今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

映画ハピネスチャージプリキュア!人形の国のバレリーナ 

こうして白雪姫は…

今週は全日本大学駅伝のためプリキュアは休止。この場を使って映画の感想を私なりに述べちゃいます。
今回も感動の連続!その内容とは!?

(C)2014 映画ハピネスチャージプリキュア!制作委員会


あらすじ
保育園で人形劇をし終えためぐみたち。後片付けをしていたときに可愛い人形「つむぎ」と出会う。つむぎは王国の危機を救うためめぐみたちと一緒にドール王国へ。ここにサイアークが出現し倒してもめぐみたちは幸せを感じなかった。そんな怪しげなムードの中、めぐみたちは王国の舞踏会に誘われるが、隙を見計らったサイアークは誠司を人形に変えてしまう。サイアークのそばにいたのはなんと、誘ったつむぎ。彼女の正体は人形に変えられた人間の少女で、両足が動けなくなったことから大好きだった踊りができず気分が沈み心が塞ぎ込んでいた。「何もできないくせに動けるなんて簡単に言わないで!」とめぐみにきつく当たるつむぎ。その言葉を真に受けためぐみは落ち込んでいくが、仲間に助けられ心を取り戻していく。更につむぎの夢を奪った両足はなんと………。


続きは映画館でお楽しみください。今回もポイントをいくつかご紹介。

大人も子供も感動の嵐!
注目すべき点は信頼感。一度失った信頼をどのように取り戻していくのかが今回のポイントです。悩めるつむぎと軽はずみで信頼を作っためぐみ。話を進めることで和解していく2人のやりとりは映画ならでは!

ふなっしーも要注目
今回のゲスト声優は前代未聞、ゆるキャラの日本代表・ふなっしー!出番はやや少なめですが、存在感は絶大!じっくり見ないと見逃す可能性も!?

遊び心&お得感十分のパンフレットは必須
530円の値段はリーズナブルなパンフレット。映画を見る前に購入した場合は中央から見ることをオススメします。最初のページから見るとネタバレの可能性があるからです!ほかに本編プレイバックやスーパーハピネスラブリーのペーパークラフトなど内容も充実。値段以上の価値ありです!

見たい人はお早めにネットで確認して映画館へダッシュ!見逃してしまった人には来春のソフト発売をお楽しみに!

関連記事
スポンサーサイト
先程のレス、名前が「ハピネスチャージ名無」になっていましたよ?
つむぎを演じた堀江さんを初めて知ったキャラこそ、「To Heart」のマルチでした。このほか「劇場版 どうぶつの森」のあいちゃん(同作ではサリー役に奏の折笠さん、ブーケ役にみゆきの福圓さんも出演)、「ぬらりひょんの孫」の及川氷麗こと雪女、「ラブひな」の成瀬川なる、「物語シリーズ」の羽川翼、「スクールランブル」の沢近愛理などを演じており、プリキュアシリーズには初登板です。
ゆうこ、いおな、ぐらさん、誠司、美代は映画初登場となりますが、本人(?)役で出ている、千葉県船橋市の非公認キャラクター・ふなっしーで思い出したのがマナによる人参の着ぐるみ(いわゆる“まなっしー”)です。これは亜久里の人参嫌いを克服させようとマナが人参の着ぐるみ姿で登場したものでした(当の亜久里は怯えて逃げてしまい逆効果でしたが…)。ちなみにプリキュア映画作品にゆるキャラが登場する例は、プリキュアオールスターズ第1作であるDXにおける横浜の「たねまる」以来のことです。
最近のふなっしーは「ふなごろー」という名の弟が登場しているうえ、京成電鉄の広報紙「京成らいん」のインタビューコーナー「プラットホームで会いましょう」にも登場したことがあります。
[ 2014/11/02 21:37 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

デフォルトの名前になっているのを気付かずに投稿してしまいました。失礼をば。今度こそ私の名前はちゃんと書かれているのかな?

>堀江由衣さん
私が堀江さんを初めて知ったのが1998年のアニメ作品(題名は失念)でした。その後メキメキと頭角を現し、コンサートを開くなどの歌手活動にも精力的です。私の特に思い入れの強いキャラは「物語シリーズ」の羽川翼役。二面性のアクの強さは特徴的ですね。

>まなっしー
そういえば登場したのが昨年の今頃に近い時期。これには笑わせていただきましたが、本当に映画でふなっしーが出演したのは「まさか」といえます。

>たねまる
当時横浜港150周年記念とあって、舞台になった横浜周辺は強烈な印象を残していました。映画の終わりに「プリキュアオールスターズ」新シリーズ予告がありましたが、『アイカツ』や『プリパラ』みたく歌を取り入れた内容になるとのこと。やや押され気味の『プリキュア』ですが、10世代目作品のヒロインだけあって気合いの入れようが違ってきそうですな(『Go!プリンセスプリキュア』が出願登録されたとのこと)。

>ふなごろー
ゆるキャラ人気独走中のふなっしーですが、今回も話題づくりに抜かりなし。この人気はどこまで続くのでしょうか。
[ 2014/11/03 19:04 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。