは…。

美味しそうなギョーザですね~遠慮なくご相伴に預かりまーす

ちゃっかりご相伴するとはなww
めぐみの部屋に場所を移し取材再開。

レレレレレポーターかわルンルン!!

なんとめぐみが美代に逆取材。
質問攻めに美代は思わず……。

私も美代さんに聞きたいことがあるので…なんでプライベートに踏み込んで取材しようとするのですか?
好奇心?ワケあり?ホントのところはどうなのですか?あ………!?!?!?

これには美代もお手上げ。される側は不慣れだそうで。

私は取材するのは得意だけど、されるのは慣れてないの~!昔、プリキュアに助けてもらったことがあるの…

美代さんの意外な事実。プリキュアに助けてもらった経験をされたとのこと。

あの時の後姿が…すごくかっこよくて綺麗だった…

この件でプリキュアに強い憧れを持ち、「自分もプリキュアになりたい」と決意。
これは美代の情熱となっていました。
そこでめぐみはプルーに頼んで、美代をプリキュアにしてもらうことを提案することに。

アッチャ~~!!プリキュアの変身、見-ちゃった!!

しかしめぐみは愚かなことをするとは……。美代の前で変身しちゃったよ!!

エ?バラしちゃったの?めぐみちゃんに隠し事をしろってほうが無茶だから仕方ないわよ

ホントにバカです、めぐみは。
しかし、世界を救うことは並大抵の努力ではできないことだとブルーは美代に警告。

私の特技は情報集めです!!エ、いいんですか?ヤッター!!

ブルーは美代にプリキュアにさせることを快諾。簡単に結論付けていいのでしょうか。

そんなアッサリ!?君に愛の結晶をあげよう

愛の結晶を受け取った美代。しかし………。

変わらない…最後まで変わらなかった……

愛の結晶はプリチェンミラーに変わらず。何が原因なのか!?
途方に暮れる美代は、町をさまよい………。

私に世界は救えないのかな…久し振りに怠けていたと言うのに…

「久し振りに怠けていた」とは、いつも怠けているクセにwww
ここで逢ったが100年目。美代をサイアークに変身させます。

サイアーク!!プリキュアになりたかったのにサイアークにされちゃったの?

「プリキュアになりたかったのにサイアークにされちゃったの?逆じゃーん!!」
なんと言う皮肉か。めぐみ達はサイアークと激突!!

なんなの?このサイアークはプリキュアに詳しい美代さんのサイアークだから、アタシたちの戦い方は全部筒抜け…

しかし美代から生み出したサイアークゆえに苦戦。
ナマケルダは思わぬ掘り出し物にウホウホですが、ゆうこが秘策を!!

ココナッツサンバ!

「ココナッツサンバ!」

プリキュア・マラカスリズムスパーク!!

「プリキュア・マラカスリズムスパーク!!」

ウ~マンボ!!

「ウ~~、マンボ!!」

ジャーン!!

ゆうこの新フォームでサイアークを撃退。って男爵wwww

サンバ~~こうなったら…場所を変えて不貞寝ですぞ~!

しかし肝心のプリカードは排出されず。美代の心は揺れたままで……。

ねえ、サインちょーだい!!え……?

真央が友達を連れてきたぞ。この子たちは美代の番組のファンだ!!
その思いは子供たちに伝わっていた!!

頑張れー!!ありがとう!

「彼女たちは1人で戦っているわけじゃないの、いつだってみんなの声を力に変えて、愛が溢れる世界にしたいと願う気持ちを背負って…。みんなと一緒に戦っているんだよ!!みんなもヒーローなんだよ!!」

愛の結晶が光らなかったのは、既に夢と希望を与える立場であること……神様、なんというこじつけぶりだよw

今週はバレバレのピンチから一転、美代がまさかのプリキュア志願者であったこと。増子美香のオマージュとはいえ、意外な事実もエッセンスになっていました。ただ追いかける立場ではなく、夢と希望を与えるポジションでもあったわけです。
更にハニーの新フォームもなかなかのものでした。ナマケルダさんもいい味をだしていましたし、これからもこの路線で行きたいですね。

とまっちゃんがモブだキタエリさーん!!

来週は幼馴染・めぐみと誠司の強い絆の物語!

誠司の思い、伝わるか?

みんなの力作、募集中!!
関連記事
スポンサーサイト
今日は、増子美代さん 続けて読めばマスコミよ!!大活躍回でした。

取材されられる方は大変だぜ~ しかし、取材する方も体当たりという。結局、増子美香との関係は不明なままでしたね~。めぐみは隠しごとが出来ないみたいですが、ここは、過去の桃キュアたちと共通してますよね。
意外にも、増子美代さん。取材するほうは得意だが、される方は慣れてないらしい。
そして、ついに、大きなお友達は10周年にして、決定的な現実をつきつける羽目に…

「大人はプリキュアになれないという現実を…」

増子美代さん。プリキュアになりたかったのね~ そりゃ、キュアテンダー???に助けられたのですもの。憧れますよね。それは、「女の子は誰もがプリキュアになれる時代」ですから…。

しかし、現実は…いつか光りますよ…。って、フォローになってるのかよ?!そして、無理矢理こじつけんな神様よぉ!

戦闘は、新フォーム。ココナッツサンバここで解禁! ハニー可愛いですね~。

今日のプリキュア紹介ですか?
現実突き付けられて、やる気が起きないですぞー

キュアベリー/蒼乃美希(cv.喜多村英梨)

mktn。knpk。初めてのシャワーシーンおよびスク水披露したものの保護者達に不評を買われる。
将来の夢はモデル。折角苦労して手に入れたベリーソードは囮に使われる始末。
以上。

次回は、誠めぐ回ですか~ 恋愛禁止はどこへやらw
心に温まるストーリー待ってますですぞ。オレスキー将軍も出るしね。
[ 2014/05/18 16:56 ] [ 編集 ]
美代の執拗なスクープでめぐみ達大ピンチ(?)になる今回の話。そんな彼女も心に隙が出来てしまい、ナマケルダに利用されてしまう(中の人繋がりで、写真に愛がないと指摘されて落ち込んだ所を敵に利用された女子生徒がいる)。今回初披露となったココナッツサンバ。豪快な服装と敵に疲労を与える技は、ナマケルダに通じた(因みに彼は、マカダミアフラダンスの技で洗脳された事がある)。

今回はキュアベリー。身長は165cm前後で、ファッションモデルになることが夢。ラブを叱責しつつ励ますのも彼女の役目(せつな=イースの件、ウサピョンを捨てた罪悪感に飲み込まれたピーチを平手で殴るなど)。基本的には弱さを出さないが、タコが苦手でその姿をしたナケワメーケに苦戦した事もある。

容姿はロールのサイドテール、腰周りが際どい服装が特徴。モチーフはスペード(余談だがしゅごキャラ!でスペードモチーフの"ミキ"がいる)。

次回はめぐみとせいじの絆が試される話。ブルーの「恋愛禁止」は守っているのだろうか…
[ 2014/05/18 17:10 ] [ 編集 ]
10周年は完璧!キュアベリーの蒼乃美希。ラブからは普段「美希たん」と呼ばれ(時折呼び捨てになることも)、現在は読者モデルとして活躍しており才覚を見せつつあります。実家は母・レミが経営するヘア&ネイルサロン「BEAUTY SALON」。そのうえ幼少時のトラウマから、たこ焼き屋の看板を見ただけで取り乱すほど蛸が大の苦手で、DX3では蛸のナケワメーケ(フレプリ33話に登場)と対峙することになるなど、苦戦を強いられていました。美希を担当した喜多村さんといえば「どらドラ!」の川嶋亜美、「青の祓魔師」の神木出雲、「みなみけ」の内田ユカ、「お兄ちゃんのことなんかぜんぜん好きじゃないんだからねっ!!」の高梨奈緒、「WORKING!!」の轟八千代などの代表作を抱えています。美希の登場によりフレプリ勢はラブを残すのみ、しかもせつな→祈里→美希→ラブと、奇しくも逆の順番です。
増子美代の番組「プリキュアウィークリー」、めぐみ達も毎週チェック。久々のファントム登場も、声はなし。
美代「来週はハピネスチャージプリキュアの正体に迫ります!」
これは大変なことに!翌日めぐみ達が学校に来ると、美代が取材をしていた!プリキュアはぴかりが丘中学の生徒の中にいる、ひめは人見知り、ゆうこのキーワードは「ご飯」というなど、執拗に取材をする彼女、そのうえめぐみの家にまで押し掛けるというしつこさ。めぐみ達はフランスのレジスタンスですかい…。ハピプリの正体を探ろうとするうえ「あやしい!」の一言、「ついでにとんちんかん」の毒鬼醜憎を思い出しました。レポーターにフォームチェンジしためぐみのインタビューを受けるも、彼女には取材を受けるのが苦手という欠点がありました。しかもプリキュアに助けられて以来プリキュアに憧れ、プリキュアに少しでも近づこうとプリキュアの情報を集めていたという…。彼女を助けたそのプリキュア、キュアフォーチュンの姉であるキュアテンダーという説もありそうな予感です。真央に続いてプリキュアの志願者がいたとは…。さらにめぐみは美代の前で変身してしまう!何を考えているのか…。
めぐみ「実はわたしはキュアラブリーなのです!」
以前ゆうこが発した台詞とまるで一緒ですな…。まさかめぐみ達もまた、ラブ達やマナ達のように終盤で自身がプリキュアであると明かしたりしないかどうか…。プリキュアになりたいと言っていた美代は、プリキュアではなくサイアークにされるという、なんという皮肉なことか…。
ひめ「これって逆じゃん!」
美代から生み出したサイアークにはプリキュアの技は筒抜け。そこでゆうこの新フォームの出番でした。
真央が連れてきた友達は「プリキュアウィークリー」のファンで、サインまでお願いするという…。
美代「ハピプリの特集ですが、取材不足のため延期させて頂きました!代わりに今週は…。」
子供達の声援があるからこそプリキュアはどこまでも強くなれるという美代。ブルーから授かった「愛の結晶」は、自身がブレスレットにしていました…。しかもその番組の画像には世界のプリキュアだけではなく、日本のキュアフォーチュンとぐらさんも登場している…。
次回のありがとうコメントはキュアルージュこと夏木りんが担当するということで、5G勢もまたうららを残すだけになります。
[ 2014/05/18 17:12 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

やはりめぐみは隠し事が下手ですねぇ。口が正直というのでしょうか。
それにしても、今週は増子美代さん大活躍のエピソード。確かに取材することとさせることとは大違い。突然仕切ることはできても仕切らせるのは本当にタジタジですね。

>「大人はプリキュアになれないという現実を…」
それはそれで考えておきましょう。子供にしかできないことや大人しかできないことがあるのですから。

>「女の子は誰もがプリキュアになれる時代」
………言われてみれば。これはNSシリーズから伝わる伝統ですね。

>無理矢理こじつけんな神様よぉ!
ファントムが登場してから、神様の胡散臭さが回を重ねるごとにますます強くなっていきますね。ああ、ホントに胡散臭いなぁ。

>ココナッツサンバここで解禁!
ハニーのフォームがここにきてラブリー、プリンセスに並んでそれぞれ2パターンになりました。これから戦いの幅が更に広がっていきそうです。

蒼乃美希
登場したての頃は何かとソツのない美形キャラの印象を与えていましたが、何かとネタキャラにされた印象が強くなっています。どうも不憫に感じるのは私だけではないはず。

>恋愛禁止はどこへやらw
正直神様は本当に胡散臭い。しかしめぐみと誠司の幼少時代が出てきそうなので期待しておりますぞ。
[ 2014/05/18 19:25 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

そうですよねぇ、増子美代も一人間に過ぎず隙を狙われる事態に。こればかりは………。

>中の人繋がりで、写真に愛がないと指摘されて落ち込んだ所を敵に利用された女子生徒がいる
かなえも砂漠の使途に侵略された……と、今回も小島幸子さん演じるキャラが奇しくも同じ境遇に逢うとは…………。偶然では済まされまなさそうです。

>ラブを叱責しつつ励ますのも彼女の役目
前出であるネタキャラのほかにもラブの支えにもなった美希。いざと言う時には「ベリーソードは囮よ!」と大胆な戦略も冴えていました。

>余談だがしゅごキャラ!でスペードモチーフの"ミキ"がいる
当時私もプリキュアのほかに『しゅごキャラ!』にはまっていた時期もあり、何かと共通点があって楽しめたことを覚えています。現在と照らし合わせると『アイカツ!』みたいなポジションでした(当時しゅごキャラの存在を知るのを遅くなったと感じていました。これはアイカツも同様です)。

>ブルーの「恋愛禁止」は守っているのだろうか…
正直神様は微妙な立場なので……。
[ 2014/05/18 19:44 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>蛸が大の苦手
そうなんですよね。Pixivで美希の1Pコミックが「タコ恐怖症は10年たっても治らず」というオチでしたが、トラウマゆえに立ち直るのは難儀かも。

>喜多村英梨さん
私が喜多村さんを初めて知ったのは『ぴちぴちピッチ』の星羅役。とはいえ、子役も経験したこともあり、『ウルトラマンダイナ』の出演歴を持ったことは驚くばかりでした。
ほかにも『<物語>シリーズ』の阿良々木火憐(あららぎ かれん)役や『魔法少女まどか☆マギカ』の美樹さやか役(ここでもmktn)など代表作が増え声優界を代表する人物になっています。それにしても個人的な久米田康治作品ファンでもあるOVA『かってに改蔵』の名取羽美役は何かと強烈…。

>しかもせつな→祈里→美希→ラブと、奇しくも逆の順番です。
これは何かの偶然か。それとも意図的か。中の人的『しし座流星群』はマナ→こまち→美希で完璧だったはずでしたが、2週空いちゃいましたね(500回記念ハピプリメンバーと響に阻まれた)。

>めぐみ達はフランスのレジスタンスですかい…。
美代の行動は一歩間違えるとストーカーになりかねません。それだけ付きまとっているということです。しかし「なめるなマスコミ」と執念深さは相当なもの…。

>「あやしい!」の一言、「ついでにとんちんかん」の毒鬼醜憎を思い出しました。
これまた懐かしいキャラを。アニメ化も果たしたのですが、当時のゴールデンより現在は深夜アニメの雰囲気ですな。

>彼女を助けたそのプリキュア、キュアフォーチュンの姉であるキュアテンダーという説もありそうな予感です。
それがテンダーに近いような。フォーチュンとテンダーの関係も描かれそうです。これは結びつきが強くなるほどストーリーにも影響しそうな。

>まさかめぐみ達もまた、ラブ達やマナ達のように終盤で自身がプリキュアであると明かしたりしないかどうか…。
めぐみのことですからやりかねないかも知れません。これもオマージュだったりして………。

>子供達の声援があるからこそプリキュアはどこまでも強くなれるという美代。
なるほど。子どもたちの憧れですからねぇ。プリキュアに限らず、戦うヒーロー・ヒロインやアイドルは子供たちにとってカリスマ的キャラなのですよ。

>日本のキュアフォーチュンとぐらさんも登場している…。
ゴルフ休み明けにはフォーチュンも本格的に動き出しそうです。この時期まではウォーミングアップとして登場したのかも。

>キュアルージュこと夏木りんが担当する
うららのほかにもくるみもいますよ!ちなみにドキプリ組は残り4人なのでこれから先は彼女たちが登場しそうですね。
[ 2014/05/18 20:29 ] [ 編集 ]
今日は美香の姉の美代さんのメイン回でしたが、未だ名言はされてませんが彼女の妹が美香さんである事はわかってました!後今日のコメントの美希ティーですが中の人のキタエリが今では宣伝の鬼ある事が明言されています.これは関西エリアのアニラジで先週のプリラジの裏でやってるRadioキタエリアで明言されたものなので、興味さんにもお勧めしておきます.多分、アニたまドットコムの別冊ラジ関へ行けば聴けると思うので是非アクセスしてみてください.
[ 2014/05/18 22:36 ] [ 編集 ]
>山田恵資さん

美香と美代の関係は不明瞭(というより、ご指摘どおりかも)ですが、今後も登場する可能性大です。何を話題に提供するんでしょうか。

>アニたまドットコム
ここでもネトラジが話題になっていますが、申し訳ありませんが、遠距離受信は困難となっています。ちなみにプリラジはYouTube配信がメインです。
[ 2014/05/25 09:58 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。