今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリ27話・悩めるひめ!プリキュアチーム解散の危機!? 

いよいよ恋心も完結編!?

第27話『悩めるひめ!プリキュアチーム解散の危機!?』

今週はネタバレの心配はなくなりましたが、原因である台風11号の被災者にお見舞い申し上げます。
今回の話はひめの恋心が完結。それは意外な真相だったのだ!

プリキュア10周年、ありがとうございます

「これからも愛を育んでくださいな」
↑もしかしたら台風11号の………(なわけねーよ、自然災害だろうよ)。

(C)ABC・東映アニメーション

前回、誠司の思いやりに思わず惚れたひめ。

好きだからな好きって!?

胸の鼓動は今も止まらず、モヤモヤの心境です。

ヨイショッ誠司はいい旦那さんになりそうだなー
お前のために作った!ムフフ…

暴走する恋心。ゆうこ達はひめの本心を聞き出します。

これはもしかしたら…誠司と一緒じゃもう…

「誰も怒ったりしない」というより驚いてしまいましたが。

恋しちゃったみたいなのえええええーーーーーー!!!!!

しかも誠司との相性はバッチリ。この恋、本物か。

これで占ってみる!しかも相性バッチリ!

恋愛禁止の理由が薄々と分かってきたいおな。「チームワークを乱す」ということで……。

悩みって言われても…いわゆる三角関係ってやつか

めぐみに聞いてもモヤモヤは晴れぬひめの心。

いつもならこのハートを可愛いと思えるのに胸がチクチクするよ…

ゆうこは何かとめぐみにも恋心を聞きだしてさあ大変!!

めぐみちゃんは誰かに恋したりしてるのかな?え?
まさかアタシが恋なんて…ホントなのかな?

本当に悩めるひめ。ゆうこにめぐみの好きな人物を尋ねてみると…。

え?誰がめぐみのことを?自分のこと好きになれなくても、相手には幸せになってほしいって…

なんと「神」だそうな。ゆうこ曰く「自分を好きになれなくても、相手には幸せになってほしい」と自分の恋を認識するようです。
しかも幼馴染だしね。

神様、恋についてどう思う?生きとし生きる者の全ての幸せって…めぐみも?

しかも誠司も恋愛のことが引っかかるようです。
更にひめの妄想は止まる所を知らず…。

めぐみのこと?君には関係のないことだ関係なくはない、俺はめぐみが好きだ!
お願いだから喧嘩はやめて!黙れ!ウォー!!!

これはホントにヤバイ!ひめは思わず大声をあげる事態に!

やめてー!!これ絶対まずいって!!

と、ここで小休止。

いおなが登場!4人のプリキュア
変身前の4人キメッ!

提供バックとアイキャッチにゆうこ&いおなが!!

めぐみはお前に渡さない…フッフッフッフッ……

止まる所を知らないひめの被害妄想。
「ケンカでもしてるのか」と思ったひめは神と誠司のもとへ!

俺はめぐみを家族のように大切に思ってるかつて僕にも大切な人がいた…

「俺はめぐみのことを家族と同じくらい大切に思ってる。神様は誰を大切にしてる?」

その問いに神は過去の人を仄めかしている答えが。
平等な価値観の答えを出した神。「めぐみが可哀想だ」と誠司の感じたこと…。

ヤバイ、どうしよう!ワッ!!

ナマケルダさん、誠司に急接近!!

あなた、恋に振り回されてますねバタン!!

これを見たひめは怒り爆発!!

やるしかない!!よくも誠司を!!

無謀にもサイアークに立ち向かったひめ。やはり…。

サイアーク!!グッ……

めぐみ達が合流。誠司を捕われの身にしたナマケルダに怒りの矛先が!!

おお~~誠司を返してもらうわよ!

しかしナマケルダはめぐみの本心を突く!!

恋とか愛とか分からないけど…アタシは誠司のことが大切なの!!

守るべき人がいる。めぐみはサイアークに怒りをぶつけたぞ!!

誠司は私にとっても大切な人だから!取り戻しに行こう!

ひめも誠司は大切な人。ツインミラクルパワーシュート炸裂!!

ハピネスチャージ!!

誠司も無事解放され、何事もなかったかのように…。

迷惑かけたなんて…、無事でよかった!!めぐみと誠司って、お似合いよね…
これは自然な木のパワー!この先の恋、分からないから見守っていこう

結局めぐみと誠司はお似合いのカップル。ひめのドキドキはなんだったのか?

これは危険に冒されたときにドキドキするような錯覚になるそうよひめちゃん、相楽くんを思って胸に手を当ててみて

いわゆる「つり橋効果」なる錯覚。元から恋の気配はなかったようですね。

よかった!本当に大切な人……か

ひめの本当の「恋」はいつの日のことやら…。

ひめの恋愛騒動も今回で一応一区切り。つり橋効果だったものの、大切な人に近付いたことでもあるわけでした。これからめぐみと誠司の恋仲は?ひめや神の恋とは?気になるところですね。しかし神はどうもワケがありそうな…。

ゆうこ&いおながEDに登場これはファイナルフォーム?

後期EDは『パーティハズカム』。楽しくなる軽快さですね。

次回はめぐみ達がハワイへ。そこで出会ったプリキュアとは?

ハワイアンプリキュアゲストは仲谷明香さんと吉田仁美さん!

いおな先生!

関連記事
スポンサーサイト
2週間ぶりのプリキュア。今回からエンディングもアイキャッチも変わり、後半に本格的に差しかかりましたね。ハピプリも後半頑張っていきましょう。

ということで、ひめが誠司に恋しちゃった~!分かります。誠司君ルックス的にもデキル男だから、オムライス調理とかね。男の手料理なんてモテないはずがないですよね。

ひめの妄想が、実に視聴者のイメージ通りで笑ったwww 決闘シーンが無駄に気合い入ってました。いおなは、そこで神の提案する「恋愛禁止」を承諾してしまうのか。神様さっさと消えれb…

余談ですが、いおなとせつなの占い対決見てみたい感

ナマケルダさんの過去に何があったのか… 妙に「恋とは面倒臭いですぞ~」が妙に説得力ある気がするw

宿題はゆうゆうのように計画的に終わらせましょう。2世代前のプリキュアなんて、メンバー共々補修行きだったからねww そうだ。吊り橋効果で勉強も……。

今回は、あのY財閥の令嬢プリキュアがご挨拶でランス~。

キュアロゼッタ/四葉ありす(cv.渕上舞)

中学2年という身でありながら、財閥の経営方針の決定権を持ち一財閥の経営者でもある。戦うお嬢様である。お嬢様の身から、世間知らずな言葉を発して周囲を驚かせることもしばしばありますね。(未成年でも会社設立は可能。)
多種多彩な特技を持ち、幼少の頃に不良共をクシャポイしたエピソードは衝撃的でありました。お屋敷は現代の忍者屋敷のような感じである。
戦闘では支援に回ることが多いものの、ロゼッタウォールは非常に応用の効く武器で、積極的な立ち回りを見せることもある。

次回は、ワイキキビーチ!常夏のハワイ!アロ~ハプリキュア参上!cvはOPとEDの中の人です。吉田仁美さん。(モブだキュアけど)プリキュアに変身できて本当に嬉しいです!
[ 2014/08/10 17:34 ] [ 編集 ]
やはり「愛を育んでくださいな」で来ましたか…。
キュアロゼッタの四葉ありすは四葉財閥の令嬢で、2つの団子型の髪型が特徴です。語尾に「ですわ」を付けるなどの敬語で話し(これは亜久里やリボンなども同じ)、マナと六花と亜久里を「ちゃん」付け、真琴を「さん」付けで呼んでいます。四葉財閥の経営方針を任されている地位にあり、「東京クローバータワー」のオーナーも務めています。余談ながら1980年のアニメ「無敵ロボ トライダーG7」(サンライズ・メ~テレ・創通製作)の主人公である竹尾ワッ太も小学生ながら社長を務めていたのを、四葉財閥の経営方針の決定権を持つありすで思い出しました(ワッ太の場合は亡き父から受け継ぎ2代目の社長になった)。マナや六花、真琴とは違い「私立七ツ橋学園」に通っています(亜久里は小学生)。友人(とくにマナ)をバカにされると激高する一面もあり、さらには飛行機の操縦も可能。名前の由来はトランプモチーフということで「不思議の国のアリス」から。ありす役の渕上舞さんは「ガールズ&パンツァー」の西住みほを筆頭に「おおかみかくし」の朝霧かなめ、「蒼き鋼のアルベジオ-アルス・ノヴァ-」のイオナなどの代表作を抱え、プリキュアシリーズではハトプリで生徒会幹部を演じていました。HKT48に同姓同名のメンバーがいます。ありすの登場で、ドキプリ勢は真琴だけになりました。
眼鏡姿初披露のいおな。その眼鏡は教師フォームのひめやアコ、音吉を連想させる下縁眼鏡でした。
いおな「神様、わたしが間違っていました!プリキュアは恋愛禁止であるべきです!」
ブルー「どうしたんだ、急に?」
恋愛禁止に真正面から反対していたいおながそこまで言うとは…。さらに、
ブルー「めぐみまで恋愛に夢中になったら、地球の平和の危機だ!」
恋愛くらいで地球の平和の危機なのか…? それどころか、今までブルーがやってきたことの方が“恋愛”に近いような気がする…。
ブルー「めぐみ、ありがとう。君がいてくれてよかったよ」
といった台詞とか…。
ひめがゆうこにめぐみの好きな人物を問えば…
ゆうこ「神様(ブルー)!」
ひめ「えーっ!もしめぐみと神様がカップルだったら、誠司は失恋じゃん!?」
物語が進むにつれ、おそらく終盤あたりで恋愛禁止が解禁されるか、それとも…?今後の展開に注目です。
ブルーと誠司が戦うというひめの妄想、無印における学芸会の劇「ロミオとジュリエット」を思い出しました。
誠司のサイアーク化は初、プリキュアの正体を知る人物としては増子美代に続いて2人目。自分はそのうち、誠司が真央などを庇ってサイアークにされるとか妄想したこともありました。
めぐみとひめの怒りが爆発した!めぐみにとって、誠司もひめも大事な人。ツインミラクルシュートで誠司は無事に解放。めぐみと誠司はお似合いのような…。そういえば、ハピネスチャージプリキュアにいおなが加入する際にお互いを名前で呼び始めた場所もあの吊り橋でした。
アイキャッチとED、提供クレジット画像にゆうこといおな、ぐらさんが加わり、しかも新EDは「パーティハズカム」です(ゆうこは提供クレジット画像Aパートにすでに登場済み)。
次回登場はキュアマリンの来海えりか。これでハトプリ勢もコンプリートとなります。そしてめぐみ達がハワイへ。現地のプリキュアの声は、仲谷さんがキュアウェーブことオリナを、吉田さんも「アロ~ハプリキュア」のサンセットことオハナを担当するそうです。この2人は双子の姉妹、双子プリキュアは史上初です(姉妹としてはいおなとまりあがいる)。おそらくめぐみ達はクロスミラールームからハワイへ行くのでしょう。スマプリでみゆき達がふしぎ図書館から世界各国へ行く回があり、それを思い出しました。
[ 2014/08/10 17:41 ] [ 編集 ]
今回は恋愛禁止の掟の存在にひめが悩むエピソード。サイアークの標的が、まさかの誠司。これはめぐひめも怒りを隠せないでしょう。ブルーもかつて想いを寄せていた相手がいたらしい(その相手が巫女である事が分かった)。
恋愛禁止という掟、めぐみとひめは最後まで守りきれるのだろうか...。

今回の10周年メッセージはキュアロゼッタこと四葉ありす。お嬢様であるが、習い事が結構多く、武術にも長けていた。基本的には大人しい性格だが、怒らせると結構怖く、マナを侮辱して泣かしたいじめっ子の兄弟(双子だと思われるが、詳細は不明)に激昂し、彼ら2人と同行したヤクザの兄を叩きの目にした過去を持つ。
この事から、ありすを怒らせた者は命知らずだという噂が広まった。
当初は麗奈にライバル視されていたが、後に友人関係になっていく。

既に気付かれたと思われるが、ドキドキ組が10周年コメントを言う時、最後の最後で“敵と対峙した時の構え方をする”場面がある(たぶん未登場のキュアソードもそうするだろう)。
次回は史上初の双子のプリキュア(片割れはアイカツのおとめに瓜二つ)がハワイで姿を現す。
[ 2014/08/10 18:58 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん
>今回からエンディングもアイキャッチも変わり、後半に本格的に差しかかりましたね。

ゆうゆうといおなの登場はちと遅かった感は否めませんが、その分を取り戻してくれるでしょう。

>誠司君ルックス的にもデキル男
他の男子たちも羨むくらいですからねぇ。ただ妬むのは相当厭味な人間だろうと思いますぞ。

>ひめの妄想が、実に視聴者のイメージ通りで笑ったwww 
このイマジネーションはトッキュウジャーもビックリでしょうな。ひめにしかないというのか。

>いおなは、そこで神の提案する「恋愛禁止」を承諾してしまうのか。
どうしても神の言いなりになってしまうのかな。胡散臭いだけにここは折れるしかないのか。神はどうもry

>余談ですが、いおなとせつなの占い対決見てみたい感
いいアイデアですね。しかも共通点が多いことで気が合いそうな。

>ナマケルダさんの過去に何があったのか…
これも話に関わりそうな気がします。ただでさえ「めんどくさい」だけに。

>2世代前のプリキュアなんて、メンバー共々補修行きだったからねww 
更に4世代前のプリキュアもこのようなキャラがいましたからねぇ。おっと、次回は彼女との噂が。

>そうだ。吊り橋効果で勉強も……。
恐るべし吊り橋効果。人間の心理とはいえ……。恐ろしいねぇ。
今回は、あのY財閥の令嬢プリキュアがご挨拶でランス~。

>四葉ありす
別の学校の設定ながらも存在感を生かしたのはシリーズ構成の山口亮太さんの手腕だと感じています。あれだけの財閥だから不可能をゼロに近くするという離れ業は特筆する部分でもあるのですし。
あとロゼッタウォールは前例にない唯一無二の防御技。この技を超えるのはしばらくなさそうです。

>吉田仁美さん。(モブだキュアけど)プリキュアに変身できて本当に嬉しいです!
吉田仁美さんは芸歴長い人物なだけに、キュアプリラジオではどのようなコメントが出てくるのでしょうか(一部地域は日時がズレそうなので遅くなるかな)。
[ 2014/08/10 21:33 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>やはり「愛を育んでくださいな」で来ましたか…。
やはり期待を裏切りませんでした。ありすの「らしさ」がにじみ出ていたことが持ち味ですね。

>竹尾ワッ太
これまた懐かしいのをw
本当に小学生ながらも「何かと貪欲かつ意欲的だな」とまさに「竹を割った」キャラだったことを覚えています。

>名前の由来はトランプモチーフということで「不思議の国のアリス」から。
名前に捻りがないのかなと思ったのですが、トランプに関係する物語と気付いたのが納得のいった瞬間でした。我ながら愚かだったと感じています。

>渕上舞さん

私が渕上さんを初めて知ったのはやはり「おおかみかくし」の朝霧かなめ役。後に「電波女と青春男」の前川さんが素っ気なく純朴の演技は光るものがありました。その後「ガルパン」が人気アニメになったり、「プリキュア」は主役級だったり……。ここまで予想がつくとは思いもよりませんでした。

>HKT48に同姓同名のメンバーがいます。
彼女が売れるようなら混乱しそうな。でも前田愛さん(声優と女優の同姓同名がいます)みたいに区別することなくサラリといきそうかな。

>ありすの登場で、ドキプリ勢は真琴だけになりました。
高橋晃さんデザインのプリキュアも調辺アコ=キュアミューズを入れてあと2人です。


>下縁眼鏡
これがトレンドなのでしょうか、いおなも似合っていますね。

>恋愛禁止に真正面から反対していたいおながそこまで言うとは…。
ついに保守派のいおなも折れてしまいましたね。仲間になるとポンコツ化するのはここまでやるのか。

>物語が進むにつれ、おそらく終盤あたりで恋愛禁止が解禁されるか、それとも…
神のことですから突き通すか、曲げてくるのか。ただでさえ胡散臭さが強いだけに何が起きてしまうのか。想像がつきません。

>ロミオとジュリエット
初代キュアもこれに関連したエピソードがありました。何かと懐かしいですね。

>自分はそのうち、誠司が真央などを庇ってサイアークにされるとか妄想したこともありました。
これも面白そうですね。そのうちオレスキーやホッシーワも誠司をサイアーク化したりして………。

>そういえば、ハピネスチャージプリキュアにいおなが加入する際にお互いを名前で呼び始めた場所もあの吊り橋でした。
何かと縁がありますね。これも宿命的といっても過言ではなさそうです。

>パーティハズカム
「宴(楽しいこと)がやってきた」という意味の歌で、後期も楽しい曲調になっています。これは世界観にピッタリですね。


>次回登場はキュアマリンの来海えりか。これでハトプリ勢もコンプリートとなります。
青キュアも(今度こそ)ほのか(実質的ポジション)のみに。更に指折り数えて(えりかを含めて)7人とあっという間にゴールが見えるところまで来ました。

>仲谷さんがキュアウェーブことオリナを、吉田さんも「アロ~ハプリキュア」のサンセットことオハナを担当するそうです。
>この2人は双子の姉妹、双子プリキュアは史上初です(姉妹としてはいおなとまりあがいる)。
これは史上初のケースですが、ゲストキュアのため参考記録みたいなものとなりそうです。

>スマプリでみゆき達がふしぎ図書館から世界各国へ行く回があり、それを思い出しました。
これもまた懐かしい。スマプリもみゆきの明るさがチームの統率力を出したので……。
[ 2014/08/10 22:13 ] [ 編集 ]
>ドルフィンヴィーナスさん

>サイアークの標的が、まさかの誠司。これはめぐひめも怒りを隠せないでしょう。
彼女たちも誠司に感謝しているだけあって、仲間を思う気持ちは他人の数十倍に相当します。それだけ人間関係が構築しているということです。

>その相手が巫女である事が分かった
実は彼女こそあるキャラなのだという伏線だといわれています。その経緯は話を進めてみないと分からなさそうです。

>恋愛禁止という掟、めぐみとひめは最後まで守りきれるのだろうか...。
これは本当にハードルの高いものになるのか。これも難しい議題なだけに苦難を究めそうです。


ここからは四葉ありすの話。

>ありすを怒らせた者は命知らずだという噂が広まった。
これは財閥の力が浸透しているとされています。度胸も人一倍で強靭な精神力も兼ね備えた令嬢もインパクトを与えていました。

>当初は麗奈にライバル視されていたが、後に友人関係になっていく。
ホントに麗奈の初登場時は「いけず」としかなかったのですが、友情を知ったときには「結構人思いだな」と感心されられたある意味「改心のキャラ」にしたのはいいことでした。

>最後の最後で“敵と対峙した時の構え方をする”場面がある(たぶん未登場のキュアソードもそうするだろう)。
このような法則を見つけたのですね。私は気付きませんでした…。

>次回は史上初の双子のプリキュア(片割れはアイカツのおとめに瓜二つ)がハワイで姿を現す。
彼女たちもアイカツのモブに登場しても違和感なさそうです。それだけ溶け込みやすいのかな。
[ 2014/08/10 22:34 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。