今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリ42話・幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部! 

オレスキートリオ、永遠に………

第42話『幻影帝国の決戦!プリキュアVS三幹部!』

ああ………我らのオレスキートリオが…………。
悲喜こもごもの内容でしたが、彼らは報われる…………かも?

(C)ABC・東映アニメーション
いよいよめぐみ達は敵地に突入!
多勢のチョイアークたちが立ちふさがる!

バタン!!チョイー!!

こんな雑魚たちを一ひねり!フォームチェンジで蹴散らすぞ!

パッションダイナマイト!アラベスクシャワー!
リボンハートエクスプロージョン!オリエンタルドリーム!

めぐみ達はいよいよミラージュのもとへ!!

ソレ!

事情を知るファンファンを先頭に突撃!

ミラージュ様の笑顔を取り戻せるのはお前しかいない!今度こそミラージュに悲しい顔はさせない!

しかし、ミラージュの前に立ちふさがるのが!!

お前たちはここで終わりだ!

オレスキートリオだ!!

ラブリーはミラージュのところに!すぐに後を追いかけるから!
行かせてたまるかァーッ!!ガツン!!

ひめVSナマケルダ、ゆうこVSホッシーワ、いおなVSオレスキー!
最後の戦いの火蓋が切って落とされた!!

お前の放つその愛が…、目障りなのよ!!不幸の色に染めてあげるわ……

しのぎを削るそれぞれの戦い!

パチン!イタァーッ!!
ワァーッ!!みんなで食べたわわたくしの分が減っちゃうからぜーんぶわたくしのモノ!

「全部わたくしのモノ」って……どこのジャイアンだよw

チームワークは所詮弱いものの言い訳に過ぎん!本当に強い奴は……己の力だけで戦うものだ!

本気を出すトリオにプリキュア3人は大苦戦。

トリャー!わからず屋ですなぁー

「めんどくさいだけですから諦めることをオススメしますぞ」
ナマケルダさんらしいなw

痛みも苦しみも味わってくれないから、喜びだって独り占めしたっていい…ウッ…

ホッシーワさん、すげぇジャイアニズムだ!

ハァーッ!!俺様がNo.1!一番強いのだ……ハハハッ!!

「俺様は強い!」それにいおなが反論!!

自分の力だけ信じて頂点に立ち、支配するすることに決まってる!一番になっても、心通わせる仲間がいなかったら、意味がないわ!

「一番になっても、心通わせる仲間がいなかったら、意味がないわ!」

好きなときに好きなだけ食べて、自由でいいじゃない?楽しいことはみんなで分け合えば2倍以上、3倍も4倍も楽しくなるの!

「楽しいことは1人じゃなく、みんなで分け合えば2倍にも…いえ、3倍も4倍も楽しくなるの!」

1人で怠けているほうが一番楽に決まっているのでは?私はドキドキ、ワクワクな幸せな気持ちをみんなに伝えたい!

「私はラブリーと出会ってからたくさん友達ができたし、めんどくさいことよりもドキドキやワクワク…幸せが一杯になったよ!」

自分の力を信じて生きることは大切だけど、1人の力には限界が…みんなと力をあわせれば自分でも信じられないくらい強くなれる!

「自分の力を信じて生きることは大切だけど、みんなと力をあわせれば自分でも信じられないくらい強くなれるの!」

みんなの幸せはお腹も心も満たしてくれるから…みんなと幸せにご飯を食べたいの!誰がアンタなんかと!!

「みんなの幸せはお腹も心も満たしてくれるから…、私はみんなと幸せにご飯を食べたいの!」

イノセントフォーム発動!3人の心をオレスキートリオにぶつける!!

ハァーッ!なかなかやりますな…

このご飯娘が!ハァーッ!!

なんだと?ハァーッ!!

オレスキートリオ、浄化さる………。

一番めんどくさいのは他人と向き合うことのできない自分自身の心の弱さだったようですな…

誰かと一緒に喜び気持ちをわたくしはどこかに置いてきてしまったかも…

俺様が本当にほしかったのは、勲章ではなかったようだな…

本当の気持ちに気付いて浄化………これは彼らの本音だった………。

一方、めぐみは………。

イテテテテ……お前の目障りな愛を!

ミラージュと対面!三角関係の戦いが!!

ブルーの前で消し去ってくれる!!

今週はオレスキートリオとの決着編。ここでアッサリと片付けるとは思ってもみませんでしたが、彼らはそれなりの「真人間」でした。自分の愚かさに気付いきいい具合に浄化できたのですが、もっと掘り下げてもよかったのかも。後日談は出してくれるのでしょうか。
いよいよめぐみ×ブルー×ミラージュの三角関係の終止符を打つ戦いが!来週が楽しみだ!!

ファンファンになったのね

三角関係に決着!?






関連記事
スポンサーサイト
めぐみ「わたし達が必ず、ミラージュのもとへ連れて行くから!」
ブルー「ラブリー…」
めぐみ達はそれぞれのフォームチェンジでチョイアーク軍団を一蹴するも、目の前にはオレスキートリオが!
ひめ達はめぐみとブルー、妖精達を先に行かせ、ひめはナマケルダ、ゆうこはホッシーワ、いおなはオレスキーと1対1の勝負に躍り出ました。
ひめの戦闘舞台は周囲がカビだらけ。ナマケルダは、初めて帽子のない姿を披露してくれました。
ナマケルダ「そんなヘナチョコパンチ、避けるのも面倒くさいですぞ」
攻撃を避けるのすら面倒とは…。
ゆうこの戦闘舞台はお菓子の国を思わせる場所。ご飯対お菓子の闘いです!
ホッシーワ「わたくしは、好きなものを好きなだけ食べたいの!」
ゆうこ「わたしは栄養のバランスを考えて欲しいの!食べ過ぎたらお腹が痛くなっちゃうよ!」
さすがはご飯のゆうこ。ホッシーワの身体まで心配しているようです。そんなゆうこに対し、「余計なお世話!」とばかりに耳を貸さないホッシーワ。
ゆうこ「お菓子ばかり食べてると、仕舞いには糖尿病になるよ!」
と、こう言ってくれたら面白いと思ったのですが…。
ホッシーワ「何もかも全部わたくしのものよ!」
確かにジャイアンのような台詞です。
いおなの戦闘舞台はギリシャの神殿を廃墟化したかのように感じました。
オレスキー「オレ様の本当の実力を見せてやるから感謝しろ。ここから先は、1対1の真剣勝負だ!」
いおな「望むところよ。全力でお相手するわ!」
幹部とプリキュアの1対1の勝負、スマプリでも同じところがありました。というのも、
あかね=ウルフルン
やよい=アカオーニ
なお=マジョリーナ
れいか=ジョーカー
という感じでした。このうちジョーカー以外の3人もファントム/ファンファンと同じように妖精だったという…。
そして、3人はイノセントフォームと化し、オレスキートリオを浄化。トリオは浄化時、本当の気持ちに気づく…。
ナマケルダ「一番面倒くさいのは、他人と向き合うことの出来ない、自分自身の心の弱さだったようですな…」
ひめ「あなたもいつか、信じあえる人に出会えるよ」
ホッシーワ「誰かと一緒に喜び気持ちを、わたくしはどこかに置いてきてしまったかも知れないわね…」
ゆうこ「あなたにも、大好きな人と一緒に大好きなものを食べられる時が来るわ」
そして、
いおな「あなたは強かった。尊敬に値する程ね」
オレスキー「他人に認められるのは初めてだ。オレ様が本当に欲しかったものは、勲章ではなかったようだ…」
3人が浄化されて消えるシーン、「聖闘士星矢」のハーデス編において、束の間の命を終え、星矢達の前で消えてゆくサガ、シュラ、カミュの3人を思い出しました。
一方めぐみとブルー達はミラージュのもとに辿り着く、ミラージュはめぐみの目障りな愛をブルーの前で消し去ると宣言。
ここで、幻影帝国オレスキートリオの声優についておさらいしておきましょう。
まずはナマケルダ役の金尾哲夫さん。慶應義塾大学卒で劇団昴所属。声優としては「明日のナージャ」でアルフォンス・ジャン・マレーを担当したほか、代表作は「幽☆遊☆白書」の武威、「金色のガッシュベル!!」のリュック、「ケロロ軍曹」のトルネード、「トリコ」のクロマドなどがあります。
続いてホッシーワ役の岡村明美さん。MHで大輝、S☆Sで妖精のフープと霧生薫(これは妖精から悪役を演じた初のケース)を、「おジャ魔女どれみ」で万田じゅんじ・ようこ、「明日のナージャ」でザビーを演じたほか、「ONE PIECE」のナミ、「ラブ★コン」の小泉リサ、「夏目友人帳」のヒノエ、「ダンボール戦機」の真野晶子と山野真理恵などの代表作があります。
オレスキーを担当した子安武人さんは、無印からMHにかけて美墨岳、5GoGoでスコルプ、映画DXとNSでフュージョンを演じたほか、「アイカツ!」の星宮太一、「鋼の錬金術師」のルジョン、「焼きたて!!ジャぱん」の黒柳亮、「聖闘士星矢」のラダマンティス、「キャプテン翼」の日向小次郎などが代表作です。子安さんは神奈川県、岡村さんと金尾さんは東京都出身です。
2015年のプリキュアは「GO!プリンセスプリキュア」とのことで、早速こんな台詞ネタが出ているようです。
ひめ「ちょっとぉ、何これ?!わたしの名前パクってない?」
というような感じで。
[ 2014/11/30 18:34 ] [ 編集 ]
プリキュアの前に立ちはだかったのは、最終宣告されたオレスキートリオだった。幸せを否定する意見と、幸せはまやかしじゃないと肯定する意見がぶつかり合う戦い。三悪の過去は作中では触れてないが…。

失恋を繰り返した過去がある。
些細な出来事で幸せが壊された。
幸せ者を本気で嫉妬している。

辺りかな。

一方ラブリーとブルーはミラージュの元へ。彼女はラブリーがブルーに与えている「愛」に不快を感じ、抹消しようと企む…。次回予告によればミラージュが凶暴化して、ラブリーに襲い掛かるようだが…
[ 2014/11/30 19:14 ] [ 編集 ]
終盤に差し迫ったハピネスチャージプリキュア!
今回は、三馬k…いや、本気の出した三人衆と激突。

ナマケルダさんは、何の成果も得られないのなら、最初から努力しないで怠けていて面倒臭い方が良いという努力否定。怠惰肯定。
ホッシーワさんは、1人の方が、美味しく食べられる。その方が、誰にも邪魔されないで美味しいものを食べられるという。友情否定。傲慢肯定。
オレスキー将軍は、勝者こそ正義!1番こそが正義で、1番に1人も2人もいらない。助け合いの否定。孤独の肯定。

しかし、チームはイノセントな思いでそれらを論破。

何が言いたいのかというと、つまり、みんなで努力したことは無駄にならない。助け合えば、その力は、2倍…いや100倍にもなる。実際に努力と助け合いは2乗や3乗にも比例することは、科学的にも証明されているようです。1番を目指すことは決して悪くない。正論だが、勝者は正義で1番ということは、必ずしも違うことかな。

三人衆は、それぞれナマケルダさんは、イケメンになり、ホッシーワさんは、可愛い姿になり、オレスキー将軍は、ダンディな思いで浄化され、消滅していきました。3人とも、どこか憎めないところがあり、本当に楽しませてくれました。ありがとう!!どこかで別人で復活しているのだろうか…

次回は、ラブリーとミラージュが激突!!イノセントな想いは、ミラージュに届くのか!?

あ、2015年のプリキュアは「Go! プリンセスプリキュア」らしい。
[ 2014/11/30 19:42 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

今週はオレスキートリオの早すぎる(?)退場に虚脱感を覚えた人がいるはず(私もその1人ですが)。今後どのような形であれ、生まれ変わった姿を期待する人もいそうです(私もこのようになってほしい)。

>さすがはご飯のゆうこ。ホッシーワの身体まで心配しているようです。
ゆうこ=ご飯という定義は染み付いてきましたね。このことは最終回直後のまとめで書きたいと思っています(ほかのキャラたちもね)。

>ゆうこ「お菓子ばかり食べてると、仕舞いには糖尿病になるよ!」
と、こう言ってくれたら面白いと思ったのですが…。
ゆうこなら言いそうですね。最近の話では、オペラ歌手の中島啓江(けいこ)さんが亡くなったニュースの中で「体重増加のほかで心臓や肺を圧迫した」のほか、糖尿も患っていたとのこと。みなさん、健康に気をつけましょう。かつ中島さんに合掌。

>ホッシーワ「何もかも全部わたくしのものよ!」
>確かにジャイアンのような台詞です。
これはまさにジャイアニズム。長寿作品の「ドラえもん」から登場した言葉だけに浸透率の高いこと、高いこと。

>幹部とプリキュアの1対1の勝負
どこかで見たような構図でしたが、これだったんですね!何かと懐かしく感じました。

>「聖闘士星矢」のハーデス編において、束の間の命を終え、星矢達の前で消えてゆくサガ、シュラ、カミュの3人を思い出しました。
これも戦の後のはかなさ………。カミュを演じた納谷六朗さんの訃報に閉口してしまいました。黄泉の国で兄の悟朗さんと会話しているのが頭に浮かんできました。六朗さんにも合掌……。

>金尾哲夫さん
金尾さんも『ナージャ』に出演されていたいたのですね、初耳です。やはり『ハピプリ』もナージャの縁があるようですね(同じ放送枠の所以なのか)。

>岡村明美さん
岡村さんも『どれみ』『ナージャ』に出演された縁が強いようです。これも一種の縁故採用!?妖精から悪役を演じたのは史上初のケースゆえに今後もやりそうです。

>子安武人さん
子安さんは「プリキュアシリーズ」出演歴6回なる最多記録の保持者。今後は悪役のほかに異国の王様を演じるのも面白そうな。
[ 2014/11/30 22:01 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん


>三悪の過去は作中では触れてないが…。
これは人には言えないタブーを持っているのか?
このように勘ぐってしまいたくなります。「狭い日本、そんなに急いで何処へ行く」という言葉が当てはまりそうですが、そんなに急ぐ必要性は何故なのかな?

>彼女はラブリーがブルーに与えている「愛」に不快を感じ、抹消しようと企む…。
来週はミラージュの禁忌の過去に触れてきそうです。それは何か?ドロドロ必至………。
[ 2014/11/30 22:10 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん


>みんなで努力したことは無駄にならない。
言われてみるとこのような努力を怠っていたトリオの面々。彼らも名前が示すとおり怠惰、傲慢、孤高のマイナス要素が相乗効果を生み、いつしか憎めないトリオになっていきました。

方向性は確かですが、残念ながら間違った方向へ進んでしまったトリオ。正しい道に行けばいいことがありそうですね。

>どこかで別人で復活しているのだろうか…
私もそのようになってほしいと願っています。本当に憎めないトリオでした。

>あ、2015年のプリキュアは「Go! プリンセスプリキュア」らしい。
オリコンで記事になっていましたが、「ドキプリ」の10作品目、「ハピプリ」の10周年目ときて、来年の「ゴープリ」は10代目のプリキュア。毎年この時期にネタバレ画像をお目にするのですが、今回はガードが堅いな……。
[ 2014/11/30 22:29 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。