今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリ44話・新たなる脅威!?赤いサイアーク!! 

ラストに向けて盛り上がるストーリー!!

第44話『新たなる脅威!?赤いサイアーク!!』

ミラージュの浄化でブルースカイ王国は平和を取り戻した…。
しかし、本当の恐怖はこれから!!

ラストに向けて驀進するストーリーは見逃せないぞ!!

(C)ABC・東映アニメーション


めぐみ達のおかげですっかり平和を取り戻したブルースカイ王国。

よかったー!ラブリー本当にありがとう……

しかし、寂しい目で見つめる誠司………。

……………………

落ち込んでいたのを察したのか、ひめ達はめぐみをパジャマパーティに誘うことに。

ウ~ン…朝までパジャマパーティ!!

ブルー神の話題で盛り上がるパーティ。

神様って、なんでデリカシーないのかな?なんでそんなに胸元開けてるの?
なんでミラージュさんと……その……キスなんて……そーだそーだー!!

てか、神はなんで嫌われているモテて悔しくなるのか?

翌朝、誠司はめぐみに声を掛け……。

よう夕べは大騒ぎだったな

折角戦いを終えたのだからと、デートをしゃれ込んできました。

そういえば滑れなかったんだ!スイスイフィギュア、かわルンルン!
ソーレ!待てよ、めぐみ!

充実の一日を過ごしためぐみと誠司。と、ここで誠司はめぐみの本心を探ろうとする!

本当にお前は幸せになれるのかって…世界が元に戻って…ブルーとミラージュさんが幸せになって…

「本当にそれで、お前は幸せになれるのかって…、無理して笑うなよ……。せめて俺の前くらいは本当のことを……、言ってくれよ……」

とても胸が苦しくて、嬉しいはずなのに…私……失恋しちゃった……

「なんだか凄く胸が苦しくて、とても嬉しいはずなのに、なんだかとても悲しくて……。私……、失恋しちゃった………」

大号泣のめぐみ。誠司が感じていた心配事でした………。

感じる…、強い嘆きを……

だが、ラスボスはすかさずキャッチ!!

ブルーと心が離れたと思ったあの時…赤い声が聞こえて、私の心の中は憎しみでいっぱいに…

ミラージュとファンファンは「赤い声」で豹変したことを明かし……。

お前がみんなのために頑張ったから…だからお前も幸せになれる!絶対になれる!!

本心を聞けた(というより、聞き出せた)誠司は、めぐみをなんとか励まして元気付けようとしますが。
しかし、肝心なところでどもっちゃいますな。

ザッ!!サイアーク!!

めぐみの前にサイアーク出現。しかもいつもと違うぞ!!

サイアークが現れましたわ!この憎しみに満ちた赤い気配…

この気配はミラージュをも変えさせられた妖しいものだ!!
激突!めぐみVSサイアーク!!

世界に笑い声が溢れている…お前に救われておきながら、お前が苦しんでいるのに笑っている…

なぜみんなが幸せで自分だけだそうでもないのか……

容赦ない真理攻撃。その戦法がめぐみを蝕んでいく!!

その優しさが、お前だけが愛を失った…

「お前は優しい人間だ…、しかしその結果、お前だけが愛を失った……」

私の望む世界!?アアアアアア……

「愛する者がお前から離れ、お前は深く傷つき涙を流した…。だが大丈夫だ、やり直せばいい……、この世界をお前が望む世界にするのだ…。欲しいモノを手に入れ、いらないモノをなくす…。そうすればお前は幸せになれる…」

何をしようがお前の自由…

「お前が救った世界だ、どうしようとお前の自由……。さぁ、世界を望みのままに……」

めぐみー!!

誠司の空耳がめぐみに聴こえた!!

ハァー!!

胸の赤いクリスタルを取り出し、粉砕!!
「このままでは永遠に苦しみ続ける」といわれても、めぐみなりの結論を!

苦しいけど…苦しいだけじゃ…ないから!

「私は届かない思いを受け入れてみんなと一緒に幸せを探していきたい!」

私は届かない思いを受け入れてみんなと一緒に幸せを探していきたい!

その持論を胸にめぐみは立ち上がる!!

絶対に…弱い心には負けない……

「絶対に…弱い心には負けない…………」

キュアラブリーは…無敵なんだからーー!!

「キュアラブリーは……無敵なんだからーー!!」

ア………めぐみー!!

めぐみ、万策尽きた………?

ハァーッ!!これ以上めぐみを傷つけさせないんだから!!

ここは仲間たちがフォロー。めぐみは仲間のありがたさを実感していました。
トドメのプリフィケーション発動!!

ゴクラ~ク

戦いを終えた場に、雪が………。

雪だ!私、大丈夫じゃないけど…でもきっと大丈夫!

「私、まだ大丈夫じゃないけど…、でもきっと大丈夫!」

この言葉だと、めぐみはフラフラかな?

しかし!だがしかし!!

これが仲間というものか…

今週はめぐみの揺れる心を誠司がフォローする………。何かとどもっていたけど、いいじゃん。誠司くん、いいこと言うよ。しかも持つべきものはやっぱり仲間。この心意気があれば世界平和もやってきそうです。
ここで牙をむいてきたラスボスはミラージュやファンファンをも狂わせた最大の脅威。しかもブルー神を赤くしたような最大の敵!これは宿命といってもいいでしょう!!これからどうなるのだ!!

来週は聖なる日の話。どんなプレゼントになるのか。

メリークリスマ~ス!
関連記事
スポンサーサイト
ぐらさん「おいおい、お前さんには誠司がいるんじゃねぇか?」
めぐみ「そんなこと言ったって…」
このようなやり取りが聞こえそうな展開。見つめあうブルーとミラージュに「お幸せに」とめぐみ、それを見つめる誠司は寂しそう…。
ひめ達が、落ち込んでいためぐみを誘いパジャマパーティー、ドキプリでもマナや六花達が落ち込んでいた亜久里を励ますべくマナの家でパジャマパーティーをしながらお泊まりをする第43話があり、ここでもマナ達はパジャマ姿で馬場抜きや枕投げをしていました。亜久里はスイーツに大喜び、真琴は馬場抜きで馬場をひいて笑顔で泣き、挙句の果ては枕投げでマナの祖父の宗吉から怒鳴られる…。ゆうこの髪上げヘアはうららを連想させました…。ここではブルーの話題でもちきり。
ゆうこ「なんで神様はいつも、胸元を開けてるのかしら?」
めぐみ「ブルーはひどいと思わない?わたしの前でいきなりミラージュさんと…キスするなんて!」
ひめ「ホント神様はデリカシーゼロ!」
いおな「恋愛禁止令とか出しておきながら、一番恋愛してたのって神様よね?」
めぐみ達からブルーの話題だらけ、とくにいおなの意見はごもっとも。
ひめ「今日はたくさんお菓子を食べる!」
ホッシーワの癖が移ったのか…?
誠司とめぐみはスケート場へ。そういえば、MHでもなぎさと藤Pがスケート場で同じようにしていた…。スケート歴がないめぐみは、フィギュアのフォームチェンジ。近年では真央ちゃん(相楽真央ではない)や羽生結弦選手などの話題が多いなかでのフォームチェンジです。めぐみの号泣は、21話でのひめ、ドキプリ31話でのマナや同43話での亜久里、そして野々村元議員の号泣会見を思い出しました。今にも「愛乃々村めぐみ」「愛乃竜太郎」とかのようなネタが出そう…。
そんなめぐみの前に赤サイアークとディープミラーが!彼はめぐみをミラージュの代わりとして操ろうとするも、めぐみが悪墜ちすることはなかった!ドキプリ最終回でプロトジコチューにプシュケーを抜かれたマナも、悪墜ちすることなく復活したことを思い出しました(このとき、マナのプシュケーは誰よりも強いものだった!)。
めぐみ、万事休すと思われたところにひめ達が合流、プリフィケーションで赤サイアークを浄化!
ディープミラーの真の正体は「レッド」というようです。レッドとブルーが同一人物となれば、「聖闘士星矢」のサガや「ジキルとハイド」のような二重人格者ということに…。次回は、誠司がまさかの悪墜ちか(そうは考えたくない…)…?映画5でも小々田コージが操られていたという…。
ディープミラー役の井上和彦さんを初めて知ったキャラこそ、1981年夏の映画「21エモン」の主人公21エモンでした。その後も「聖闘士星矢」の王虎、「美味しんぼ」の山岡士郎、「NARUTO」のはたけカカシ、「名探偵コナン」の白鳥刑事などの代表作を抱えています。白鳥刑事役は故・塩沢兼人氏から引き継いだものでした。
[ 2014/12/14 21:43 ] [ 編集 ]
ひめの両親を始め、鏡に長く封印された者は解放された。ただ一人めぐみは、部屋に引きこもったまま…。そう、ブルーがミラージュと寄りを戻した為、失恋してしまったのだ。
恋愛も上手くいくとは限らず、振られてしまったり、破局してしまうこともよくある。中には失恋を受け入れず、もう一度告ったり、ストーカーに走る間抜けで見る目がない人もいるが、これは精神的に成長してない弱虫で、人間失格と批判されがち。
もし失恋を受け入れなかった所を亜久里に見られてしまえば「悲しみを乗り越える強さも必要ではなくて?」と呆れ、美希だったら激昂して「しっかりしてよ!めぐみ!」と彼女を叱るだろう。

突然現れた赤いサイアーク。それはレッドが生み出した強敵。ブルーに瓜二つな謎の男、彼こそがディープミラーの正体であり、物語における黒幕でもあった…。失恋しためぐみを利用して悪堕ちさせようと…。どうやらミラージュを始めとした悪役は、あいつによって洗脳されたようである。

めぐみの悪落ちは失敗したが、彼は諦めなかった。
そう、レッドは誠司を操ってめぐみ達と敵対させようと…。

何故誠司がその標的になるのか…。理由は言わずもがな。
ブルーとめぐみとのやりとりで、彼は明らかに嫉妬していた。ひめ曰く「このままでは喧嘩になってしまう」
誠司がブルーに嫉妬していた所を、レッドは何故か知っていた。

次回はクリスマスエピソード。誠司がまさかの悪落ち!
[ 2014/12/14 22:12 ] [ 編集 ]
今週は、ついにようやく平和を取り戻したかに思えた…
が、しかし!ここでこのラスボスと思われるディープミラーが、ついに動き出す!!

失恋は、まだ私は経験したことないけど、これは、私生活でもかなり危険な愛の暴走ですね… 場合によっては、他人を巻き込み自分の人生生命も脅かすレベル。
ラスボスと思われるレッド様は、言葉巧みに、他人を救えても自分だけは何一つ救えない等、ラブリーを精神口撃する。一瞬闇落ちかと思いきや、赤いクリスタルを砕いた!
さらば!己の弱い心!!
みなさんも本当に成長して、何よりですね。ひめさんの成長っぷりがすさまじい。

レッド様とブルーが一緒に写っていないということは、やはり、同一人物なのだろうか… というより、チームの神のdisり具合が何ともww

次回は、毎年恒例の決戦前夜に、レッド様が、心優しき誠司君の、心の隙間を狙う! やはり、ラスボスは神なのか??
[ 2014/12/15 12:35 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

やはりシリーズのオマージュが随所に織り込まれたといえます。これはシリーズ10周年だからできたのだと(私なりの見解ですが)。

>パジャマパーティー
仰せの通り、昨年のマナたちがやったパジャマパーティは「女子トーク」が充実。ハピプリも負けず劣らずのかしましさは思い出す人も多かったのでは。

>ゆうこの髪上げヘアはうららを連想させました…。
個人的にはゆうこの髪上げは違和感あったような………。髪形が変わるだけでイメージは変わってしまいますね。

>ひめ「ホント神様はデリカシーゼロ!」
ひめもそう思っていたのですね。視聴者の気持ちを代弁したというのか………。

>そういえば、MHでもなぎさと藤Pがスケート場で同じようにしていた…。
これも懐かしいな!この2人は個人的にいいカップリングでした。

>今にも「愛乃々村めぐみ」「愛乃竜太郎」とかのようなネタが出そう…。
今年はこの県議に限らず色々な方々がお騒がせしたような。彼らをカレンダーにするネタができたほどの豊作ぶりでした。

>ドキプリ最終回でプロトジコチューにプシュケーを抜かれたマナも、悪墜ちすることなく復活したことを思い出しました(このとき、マナのプシュケーは誰よりも強いものだった!)。
どこかで見たことがあったような!マナとめぐみは何かと共通点があるようですな、このオマージュも10周年ならでは。

>ディープミラーの真の正体は「レッド」というようです。
字幕スイッチオンで確認できました。ブルーと対極的ゆえに、静脈と動脈、N極とS極、寒気と暖気……。因縁のラスボスですな………。

>井上和彦さん
私が井上和彦さんを初めて知ったのが『キャンディ・キャンディ』のアンソニー役(古いなー)。ラスボスに最終回付近でキャラガイドとして紹介しようと思っています。ついでに井上和彦さんもね。
[ 2014/12/15 19:15 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

>そう、ブルーがミラージュと寄りを戻した為、失恋してしまったのだ。
これはめぐみが「お人よし」ゆえにショックは大きかったようです。振り返ってみればめぐみは「お人よしのバカ」と揶揄されることがあるようですが、信じる心は清清しく純真な性格が表現されているといえますね。

>もし失恋を受け入れなかった所を亜久里に見られてしまえば「悲しみを乗り越える強さも必要ではなくて?」と呆れ、美希だったら激昂して「しっかりしてよ!めぐみ!」と彼女を叱るだろう。
仲間というかけがえのない存在はやはり宝物。ひめは付き合いこそ短めだが、親密な関係を短期間で作り上げた友情。ゆうこと誠司は幼馴染ゆえに信頼は高く、堅い絆で結ばれている。いおなは付き合いが短いが、めぐみのリーダーシップを認めていて信頼を勝ち取った…。とハピプリチームは強固たるものになっていきました。

>突然現れた赤いサイアーク。
「赤いゆえに3倍の能力」と発想する人は多くいそうです。それだけ最強のラスボスなんだなと想像できるのだと。

>そう、レッドは誠司を操ってめぐみ達と敵対させようと…。
>誠司がブルーに嫉妬していた所を、レッドは何故か知っていた。
これはラスボスらしき狡猾な手段。最終決戦に相応しい展開になって行きますね。残り5話、これからも目が離せない!
[ 2014/12/15 19:37 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

>失恋は、まだ私は経験したことないけど、これは、私生活でもかなり危険な愛の暴走ですね…
経験者の言葉によると「恋というものは凄く嫉妬深いもので、失ったショックは計り知れない。自分は人を殺めようと暴れだしそうだったが、運よく自制心を出すことができた」とかなり絶大な存在であるのだと。私も未経験ですがこの言葉で想像できると思います。

>言葉巧みに、他人を救えても自分だけは何一つ救えない等、ラブリーを精神口撃する。
アンラブリーもこのような攻撃を使っていました。元を手繰ればディープミラー=レッドの仕業であると。やはり赤いゆえに通常の3倍、いやそれ以上の脅威を感じとっていますね。

>みなさんも本当に成長して、何よりですね。ひめさんの成長っぷりがすさまじい。
最初は弱っちいプリキュアだなと感じた最初の頃を振り返ると「成長したなぁ」と。最終回と同時に執筆予定となる「ハピプリ総まとめ」で書いていこうかと思っています。

>レッド様とブルーが一緒に写っていないということは、やはり、同一人物なのだろうか…
そうとも考えられますね。いよいよブルーとレッドの関係も明かされそうです。

>というより、チームの神のdisり具合が何ともww
本当にブルー神がラスボスになると皆さん的中しそうですね。この「先見の明」というww
[ 2014/12/15 19:52 ] [ 編集 ]
どうも。Goプリの新情報ですが今回主人公はるかが中学生になりたての1年生で2番手が上級生とある意味逆の立場ですが3番手も中学生になりたてという事で、1話あたりからはるかときららら新入生の入学式があると期待してます!
[ 2014/12/17 20:43 ] [ 編集 ]
>山田恵資さん

今の段階では聞きかじり程度の情報だけなので、公式発表を待つ以外なさそうです。

学年の違うプリキュアは「プリ5」以来の設定となりますね。『アイカツ』や『プリパラ』に遅れを取っているだけに、老舗ならではのアイデアや意地を見せて欲しい!
[ 2014/12/21 18:49 ] [ 編集 ]
レッドと危険を意味するものと言えば
「赤信号」、「火病」、「中国の国旗」…
[ 2014/12/28 16:55 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。