今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリキャラガイド14・増子美代 

♪ボークの可愛いミヨちゃんは~という平尾正晃さんが歌った『ミヨちゃん』(年配しかわからないかな)。
後にカトちゃんこと加藤茶さんがカバーしましたが、今回紹介するキャラはインパクトが強いぞ!

映画でも登場した増子美代さんです!


みんなに伝えたい!わたしが伝えたい!!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★増子美代(ますこ みよ)
★声★小島幸子(こじま さちこ)
★キャラ像★

プリキュア情報番組『プリキュアウィークリー』のキャスターで、常にプリキュアを応援する立場にある。かつて彼女もプリキュアに救われた経験を持ち、そのことからプリキュアに興味を持つようになる。「自分もプリキュアになりたい」とめぐみからブルーに頼み込んだものの、資格を持たないことがわかりガッカリしていたが、常にプリキュアを影から支える存在として日々奮闘している。なお、『プリキュア5』シリーズに登場した増子美香(ますこ みか)との血縁は不明。


演じている声優は異なりますが(美香は山田茉莉さんが演じていました)、オマージュゆえに違和感なしです。

★海外ドラマなど活躍は多彩、2度目の登場は奇しくも…★
小島幸子さんを紹介しましょう。子役から芸歴が長いだけあって、演技力の良さは群を抜いており海外ドラマの吹き替えでも重宝される存在。『新ビバリーヒルズ』でもメインキャラを演じており、本名陽子さんや奈良徹さんもシリーズとしして出演しているためつながりが強いですね。
「プリキュアシリーズ」は2度目の出演となり、『ハートキャッチプリキュア!』で多田かなえ役で出演。偶然にも同じマスコミ系キャラを演じることとなるとは小島さん本人も思わなかったことでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
この増子美代というキャラクターは、シリーズ構成の成田さんがアイデアを出し、増子美香のデザインを元にキャラクターデザインの佐藤さんが新たに描きおこしたものだそうです。美代はかつてサイアークに襲われているところをキュアテンダー(氷川まりあ。いおなの姉)に救われ、それが影響して「かつてはプリキュアになりたかった」と述べています。真央が美代の番組「プリキュアウィークリー」のファンで、美代がめぐみの家に押しかけたときには口上とポーズを一緒にやったほど。渡部陽一さんのような戦場カメラマン的存在で、自ら撮影・取材をしているも、自身が取材をされるのは苦手です(めぐみに逆取材されたときは思わず泣き出したほど)。美代を演じた小島幸子さんは千葉県出身、ハトプリでも多田かなえを演じているほか、代表作には「AKB0048」の南野美果子(5代目峯岸みなみ)、「東京ミュウミュウ」の山田月子などがあります。
ちなみに増子美香はサンクルミエール学園2年生、新聞部の部長で学内新聞を発行しています。姓名を続けて読むと「マスコミか」(美代は「マスコミよ」)で、美香本人もそれを登場時の口上としている点や眼鏡をかけている点が美代との共通点です。美代がめぐみ達ハピネスチャージプリキュアを知っているように(おそらくいおなのことも…)、美香ものぞみ達プリキュア5を最初に知った一般人で、プリキュア5とナイトメアとの戦いに遭遇して巻き込まれ、プリキュア5を写真に納めることもあったほどです。
[ 2014/11/04 22:37 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>増子美代の元ネタ
このような経緯があったから「増子美代」が成立したのですね。確かに川村女神さんのデザインをモチーフにしたのが佐藤雅将さんらしからぬキャラデザになっているのでしょう。

>自身が取材をされるのは苦手です
そういえばそうでした(^_^;)
得意なものとは正反対に「される」側はダメという………。ある意味バランスがとれていますね。

>小島幸子さん
私が小島さんを初めて知ったのが海外ドラマの端役(タイトルは失念)。芸歴が長いこともあって各方面で重宝される存在で、どのような役柄でもこなせる芸域の広い声優の一人です。

>美代がめぐみ達ハピネスチャージプリキュアを知っている
>美香ものぞみ達プリキュア5を最初に知った一般人
やはり同じような境遇は「偶然」ではなく「必然」でしょう。私はこのように思っております。
[ 2014/11/09 10:14 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。