今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリキャラガイド12・氷川いおな/キュアフォーチュン 

こんなにあっさりバラしていいものか!!
今回の話(19話)で正体が明らかになった氷川いおな=キュアフォーチュンをご紹介!!

これからもよろしくね!ラブプリブレス!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★氷川いおな(ひかわ いおな)/キュアフォーチュン
★声★戸松遥(とまつ はるか)
★キャラ像★

めぐみたちと同じ学校に通う中学2年の女子で、めぐみたちのクラスとは隣になる。学校内で才能あふれる生徒として有名。実家は空手道場「氷川道場」で、祖父が道場の師範代。この道場は誠司も生徒として通っている。外見はクールだが根は優しい性格を持つ。戦士に関しては「孤高の戦士」の異名を持ち、めぐみたちを卓越する能力を持っている。姉も「キュアテンダー」としてプリキュアの一員で戦っていたが、ファントムの仕業により連れ去られる。


今回は基本情報のみの記載と致しますが、卓越する能力は凄いものです!

★スフィアメンバー一の実力派。デビュー時の苦労が実り…★
夢にまでみた憧れのプリキュアになることができて本当に嬉しいです!皆さんにハピネスをチャージできるよう全力で演じていきたいと思います!(ABC公式より)

……と語る戸松遥さん。所属する「ミュージックレイン スーパー声優オーディション」に合格し、声優の道へ。2007年『がくえんゆーとぴあ!まなびストレート!』のスイーツ生徒役でデビューを果たし、同時期『神曲奏界ポリフォニカ』のヒロイン・コーティカルテ役に抜擢。ここからスターダムの道を歩み、菱川六花役の寿美菜子さんらと組むユニット「スフィア」のメンバーとして活動中。役柄も『To LOVEる -とらぶる-』のララ・サタリン・デビルーク役のような小悪魔キャラや、『妖怪ウォッチ』のケータ/天野景太役のような活発な少年役など多くの役柄をこなすオールラウンド。最近では『獣電戦隊キョウリュウジャー』でキャンデリラの声のほかに人間態として出演するなど大車輪の活躍ぶりです。
デビュー時は出身地である愛知県一宮市からわざわざ東京を往復するタイトなスケジュールをこなしていたとのこと。その苦労が結実して開花したといっても過言ではなさそうです。
関連記事
スポンサーサイト
キュアフォーチュンである氷川いおなを担当している戸松さんといえば「とある科学の超電磁砲」の湾内絹保役や「機動戦士ガンダムUC」のミコット役、「ソードアート・オンライン」のアスナ役などが印象的です。
いおなを巡る謎としては、姉のまりあがキュアテンダーなのかどうかで、もしそうであればゆりを上回る最年長プリキュアとなるか、あるいは…?
また、変身後の口上は「夜空に煌めく希望の星、キュアフォーチュン!」とのこと。ウィキペディアにも掲載されています。
19話におけるひめといおなの喧嘩シーンは、どことなくスイプリ初期の響と奏を彷彿するところでした。
[ 2014/06/09 06:39 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

戸松遥さんは多くの深夜アニメに多数出演しているためか、年齢層の広いファンに支えられています。私が戸松さんを初めて知ったのが『ポリフォニカ』のコーティカルテ役で、どうやらここで知ったことから我ながら先見の明があったなと思います。

>姉のまりあがキュアテンダー
物語の鍵はこれでしょうね。この交わりが明らかになったときが物語が動くと想像しています。果たして………?

>夜空に煌めく希望の星、キュアフォーチュン!
決め台詞がここでネタバレ………。

>初期の響と奏
何かと懐かしい!ひめといおなも和解後もこのような関係になっていたりして………。
[ 2014/06/09 19:37 ] [ 編集 ]
キュアフォーチュンの正体は、いおなだったのだ。ひめを嫌悪する台詞は相変わらずで、20話で彼女が引きこもりになる原因に繋がる(現実で言ういじめに近い感じ)。キュアテンダーの正体は、彼女の姉まりあである事が、20話で判明。

声優はかつてプリティーリズムRLに登場した薔薇の女王、べるを担当していた。
[ 2014/06/15 18:07 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

まだまだひめに対しては険悪な雰囲気が漂っていますが、話が進むにつれデレそうな気がしてなりません。

「姉が行方不明」ということで、いおなの姉・まりあの周囲に親しい人物がいるとは………。幸代の準レギュラーは今後の展開次第で左右されそうです。

>薔薇の女王、べる
戸松遥さんは女児系アニメでヒロインを務めた経歴を持っています。実質2作品目の出演となり、『アイカツ』にも出演すると三冠となるだけに目が放せない声優ですね。
[ 2014/06/20 18:53 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。