今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

これがGo!プリンセスプリキュアの世界観 

ネタバレが遅れるなどワクワクはなかったのですが、可愛らしさ溢れるキャラたちにビックリ!
そんな『Goプリ』のストーリー設定など多くの情報を公開!

ABC朝日放送公式
東映アニメーション公式

東映アニメーション公式は番組開始と同時に通常のURLに変更される予定です。



ストーリー
私立の「ノーブル学園」に通う中学1年生の少女・春野(はるの)はるかは、「プリンセスになること」を夢見ている。幼馴染の王子・カナタに「夢は諦めない」と約束。そんなある日のこと、はるかの前に人々の夢を「扉」の中に閉ざし絶望に染めてしまう悪者たちが現れる。

はるかはそのとき、カナタから貰ったドレスアップキーとプリンセスパフュームの力でキュアフローラに変身!夢と人々のために、はるかは海藤(かいどう)みなみ=キュアマーメイドと天ノ川きらら=キュアトゥインクルとともに戦うことを誓うのだった…。


ということで、Goプリは「夢」をテーマに描いていきます。「夢を大事にすることの大切さ」を原動力に戦うはるかを描き、「夢のためにがんばること」を視聴者に伝えていくコンセプトです。
キーワードは「プリンセス」。近年のアニメ映画『アナと雪の女王』で憧れた女の子たちも多いでしょう。そんなアコが絵の姿に変身した花・海・星の力を持つプリンセスが必殺技を放つときに従来のフォームからロングドレスフォームに2段系変身!素敵な世界観で盛り上げます!

新要素としてプリキュアシリーズ初の全寮制の中学校が舞台に。親元を離れて、ルームメイトと過ごす新生活の期待と不安、友達とのお泊まり気分の延長にある寮生活のワクワク感がキモ!『アイカツ』の要素といえるエッセンスがプリキュアにも登場するとは。これが10代目プリキュアの要素です!

――土肥繁葉樹プロデューサー(朝日放送)
初代にも関わったABC朝日放送の土肥さん。次のようなコメントを述べています(東映アニメーション公式より引用)。
2015年の「プリキュア」シリーズのキーワードは“プリンセス”、そしてテーマは夢です。世の中に閉塞感が漂い、ひとびとの格差は広がるばかりか、固定化してきているとされ、「夢が持てない」「将来に希望が見出せない」若者が増えたともいわれています。
幼いころには、誰しも「アイドルになりたい」「オリンピックに出たい」「お母さんにようになりたい」と夢を抱いていたはずなのに、現実を前に、進むことを躊躇してしまうのかもしれません。でも、たとえそれが途方もなく大きな夢であっても、それを追い続ける自体が「生きる」ことの意味であるような気がします。 そんな想いを託して、新シリーズ「Go!プリンセスプリキュア」が始まります。物語をつむいでいくのは、シリーズディレクターの田中裕太監督と、シリーズ構成の田中仁さん。これまで「プリキュア」シリーズの多くの作品に携わってきたものの、シリーズ全体を担うのは初めてという、フレッシュなコンビです。2人とは本当に長い時間、話し合いをしてきました。2人もいま大きな夢に向かって突き進んでいます。
今作には、そんな2人の、そしてすべてのスタッフの愛情いっぱいで熱いメッセージが込められています。
2015年2月1日、すてきな物語の幕が上がります。

――柴田宏明プロデューサー(東映アニメーション)
ハピプリから続投の柴田さん。今回もやる気十分です(東映アニメーション公式より引用)。
「夢」は人間にとって一番の「頑張る原動力」。「プリンセスプリキュア」のメインテーマは「夢」です。主人公・春野はるかは、プリンセスに憧れ、プリンセスになりたいと夢見ている女の子。夢の実現に向けて頑張るということは、それがどんな夢であっても、壁にぶつかったり、うまくいかなくて落ち込んだり、でも一歩夢に近づけたときはものすごくうれしくてテンションが上がったりと、とても人の心を揺さぶるモチーフだと思います。はるか=キュアフローラと、2人の仲間の日常のがんばり、そしてプリキュアとしての「人々の夢を守る戦い」を通して、夢を見て、それに向かって努力することの楽しさと大切さをこどもたちに伝えていきます。新しいプリキュアにもどうぞご期待ください。

夢に向かって突き進むGoプリ。どんな作品に仕上がるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
GOプリの方でセラムンクリスタルのチーフPがシリーズに合流したそうですね。これまでスマプリから変化球を打ち出してきたGoプリの主人公はシリーズ史上初の中学の新入生主人公かつ全寮制の学校が舞台という事もあって、1話冒頭から入学式のシーンがある事を期待しています!はるかは1年生という事もあってきららとルームメイトになるのかな?と妄想を膨らましてます。ああ、来年の放送が待ち遠しい!
[ 2014/12/26 21:35 ] [ 編集 ]
「Go!プリンセスプリキュア」の声優陣が発表されたそうです。
春野はるか/キュアフローラ:嶋村 侑(代表作:「デュエルペット てぃんくる☆」フェアリーナ役、「黒子のバスケ」荒木雅子役ほか)
海藤みなみ/キュアマーメイド:浅野真澄(代表作:「灼眼のシャナ」平井ゆかり役、「ハヤテのごとく!」朝風理沙役ほか)
天ノ川きらら/キュアトゥインクル:山村 響(代表作:「けいおん!」瀧エリ役、「トリコ」小麦生地役ほか)
パフ(妖精):東山奈央(代表作:「神のみぞ知るセカイ」中川かのん役、「さばげぶっ!」豪徳寺かよ役ほか)
アロマ(妖精):古城門志帆(こきどしほ。代表作:「ローリング☆ガールズ」みいたん役ほか)
カナタ王子:立花慎之助(代表作:「のだめカンタービレ」片山智治役、「イナズマイレブン」立向居勇気役ほか)
はるか達の中学は全寮制とのことで、「The・かぼちゃワイン」で春助やエルらが通うサンシャイン学園も確か全寮制でしたか、男子寮と女子寮が存在していました。春助役の古川登志夫さんもエル役のよこざわけい子さんもプリキュアシリーズには出ていませんが、古川さんはピッコロ(マジュニア)や山村刑事(群馬県警の刑事)など、よこざわさんはドラミちゃんなどが印象深いところです。全寮制といえば、かつて東京都あきる野市に実在していた男子校で1965年開校の都立秋川高等学校もそうで、戦後で日本初の全寮制都立高校でした。5,715名の卒業生を輩出し2001年に閉校、施設はすでに解体されています。著名なOBに元東京都知事の故・鈴木俊一氏らがいます。
プリンセスということで、次のオールスターズで“プリンセス”である亜久里やアコ、ひめらとの共演も期待大です(とくにひめは「キュアプリンセス」で混乱を招きそうな…)。
[ 2014/12/27 09:22 ] [ 編集 ]
>山田恵資さん

>GOプリの方でセラムンクリスタルのチーフPがシリーズに合流したそうですね。
『ハピプリ』では東映アニメーションサイドのほうでゴダゴダがあったらしいと言われているようですが、制作陣が変わるだけで印象が変わるとされるので、ハピプリとは一味違う作品になるようですね。

>1話冒頭から入学式のシーンがある事を期待しています!
やはり1話ということで掴みは肝心。そのような出来栄えになるのでしょうか。


>急行・快特本八幡さん
深夜アニメで急速に出演している声優や、肝心要の役を演じるベテランを配役してきましたね。もっと声優のことを語りたいのですが、ここはあえてキャラガイドで語りたいと思っています。

>サンシャイン学園も確か全寮制
同じ東映アニメーションの系譜だとこの作品になりますね。「ノーブル学園」は男女共学か、それとも女子校か。気になるところ。

>都立秋川高等学校
全寮制学園は戦後とはいえ、歴史のあるものですね。来年は戦後70年。プリキュアの代が10代目とともに節目の1年が重なっています。

>とくにひめは「キュアプリンセス」で混乱を招きそうな…
純粋な「プリンセスプリキュア」は亜久里やひめと3年連続になっていますね。共演も楽しみにしたいところ。
[ 2014/12/27 18:58 ] [ 編集 ]
このコメントは管理者の承認待ちです
[ 2015/08/10 20:43 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。