今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリ30話・ファントムの秘策!もう一人のキュアラブリー! 


今週はファントムの秘策に注目!!

第30話『ファントムの秘策!もう一人のキュアラブリー!』

今週よりANN全国同時放送が再開。
その内容は…………ある意味禁断の話!!

まだまだ頑張るわね

今週は私がお祝いするミル~!!

(C)ABC・東映アニメーション



ドレッサーの加護を受けたプリキュアはとても強くなると言われてますわ

シャイニングメイクドレッサーを手に入れためぐみ達。
プリキュアがとても強くなれると言われていますが…。

テストで満点取れるとか!?毎日お米が食べ放題に!?

些細な願いが叶うわけではなく、イノセント=心からの気持ちからであるとのこと。

イノセントというのはね心からの気持ちってことなの

これまで語ることのなかった事実を口にした神。
それは意外なことだった!

クッ!こんのー!!

クイーンミラージュはキュアミラージュとして活躍していたのだ!!

これで封印しよう!

神社に行った神を追っためぐみ。
2人は何かとアツアツだなぁ。

ちょちょちょちょっと…もうミラージュとは過去の関係だ…

神とミラージュの関係は過去のものだと割り切っており、このことをめぐみは「なんとか修復できる」と説得。
その会話を聞いたのか、ファントム登場!!

ミラージュ様はお前のことをなんとも思っていない!ブルーはアタシが守る!

めぐみは変身してファントムと激突!!

ハッラブリービーム!!

めぐみとファントムの実力は互角。
しかしファントムは新しい力を!!

これはミラージュ様から頂いた…新しい力!!

ファントムはめぐみの影を刈った!!

影を……切る!!お前自身の影をまとい、お前を討つ!!

「俺は幻影を操る戦士。お前自身の影を纏い、お前を……討つ!!」

あなたは…

見た目はラブリーだが、ダークなラブリー。その名は…、
アンラブリー!!

今からこの町をメチャメチャに壊してあげる…町を壊すって…、どうして!?

何もかもお見通しのアンラブリー。
精神的攻撃を容赦なくぶつけてくる!!

病気がちのお母さんを助けるために、褒められるのが嬉しくなってきて!ドーンドン人助けをするようになったよね!?

「めぐみは……、ホントは誰の役にも立てない弱い子だからだよ……」

え……プリキュアになった今でも、アタシみたいな悪者に歯が立たない…

容赦なきアンラブリーのトラウマ攻撃!!

ガツン!!めぐみの愛なんかじゃ誰の幸せを満たせるわけないよ…

と、ここに助っ人参上!!

プリンセス急降下ダーイブ!フォーチュンスターバースト!!
この闇のオーラは……ファントムだ!!

ぐらさんはアンラブリーをファントムと見破った!
しかしめぐみはアンラブリーの言葉に影響を!!

さっきから力が出ないの…アタシ、弱いから誰も助けられないし、守れないよ…

弱音を吐くめぐみに、ひめがあることをしたぞ!!

イタタタタタ…弱音なんてラブリーらしくないよ!!

「ラブリーはいつも誰かのために頑張ればいい」
仲間たちがめぐみの弱気を治してくれた!!

迷惑だと思ってないんだから、それでいいんだよ私たちは頑張っているラブリーに引っ張ってもらっているんだよ
さぁ、手を出しなさい!サッ

持つべきものは仲間。めぐみはそれを再認識していました。

え…アハハハ…

めぐみ達はアンラブリーに反撃。さぁ、仕切りなおしだ!!

ウォー!!ウォー!!

「友達が…みんなが信じてくれるから……大好きな人たちのために戦うキュアラブリーは……無敵なんだからぁーー!!」

このキュアラブリーは無敵なんだからー!!

めぐみの一撃でアンラブリーを撃退!!

バカな…仲良しだもんね!

4人のイノセントな思いが輝いた!!

みんなのイノセントな思いが輝いているんですわ

さぁ、ファントムを撃退するのだ!!

おのれ…プリキュアー!!いくよ、みんな!!

「集まれ、ハピネスな気持ち!」

集まれ、ハピネスな気持ち!高まれ、イノセントな思い!

「高まれ、イノセントな思い!」

輝け!シャイニングメイクドレッサー!!

「輝け、シャイニングメイクドレッサー!!」

愛と勇気と

「愛と、」
「勇気と」

優しさ幸運を込めて

「優しさ」
「幸運を込めて」

プリキュアハピネスビッグバーン!!

「みんなに届け、幸せの大爆発!!プリキュア・ハピネスビッグバーン!!」

ウワアアアァァァ!!

やった!これがドレッサーの力だ!!

ハハハハハ…

と。思いきや…。

ミラージュ……様………

今週はクイーンミラージュがプリキュアだったこと、(今週からのOPにも登場した)シャイニングメイクドレッサーが真の力を発揮したことに加え、ファントムが真の力を出したことが強いインパクトを与えていました。ここでファントムの本領発揮(ある意味ね)と言えるでしょう。やはり野島裕史さんをキャスティングした理由も窺えると思っています。だってニチアサでは色物キャラの連続だったのですから。
というより、やはりメインはめぐみの難題克服。何を言われようとも平常心があればいつものめぐみなのだと気付かされた内容でもあったわけです。これを乗り越えてめぐみも成長するんだなと目から鱗でした。

来週はゆうことファントムが!!

ゆうことファントムがいい感じ!?!?!?

関連記事
スポンサーサイト
今回、彼女の登場で5GoGo勢もコンプリートです!
その彼女は妖精のミルクから美々野くるみ、さらにはミルキィローズへと3段階に変身。のぞみとは喧嘩が絶えない妖精でした。美々野くるみ(ミルク)からミルキィローズへの変身は5GoGo第10話からで、ひかり同様厳密にはプリキュアに含まれない“準プリキュア”です。ミルクはココとナッツのお世話役見習いで、パルミエ王国における、王族と国民を繋ぐ役割を果たしています。最初はのぞみ達に正体を隠していたものの、13話でナッツに勘づかれ、続く14話でも体力の消耗でのぞみ達の前でローズの状態からミルクに戻り、全員にばれてしまう…。くるみや5GoGoの妖精全員のような妖精から人間への変身例はセイレーン(エレン)、ポップ、キャンディ、ドキプリの妖精全員が続いています。「美々野くるみ」という名は「ミルクの耳」を逆さに読んだものです。くるみ役の仙台エリさんの代表作は「遊☆戯☆王デュエルモンスターズGX」の早乙女レイ、「爆丸バトルブローラーズ」の美咲琉乃(ルノ)、「まほうつかいの箱」の桂木千鍵、「メダロット」の甘酒アリカなどがあり、無印からMHにかけて久保田志穂を演じていました(とくに映画DXからDX3にかけてはくるみと志穂を2役演じている)。
クイーンミラージュもまた、「キュアミラージュ」という名のプリキュアだった!敵幹部からプリキュアに転生する例はせつなやエレンがいますが、逆は初めてのことです。
ブルー「ちょっと風に当たってくる」
そう言うとブルーはぴかり神社に行き、それを追うめぐみ。めぐみとブルーは、第13話でもここを訪れ、初登場のファントムと対峙しています(このときはめぐみの危機にいおなが登場している)。そこにまたもやファントムが現れ、ブルーをたおしに来たという…。ここでめぐみは変身!
めぐみ「ブルーは、わたしが守る!」
ファントムが切断しためぐみの影から生み出された「アンラブリー」、シリーズを通じ、闇キュアはダークプリキュア5(映画5)、ダークプリキュア(ハトプリ)、バッドエンドプリキュア(スマプリ)に続いて4組目です。このアンラブリーは、めぐみに精神的攻撃を仕掛けてくる。そして、アンラブリーの言葉に激しく動揺するめぐみは「ウルトラハップップー」的な状態に…。もしこんな姿をゆりや亜久里が見たらただではすまされぬでしょうし、みゆきなら「泣くとハッピーが逃げる」と言って慰めることでしょうか…。ところが、駆けつけたひめ達に勇気づけられためぐみは立ち直った!精神的攻撃といえば、スマプリの第29話においても、観覧車アカンベェによるみゆき、あかね、やよい、なおに対する精神攻撃(夏休みの宿題がまだ終わっていない4人が佐々木先生から怒られるシーンを見せつけてのもの)で、4人が「ウルトラハップップー」状態になるシーンがありました。このときに4人を勇気づけ「ウルトラハッピー」に変えたのは、この言葉でした。
れいか「宿題、わたしも手伝いますから」
…とはいうものの結局宿題は終わらず、みゆき達4人は補習を受ける羽目に…。
このアンラブリーの中の人はおそらくめぐみと同じ中島愛さんではと思われますが、自分としては長沢美樹さんか木内レイコさんあたりが適任ではないかと考えていました。ここにシャイニングメイクドレッサーの力を発揮、アンラブリーはファントムの姿に戻る!そして、ファントムを打ち破ったかのように見えたのですが…!?
次回はゆうこがファントムを介護…!?ドキプリにおける六花とイーラ、無印でのほのかとキリヤを連想させました。コメントも日野あかね/キュアサニーでスマプリ勢がコンプリートになります。そして残るプリキュアも続いてキュアミューズの調辺アコ、キュアソードの剣崎真琴、キュアホワイトの雪城ほのかを残すだけです。
[ 2014/08/31 20:53 ] [ 編集 ]
ブルーを倒すべく、ぴかりが丘に踏み入れるファントム。キュアラブリーの影の姿(アンラブリー)に変身し、彼女にしつこく精神攻撃を仕掛ける。これはドキプリ4話でいじめっ子がマナを泣かす場面、鏡の国でダークプリキュアが本物を苦しめる場面と彷彿させるでしょう。危機一髪に陥った所で仲間が助け、プリキュアは新たな技を繰り出した。強化フォームはまだまだ先でしょう(見た感じはスーパーシルエットと同様色が淡くなり、よく見るとキュアエースと同様口紅を塗っています!)。

今回はミルキィーローズ。奇跡の青い薔薇と深く関わる紫のプリキュア。その正体はミルク。のぞみとはたまに喧嘩するが、それでもお互いの絆は深い。ココとナッツの前ではデレデレ(いわゆるツンデレ)で、のぞみを密かにライバル視している事から、ココに一途らしい。終盤で唯一、アナコンディの石化から逃れ、シロップと共に石化した仲間達を助け出す。
実は彼女も、数少ないセパレートのプリキュア

シャイニングメイクドレッサーの力を借りてファントムを圧倒するが...、やはり彼は負けを認めず...。

次回はゆうこの優しさを利用して何かを企む、彼の陰謀疑惑が浮上!? 尚、この場面は前作の立花とイーラに似ている。
[ 2014/08/31 21:02 ] [ 編集 ]
今週は、プリキュアハンターことファントムが、何とどういう訳か、アンラブリーに変身して、キュアラブリーを追い詰める回。ラブリーの影を切り取って纏って変身するという。オトコでもプリキュアになれる?

そんな姿を現したアンラブリー。仕草も声もすっかり女性になっちゃって。そんな中、電柱を使って殴ったり、ラブリーに対して、精神を揺さぶる攻撃を展開。中島愛さんのダークなボイスも容赦ないですね。(上北先生ver.の方がもっと陰湿)

クイーンミラージュ様は、元々キュアミラージュというプリキュアだったのか…。神様どう落とし前つけてもらおうか…。

そしてついにシャイニングメイクドレッサー発動。よりも、やっぱりアンラブリーが目立った回だったなぁと思います。やっぱり闇キュアはインパクトあるです。(但し、中身は男だけどな!)

そして、今日は青い薔薇は秘密のしるしさんがご挨拶です。

ミルキィローズ/美々野くるみ(cv.仙台エリ)

サンクルミエール学園の転校生としてやってきた彼女。
しかしその正体は案の定ミルク。美々野くるみは「みるくのみみ」のアナグラムである。
何で、シリアスなヒロインを気取ってたのかというと、それは、そっちの方がいいからという何とも言えない理由。

ミルキィローズは、シャイにールミナスと同様に正式なプリキュアではないが、オールスターでは、プリキュア戦士の一員としてカウントされている。
その強さは、もう言うまでもなく、強すぎの一言。当時、一番強いプリキュアは?と公式がアンケートをしていて、断トツで1位になったのが、このミルキィローズ。現時点で、公式が最強と認めている戦士なのである。但し、時間制限がある。

次回は、ゆうゆうとプリキュアハンターと禁断の恋の行方?? 夏休み明けから全く見逃せないですね!!
[ 2014/08/31 21:24 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

承知のとおりプリキュア5勢がコンプリートとなりました。のぞみで始まりくるみで締めるという理想系のリレーとなっています。

>のぞみとは喧嘩が絶えない妖精でした。
ミルクのときはお世辞にもうるさいとしかなかった存在でしたが、くるみに変身する能力を与えられてからは何かと可愛いやりとりでうるささを抑えられて楽しいものでした。「喧嘩するほど仲がいい」との如く、のぞみとくるみの合体技は絶妙なコンビネーションです。

>仙台エリさん
私が仙台さんを初めて知ったのが『ジャングルDEいこう』の六道那柘美ことミイ役。演じた当時は中学生で、子役からキャリアを積んでいる芸歴は相当なものです(これは花澤香菜さん、小清水亜美さん、三瓶由布子さんにも当てはまるケース)。

>キュアミラージュ
この事実は本当に衝撃的でした。神(ブルー)、ファントム、ミラージュに秘められた過去は何なのか、これから先も注目です。

>アンラブリー
この闇キュアはこれまでにないオーラが漂っていました。それはファントムが変装したプリキュアだからなのかも知れません。それゆえに異様かつ異質な光景でした。

>もしこんな姿をゆりや亜久里が見たらただではすまされぬでしょうし
彼女たちはお叱り系キャラですし、何を言い出すのか。本当に凄いことを言いそうです。

>みゆきなら「泣くとハッピーが逃げる」と言って慰めることでしょうか…
みゆきなら言いそうです。なにしろ率直に「ウルトラハッピー」と言い出しそうなので。

>スマプリの第29話
この話は相当ドギツイ内容でした。この精神的トラウマというのは本人にしか分からない重圧があります。

>アンラブリーの中の人はおそらくめぐみと同じ中島愛さん
実際に中島さんが演じたキャラでした。Twitterをはじめ、ネット上では「まめぐ(中島愛さんの愛称)だな」と分析の早さに驚いています。マニアックな人は「どうせなら野島さんが演じて欲しかった」とありますが、個人的には……………(以下自粛)。

>長沢美樹さんか木内レイコさんあたりが適任
彼女たちもダーク系プリキュアを演じた声優。まさかの再登板もありえそうです。

>ゆうこがファントムを介護…!?
心優しきゆうこはだれかれ構わず広い心を見せるエピソードになりそうです。六花とイーラのケースが記憶にあるだけにどうなるのでしょうか!?

OPコメントも残り4人。コメント終了後の対応(最終話まで何をやるのか)も楽しみですね。
[ 2014/08/31 23:27 ] [ 編集 ]
>ドルフィンヴィーナスさん

今話のメインはなんといっても精神的攻撃をするファントム=アンラブリーの卑劣さ。このようなえげつなさはファントムらしいというのか。しかし変装能力はある意味禁断的でした。

>鏡の国でダークプリキュアが本物を苦しめる場面と彷彿させるでしょう。
これも何かと懐かしい。ダーク5のみならずシャドウも卑劣な敵キャラでした。

>強化フォームはまだまだ先でしょう
EDでネタバラシしているフォームは先取りによると9月中旬にお披露目予定とのこと。フォーム名は決めゼリフにあるようですが、ここでは一応秘匿に。


>いわゆるツンデレ
くるみも何かとあざとさもありましたが、大袈裟なほどではなく許せるレベルにあります。

>実は彼女も、数少ないセパレートのプリキュア
セパレートは何かと魅力的ですが、保護者的観点からは採用されにくい一癖あるものです。

優しさを利用して何かを企む、彼の陰謀疑惑が浮上!?
ファントムの謀略は数知れず、来週も何かやってくれそうです(というより、何をしでかすのか)。
[ 2014/08/31 23:49 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

今週はファントムが変装したアンラブリーなくしては語れません。影を切って悪に染めるのは『ドラえもん』の影狩りを彷彿とさせました(のび太の影がのび太と入れ替わるかのように実体化する話)。

オトコでもプリキュアになれる?
残念ながらファントムにしか与えられない能力と言うことで諦める以外なさそうです(内心悔しい)。

>中島愛さんのダークなボイスも容赦ないですね
ここでまさかのまめぐさん。一部では「中島は演技力が微妙」と囁かれているだけにここでの実力発揮は面目躍如といえるでしょう。

>神様どう落とし前つけてもらおうか…
やっぱりね。そんなキャラなんですよ神というのは。

>美々野くるみ
妖精ミルクから人間体、更に戦士というキャラは現在でも彼女ただ一人。シリーズが1年ローテ方針となった現状では少し扱いづらいという理由により日の目を見ることはなさそうです。

>その強さは、もう言うまでもなく、強すぎの一言。
>但し、時間制限がある。
実際には体力により維持できる時間が限られるとのこと。これはラブリーパッドを手に入れる前のキュアエースにも同じことが言えます。

>ゆうゆうとプリキュアハンターと禁断の恋の行方
ハピプリはこれから何をやらかすのか。目が離せなさそうです。
[ 2014/09/01 00:13 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。