今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリ25話・恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス! 

恋する夏のお話


第25話『恋にドキドキ!プリキュア合宿クライマックス!』

今週は恋バナに花を咲かせるお話。
オイオイ、朝っぱらからなんという超展開………。

これからもよろしくお願いします!

叡智の光!

(C)ABC・東映アニメーション

先ほどの件でめぐみは重症。
これは特訓どころではなさそう。

まだ治ってなかったの?半日で治す……ウゥ

ここは気を遣うのも仲間だからできること。

おかゆなら食べられるみたいだから氷枕、借りてきたぞ

この場面でひめとゆうこが豆鉄砲!

じゃ、これお願いします!ん?

誠司には強烈だったあの場面でした。

はい、ア~ン美味しい!!

いい雰囲気だなァ(憤怒)
とここに!

お見舞いに来ちゃったー!

ひめGJwww
クラスメイトたちがわざわざ見舞いに駆けつけてきました。

え、めぐみに彼氏できたの?え……と、この人とは……

めぐみと神は親戚の関係とお茶を濁してきます。

カッコイイ~~!!神……さま……

どうにかこの場を凌げたようで。
ひめは誠司に茶々を入れてきたぞ。

神様にア~ンとさせてもらっちゃってフフフ…

トレーニング続きでひめは腹ペコ。
ひめの意見にいおなが折れ、早速準備。

もうお腹ペコペコだよーみんなが来たことだし、バーベキューでしょ!

誠司はめぐみの話ばかりで、いおなは何か思い当たる節が。

相楽くんって、めぐみの話ばっかしてるえ??

しかも石神りんが誠司に恋心を抱いているようです。

もしかすると相楽くんと氷川さんは…ただの空手仲間だって、かずみが言ってたし

めぐみは神とミラージュの関係を言及。、
それはほぼ図星で…。

なんとしてもクイーンミラージュを止めさせなければブルー…

神とミラージュはただならぬ関係を持った因縁。
傷つけたことで悪に身を投げ……。

しかし神よ、「ブルーと呼んでいい」とは(絶句)。

パクパクパクパク……ひめちゃんトウモロコシ大好物なんだー
お祭りの屋台の食べ物が美味しくってー大好きになっちゃんたんだよねー

会話は弾み、ついに誠司に関する恋話が。

ホンットめぐみに優しいよね!俺とめぐみは兄妹みたいなモンだからな…

さらにりんが本心を激白する!

相楽くんって、イザという時に守ってくれそうな…それってつまり……

なんとひめが本心を聞いてポロリ!!

声が大きいよ!!

りんは誠司に恋心を抱いていたのだ!!

誠司くんの好きな人は秘密…えっ、知ってるの!?
あの2人はひめちゃんもそのうち気付くんじゃないかな~ええええええええ…

ひめは誠司の好きな人が気になって仕方ないようですな。

やる気の香りがする!

ホッシーワさん、今回も見せてくれたのですね。

やる気の香りの次の次に嫌いな恋の香りが!!覚めないままの恋なんぞ、面倒なものですぞ

ナマケルダ男爵久々だな。

もう全然だいじょーぶ!!ありがとう、アタシはお腹だけ丈夫なんだ!

めぐみが半日で全快。これはスピーディーな。
って、胃袋は丈夫なのねw

快気祝いとしゃれ込んだ誠司は貝を取る粋な計らいに。

相楽くん、やっぱりカッコイイ~ムフッ!

ひめはなにかと誠司に近づきたいようですね。

にんにん人魚、かわルンルン!!人魚ひめ~!

人魚に変身したリアルな「人魚ひめ」。
これで何をやらかすのやら。

くすぐった~い!!

周りの魚たちがひめを「コショコショ」。

グフッ…

結局誠司を驚かすつもりでしたが大失敗…。

サッ私、助けられちゃった?
ホラ痛くないか?

このようにひめと誠司の距離が縮まった?
と、その時!

恋する瞳は直ちに潰さなければ…また私!?
ジャキーン!!サイアーク!

石神りん、2回目の餌食……。

シャイニングインパクト!病み上がりなんだから…
ナマケルダってなんかつらいことがあったのかな?リボンハートエクスプロージョン!

このように今回もサイアークを浄化。

星よ、天に帰れ!ハッ
美味しそうな紅茶のパワーを感じるですわ!おっしゃれ~

合宿の終わりの夕べ。ついにりんがある行動を!

私、相楽くんのことが…好きです!!ん?

りんが誠司に告白!返ってきた返事は??

ゴメン…正直に言ってくれてありがとう!

結果は「NO」。しかし正直に言えてスッキリしたようです。

ところがこれを見たひめは大発狂!!!

誠司の好きな子は誰!?それはめぐみちゃんに決まってるでしょう!
やっぱり~~!!ねえねえ、何の話?

ああ、ひめの恋物語はどうなってしまうのやら………。

な、なんでもない…ひーみーつー!!!

今週は意外に(?)誠司に恋心を抱く乙女たちのお話。誠司は許せるレベルですが寧ろ憤慨を持つのはやはり神。恋愛禁止って、ホントになんなのでしょうか。
ただ、ハッキリしたことは神とミラージュの因縁。これも神が原因ですからもう何も………。

ナツコ節でしたかかずみちゃん、苗字は?
六花さん!高橋さん、残り4回

次回は合宿アフターストーリー。ひめと誠司の大騒動が!

トリャー!!

この秋公開の映画もヨロシクね!
関連記事
スポンサーサイト
今日は、プリキュア合宿の後編。全編を通じて、神様黙ってろよ!!と言いたかったです。というかめぐみに、呼び捨て許可って、この発言には、流石の私も絶句ですね…。誠司君が切なすぎる… このKYめ!
しかも、クイーン・ミラージュがこうなってしまったのは、神に責任があるとか仄めかす。お前という奴は…

ひめは、人魚姫でガチで人魚ひめになって溺れるというね。誠司は、ここでもひめをフォロー。この△関係収集つくのかいな。
あの、モブちゃんはサイアーク化2回目のようで、ナマケルダさんに一体何の過去があったのか。なんか恋を経験したらしく、「恋というのは面倒臭いですぞ」が、妙に説得力あるwそして、星岩さん水着姿ありがとうございます!

そして、今日はまだ記憶にも新しい、つばめさんが挨拶。

キュアダイヤモンド/菱川六花(cv.寿美菜子)
大貝第一中学校2年の、生徒会書記で、学力の成績は全国模試の10位に常に輝く秀才。誕生日は9月17日のおとめ座で、同じ中の人の某トップアイドルとは1日違い。
相田マナとは、自他そして公式も認める夫婦の関係である。愛をふりまき過ぎる夫を心から支えるドキプリの頭脳である。
キュアダイヤモンド役の寿美菜子さんと、現役のキュアフォーチュン役の戸松遥さんとはスフィアという声優ユニットを組んでいる。

次回は、まだ続くプリキュア合宿のアフターストーリー。ひめと誠司の恋バナはまだまだ続くよ!これ、収集つかなくなりそうだ。
[ 2014/07/20 17:18 ] [ 編集 ]
実は誠司に好意を寄せた女子がいた事が明かされた今回の話。めぐみは高熱を出し、休めと諭される(前作のマナも、高熱を出した事が…)。一方ナマケルダはそれまで見せなかった本気モードに。過去に狙われた者が再びサイアーク化する事はあるようだ。

今回はキュアダイヤモンド。構えは「このキュアダイヤモンドが、あなたの頭を冷やしてあげる!」に近い。成績が優秀な彼女。実はカエルが平気だったり、百人一首に興味を示す面も見られる。後、赤ん坊の頃はなかなか泣き止まなかったらしい。将来の夢は医者。
声優の寿さんは、アイカツの美月を担当している。実は美月も乙女座生まれで、中の人も乙女座生まれだった。因みに私と寿さんは同級生だったりもする。

後ひめは人魚姫にかわるんるん。

次回はひめと誠司が迷子!
[ 2014/07/20 17:50 ] [ 編集 ]
野々村竜太郎元県議の号泣はひめのほか、マナの号泣(ドキプリ31話)をも思い出しました。少しはマナを見習い「あー、泣いてすっきりした」とでもした方がいいと感じました。
てな訳で、キュアダイヤモンドの菱川六花。マナの幼馴染みで大貝一中の生徒会では書記を務めています。眼鏡をかけることがあり(普段はかけていない)、眼鏡プリキュアはつぼみ、ゆり、アコに続き4人目です(真琴も伊達眼鏡をかけることも)。えりかやひめとは裏腹に蛙が好きで、百人一首にも興味を持つほどです。ジコチューとの戦いが終わったあとは医学部への合格を目指し受験勉強に励んでいます。その「頭を冷やしてあげる!」は、高町なのはを連想させたりもしました。名前の由来はダイヤモンドダストから連想する「雪の結晶」の意味がある「六花」から。六花を担当した寿美菜子さんといえば「けいおん!」の琴吹紬や「アイカツ!」の神崎美月をはじめ代表作に「とある科学シリーズ」の婚后光子、「Aチャンネル」のユー子、「たまゆら」の三次ちひろ、「夏色キセキ」の逢沢夏海、「百花繚乱」の徳川千などがあります。いおな役の戸松さんとは「スフィア」というユニットを組んでいて、しかも六花といおなは苗字に「川」が含まれていることが共通しています。
めぐみは熱を出して倒れてしまった…ドキプリの特訓モードではコーチ(?)である亜久里自身が倒れたり、特訓以外でもラブやマナが病(または疲労)で倒れるといったエピソードもありました。よほどラブ、マナ、めぐみの共通点はどんどん増えていきそうな予感です。それにしても、誠司の切なそうな顔…。そしてお粥を作りながら「しあわせごはん愛のうた」を久しぶりに口ずさむゆうこです。
ブルーはめぐみに「はい、あーんして」とお粥を。って、恋愛禁止は一体何処に行ったの!? そこに石神りん達クラスメイトが、かすみを入れた5人で。
めぐみ「この人(ブルー)は神様で…あ!」
ブルー「ひめの遠い親戚でね、保護者として来てるんだよ」
さらに、ブルーから語られるミラージュの過去!ブルーはかつてミラージュを傷つけ、それ以来「クイーンミラージュ」となり、この世界を憎むようになったという…。そのうえ、
ブルー「めぐみ、僕のことは『ブルー』と呼んでくれていいよ」
という意外な言葉まで…!なんなの、この神様!?
一方幻影帝国では、ホッシーワが水着姿で。オレスキーはやる気のほか恋も嫌うという…。プリキュアの水着姿はほとんどNGなのに、幻影帝国のような敵幹部はいいのですか…!?
ひめのフォームは人魚。スマプリのみゆき達もデコルで人魚になっているのを思い出しました。ひめと誠司の距離が縮まりつつあるなか、幹部はナマケルダで、標的はりんで2度目のサイアーク化。
りん「またわたし!?」
14話での真央と同じ台詞、しかもりんは真央に続き2度もサイアーク化される悲哀なキャラに…。変身時の決め台詞は、人数が増えるごとに、このように変わっています。初期の2人時は、
めぐみ・ひめ「ハピネス注入、幸せチャージ!」
ゆうこ加入後は、
めぐみ「ハピネス注入!」
ひめ・ゆうこ「幸せチャージ!」
そして、いおな加入後は、
めぐみ・ひめ「ハピネス注入!」
ゆうこ・いおな「幸せチャージ!」
という具合です。
サイアーク浄化はいおな。りんは誠司に告白するも、あっさり失恋…。
ひめ「ねえ、誠司の好きな人って誰!?」
ゆうこ「そんなのめぐみちゃんに決まってるでしょ?」
いおな「当たり前でしょ?」
本当ですかねえ…。
真央とりんは、ナマケルダとオレスキーによって2度もサイアーク化、いずれかが今度はホッシーワに狙われると、3度も幻影帝国に狙われサイアークにされるというさらに悲哀なキャラになってしまいます。
次回のコメントはキュアビートこと黒川エレン。スイプリ勢もアコだけになります。これまで登場したプリキュアを次回まででまとめると、
MH:なぎさ、ひかり
S☆S:咲・舞(コンプリート)
5GoGo!:のぞみ、りん、うらら、こまち、かれん
フレプリ:ラブ、美希、祈里、せつな(コンプリート)
ハトプリ:つぼみ、いつき、ゆり
スイプリ:響、奏、エレン
スマプリ:みゆき、なお、れいか
ドキプリ:マナ、六花、亜久里
となり、ドキプリ勢も今回の六花登場でありすと真琴を残すだけです。
秋のハピプリの映画作品は人形の国が舞台のようです。そういえば映画フレプリの舞台もおもちゃの国でした。ゆうこ、いおな、ぐらさん、誠司は映画初登場となります(誠司の場合はおそらくですが)。ただ、キュアハニーはNS3ですでに登場済みなので、大森ゆうことしての初登場です。
[ 2014/07/20 17:57 ] [ 編集 ]
今回の一件、やはり予想した通り私の青神への殺意が加速されました。

どうやら自分のせいでクイーンミラージュの人は悪堕ちしたらしいと本人(一応神だから「本神」?)の口から明かされましたが、私はそれに言いたい。

「ソコだけ言ったらめぐみに心配かけるだろうが!!」

…と言っても、私にはまさにソレ目的でソコだけ言ったんじゃないかと思えましたが。

そういえば、問題のハグシーンでも「もしかしたら全ての元凶は僕なのかも…」と言いはしましたが結局全容は言ってないんですよね。
あの場面でも普通なら出るだろう「どういうことだ」という質問をたまたまめぐみがしなかったので(というか直後抱きついてそのヒマを与えなかった)、彼が意味した所は結局分からなかったですが、あれも「こんな僕って可哀想でしょ?慰めて!」という下心が私には見えました。

穿った見方ですが、青神さんには「可哀想で不幸な僕」を演出してめぐみの庇護欲に付け込む意図があるのではないでしょうか?
もしかしたら、誠司を遮るように「僕がお粥を持って行こう」と出て来たのも、二人きりの時「名前で呼んでいいよ」と言ったのも、
めぐみが自分以外の人やものに目が行かないようこちらに釘付けにして、自分の手篭めにしてやろうという邪なものがあるのかも。

それに、「昔仲の良かった相手であるミラージュを傷付けてしまった」という台詞も「なのに今は敵としてしか見てないのかよ冷たいな」と私は思ってしまいます。それに、ミラージュが幻影帝国を立ち上げたことに対して取った行動として描写されているのは「自分は手を汚さず、代わりに世界中の女子を徴用して戦わせた」ということだけ。話し合いを試みた描写もないし。
※青神を恨んでいるらしいミラージュが青神の話を素直に聞くとは思えませんが、それでも「話をしようとしたけど結局聞く耳を持ってくれなかった」と一言言わせればまだマシになります

また、青神さんがいつでも自分の過去を喋れる状態なのに全然それを言おうとしないのも彼の好感度を大きく下げています。
「ひょっとして青神はひめに説教出来る立場じゃなかったんじゃないか」という意見を某所で見かけたのですが、私は「隠し事は良くない」と青神さんがひめに言った場面で「お前にだけは言われたくないよ」とツッコミを入れました(笑)

狙い通り自分にメロメロなめぐみが青神の為に戦う闘志を燃やしてくれるでしょうから、青神はとっとと事情を言ってモチベーションを引き出した方が得なのでは…いや、言ったらめぐみたちが離れるようなヤバい秘密だから言わないのか。

私には、製作陣が視聴者に青神をどのように思って欲しくて描いているのか分かりません。
もしもこんなのが「理想の男性像」だとでも言うのなら、長峯さんと成田さんの神経を疑いますね。

やはり、青神の「穴」については説教してやる存在が必要でしょう。30分前の番組から鳳蓮先生、もしくは1時間前の番組から、男を見る目の厳しさに定評のあるミオちゃんあたりが適役だと私は考えています。
[ 2014/07/20 21:08 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

やはり神とはいったいどのような存在なのか。物語はようやく折り返し地点になりつつありますが、未だに不透明なのが本当に謎。現時点では「アンタは一体何者なんだ」ですが、事実が知られるのは終盤近くと予想してみます。

>人魚ひめ
「これは狙ってやっただろ」と思ったのですが、可愛いから許せるのでしょう。ひめは何をやっても憎めません。

>モブちゃんはサイアーク化2回目
石神りんは相楽真央に続き2回目のサイアーク化。ちなみに1回目はオレスキー(このとき初出動)で、当時はれい、えれな、かなもいました。ホッシーワがりんを襲えば真央に続き3幹部コンプというありがたくない称号が与えられるのですが(真央もホッシーワにとっては未襲撃)。

>ナマケルダさんに一体何の過去があったのか。
彼も過去を仄めかしたみたいですね。経験がものを言うと言われているのですが。

菱川六花
彼女こそドキプリに不可欠のキャラ。マナとのコンビは記憶に新しいのですが、レジーナに対する百合宣言(!)は「東映アニメーションさん、このように公表しちゃっていいのかよ」と驚いたものでした。

>誕生日は9月17日のおとめ座で、同じ中の人の某トップアイドルとは1日違い。
ちなみに中の人と同じかつ、ダブルエムの片割れと1日違いなんですよー。これは神設定だな。

>ひめと誠司の恋バナ
これも何かと楽しみにしています。ひめの恋物語はどのようになるのか?
[ 2014/07/20 22:25 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

>誠司に好意を寄せた女子
一瞬普通のモブキャラと思いきや、実はこのように使えるキャラに仕立てる合理技は目から鱗。このような起用法はいおなの姉の友人・幸代が当てはまります。このような起用法は今後出てくるのか、注目したいところです。

>一方ナマケルダはそれまで見せなかった本気モードに。
いよいよ幻影帝国も本気モードを出すようになってきましたか。物語も折り返し地点ですし、ここで頑張ってもらわねば!

>実はカエルが平気だったり、百人一首に興味を示す面も見られる。後、赤ん坊の頃はなかなか泣き止まなかったらしい。将来の夢は医者。
ここまでくると六花は何かと多感な年頃を絵に描いたようなキャラ。その代弁のような秀才ぶりはいおなと匹敵しそうな(しかもスフィアつながり)。

来週は合宿アフターストーリーとしてひめと誠司をチョイス。この組み合わせはどうなるのか。
[ 2014/07/20 22:35 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>マナの号泣
当時この場面を『ジョジョの奇妙な冒険』のキャラ・エシディシに充てたパロディもありました。これは何かと笑えましたよ。

>眼鏡をかけることがあり(普段はかけていない)、眼鏡プリキュアはつぼみ、ゆり、アコに続き4人目です(真琴も伊達眼鏡をかけることも)。
やはり眼鏡の六花は裸眼より印象深いといえます。これはインパクトを生み出すアイテムと考えたくらいでした。

>寿美菜子さん
私が寿さんを初めて知ったのが『けいおん!』の琴吹紬役。当時面白そうだと感じた作品でもあり、寿さん=ムギ(紬のニックネーム)が染み付いていたこともあったので作品人気と共に知名度を上げた声優の一人でした。

>「夏色キセキ」の逢沢夏海
この作品は『アイカツ!』のスーパーバイザーを務めている水島精二さんが監督を務めた作品。『アイカツ』作品内ではキャストの中の人だけではなく、スタッフの中の人も考案したパロディもあり(アニメーション制作が同じサンライズ)思わずホッコリしてしまうほどでした。

>よほどラブ、マナ、めぐみの共通点はどんどん増えていきそうな予感です。
歴史は繰り返すのか。この無茶振りは語り継がれるといってもよさそうです。

>恋愛禁止は一体何処に行ったの!?
ホントにこれはなんなのか。神が規則を破ったんじゃどうにもならんぞ。

>ブルー「ひめの遠い親戚でね、保護者として来てるんだよ」
>ブルー「めぐみ、僕のことは『ブルー』と呼んでくれていいよ」
怪しさにますます拍車をかける神。これは神と言うより「邪神」と言うべきなのでしょうか。

>プリキュアの水着姿はほとんどNGなのに、幻影帝国のような敵幹部はいいのですか…!?
多分このようなやりとりがあったりして……。
ホッシーワ「ねぇ、私は水着を着たいんだけど」
東映アニメ「それはやってはならぬ不文律が…」
ホッシーワ「こんなルールがあるなんて知らなかったわ、かくなる手段は!」
-ホッシーワ、水着券を上層部に持ち出した。
東映アニメ「わかりました、ある程度対応しますので…」
ホッシーワ「オーッホッホッホ!この万能水着券は使えるわね!」

>スマプリのみゆき達もデコルで人魚になっているのを思い出しました。
『5GoGo』でものぞみ達が人魚姫の世界観に合わせて人魚になるシーンがありました。これも伝統になるのかな。

>めぐみ・ひめ「ハピネス注入!」
>ゆうこ・いおな「幸せチャージ!」
4人になると迫力もパワーも段違い。初期の2人が懐かしく感じています。

>ひめ「ねえ、誠司の好きな人って誰!?」
>ゆうこ「そんなのめぐみちゃんに決まってるでしょ?」
>いおな「当たり前でしょ?」

これは気になる!りんとの失恋で顕著になったのか、ひめの恋心は本当に「穏やかじゃない」(byあおい姐さん)。

>ホッシーワに狙われると、3度も幻影帝国に狙われサイアークにされるというさらに悲哀なキャラ
実現したら面白そうな気がします。ただ、真央とりんにとっては気の毒ですが………。

>次回のコメントはキュアビートこと黒川エレン。
これで青キュアも実質的なポジションを持つほのかだけに。更に高橋晃さんのプリキュアも残り4人です(エレン含む)。

>ハピプリの映画作品は人形の国が舞台
ローソンのスタンプラリーの台紙を見る限り何かと伝わってきそうです。どのような内容になることでしょうか。
[ 2014/07/20 23:14 ] [ 編集 ]
そういえばエシディシもマナ同様、号泣後は「すっきりした」で通しており、それ故に「マナディシ」だの「ヒメルダ竜太郎」(ひめと野々村元県議)といったネタまで生まれています。エシディシの中の人はサラマンダー男爵の藤原啓治さんで、野原ひろしでもお馴染みです。
石神りんの1度目のサイアーク化は8話で当時初登場のオレスキーが、れい、えれな、かなを巻き込んでのもので、2度目は25話でナマケルダによる単独サイアーク化でした。逆は相楽真央で、1度目は1~2話でナマケルダにより真央単独でサイアーク化、2度目は14話でオレスキーが卓真とえりを巻き込みサイアーク化していました。この2人がホッシーワにつけ込まれると、幻影帝国3幹部すべてにサイアーク化されるという不謹慎な記録になってしまいます。ちなみにこれらのサイアーク浄化者は1度目、2度目の順に、
りん=ともにいおな(8・25話)
真央=ひめ(2話)/ゆうこ(14話)
という具合でした。
オレスキーは「ファンクラブ会費は800円!」と語っており、それといえば東映アニメーションのオンラインショップで購入できる「オレスキーの俺大好き缶バッジ」の税抜き価格は彼が語っている会費と同じ800円です。オレスキーの缶バッジとファンクラブ会員証のセットになっています。プリキュアシリーズで、敵キャラクターの公式グッズが発売されるのはイース(せつな)、ウルフルンに次ぐ3例目です。
あと、ブループリキュアならほのかのほか、えりかが残っています。
[ 2014/07/21 10:21 ] [ 編集 ]
>特撮大魔王さん

今回も神についてのコメント乙です。今話は胡散臭さを更に拍車をかけてしまったといってもよさそうですな。

「クイーンミラージュをこのようになされしまったのは自分のせいだ」何かと開き直っているような気がしますが…。

>また、青神さんがいつでも自分の過去を喋れる状態なのに全然それを言おうとしないのも彼の好感度を大きく下げています
これもストーリーに関わっていそうな気がしそうですが、このじれったさが評価を落としているのかな。twitterでも神の評判は並みのやや下か下向きのようで。素性を隠し続けているのがマイナスだと思っています。

>もしもこんなのが「理想の男性像」だとでも言うのなら、長峯さんと成田さんの神経を疑いますね。
それは意図的なのかな。判定は時期尚早かも。

>30分前の番組から鳳蓮先生、もしくは1時間前の番組から、男を見る目の厳しさに定評のあるミオちゃんあたりが適役だと私は考えています。
これは一度でいいからやってみたいな。例としては…。
鳳蓮「ブルーって人は女を見る目なさそうね。これじゃ既にadieuよ!」
ミオ「神様と名乗っている割にどこが神様なの?私が一から見直すしかないようね…」
………これは最強すぎるな。
[ 2014/07/21 19:09 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

今回もネタ提供ありがとうございました。

>エシディシの中の人はサラマンダー男爵の藤原啓治さんで、野原ひろしでもお馴染みです。
これも何かの縁!藤原さんは数世代後のプリキュアシリーズでラスボスを演じても違和感なさそうです。個人的にも気に入っているのでキャスティングしてほしいですな。

幻影帝国の餌食は珍しくも2回続けて登場したのは何かとレアなケース。
>りん=ともにいおな(8・25話)
>真央=ひめ(2話)/ゆうこ(14話)
仮にホッシーワが真央とりんを襲ったときにはいずれもめぐみが浄化しそうな。これから物語は半分以上ありますが、何かと期待が持てそうです(ていうか、哀れな気になりますけど)。

>プリキュアシリーズで、敵キャラクターの公式グッズが発売されるのはイース(せつな)、ウルフルンに次ぐ3例目です。
人気を伸ばした敵キャラは何かと魅力的。オレスキーも子安武人さんの絶妙な演技が相まってこのような人気を得たと思っています。

>あと、ブループリキュアならほのかのほか、えりかが残っています。
そういえばそうでしたね。私は海の日が近い今回の放送になるのかなと思っていましたが…。結果は六花でした。
よりによって夏休みの終わりに登場したらそれはそれで恐ろしいことに…。

気になるのは黄キュアの温存率。どこかで一気に開放するのでは(個人的には甲子園で一部がズレる来月は勘弁して欲しい)。
[ 2014/07/21 19:23 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。