今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリキャラガイド20・アロ~ハプリキュア&アロアロ 

色々なキャラが多かったのですが(本当に申し訳ありませんでした)、ハピプリキャラガイド最終回を飾るのに相応しいのはアロ~ハプリキュア。
妖精のアロアロもご紹介!


ケンカはダメロロ!アロ~ハプリキュア!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★オハナ/キュアサンセット、オリナ/キュアウェーブ、アロアロ
★声★吉田仁美(よしだ ひとみ、オハナ役)、仲谷明香(なかや さやか、オリナ役)、深川芹亜(ふかがわ せりあ、アロアロ役)
★キャラ像★
ハワイにいる双子のプリキュアで、現地のハワイで活躍している。姉のオハナは無鉄砲な直球型で、妹のオリナは戦略を考えて行動するタイプ。その性格の相違からサイアークに歯が立たず連敗を重ね険悪になるが、氷河化したハワイの太陽と海の輝きを取り戻したい思いやゆうこの説得によりサイアークを浄化させ取り戻した。46話で世界各国のプリキュアとともにハピプリをバックアップしている。
アロアロはアロ~ハプリキュアをサポートする妖精で、連戦連敗に泣くプリキュアにブルーのもとへ助けを求めた。外見上の特徴は頭にハイビスカスの花をつけており(アロアロはハイビスカスを意味する言葉)、会話の語尾には「ロロ」をつけている。


アロ~ハのほかに、ボンバーガールズ、メルシィ、ワンダフルネット…。あなたはどれだけ言えるのでしょうか。

★芸歴豊富な経歴の持ち主。プリキュアのEDは3年間担当(吉田さん)★
吉田仁美さんはこのような人物。6歳の頃から子役として活動し、2001年にはNHK教育テレビの音楽教育番組『うたっておどろんぱ』で主役・ヒトミとして出演。この頃から歌唱力を身につけており、当番組で高い歌唱力を披露しました。
2006年から『カーズ』で声優デビュー。テレビアニメ化された『家庭教師(かてきょー)ヒットマンREBORN!』ではヒロインの三浦ハル役を射止め、声優としての活動がメインとなっていきます。
2012年の『スマイルプリキュア!』から3年間EDを担当し、今回の『パーティハズカム』でプリキュアED歌手の集大成となりました。他にも『吉田仁美のプリキュアラジオキュアキュア・プリティ』では冠番組かつメインパーソナリティを担当するなど活動の幅広さは脱帽です。

★声優のきっかけはピカチュウから、AKB48を経た異色の経歴(仲谷さん)★
次は仲谷明香さん。幼稚園の頃にピカチュウの声真似をしたところ友達に「似てるねと」言われ、母親から声優の存在を知らされ声優の道へ。当時中学生時代の同級生だった前田敦子さんがAKB48のメンバー入りを知らされ、経済的事情から声優養成所入所を断念したことから「声優へのステップになるかもしれない」との思いでAKB48入りを決意しオーディションに3期生として合格。その一方で『もしドラ』の北条文乃役を担当し声優としての活動を経験。元々声優志望を公言していたことから2013年3月6日にAKB48を卒業し、声優の道に進むことになりました。
ハピプリOPの『ハピネスチャージプリキュア!WOW!』で初めてアニメ主題歌を担当。自らオーディションの応募したデモテープの曲が『DANZEN!ふたりはプリキュア』と縁の深いものです。

★ヒロインを射止めたルーキーイヤー。今後に期待大(深川さん)★
最後は深川芹亜さん。高校時代に故郷の佐賀県から上京し、学生生活を経験。それと並行する形で大手事務所系の養成学校で修行を積み、2014年声優デビュー。この年に『グラスリップ』のヒロイン・深水透子を演じ、いきなりの主役抜擢となりました。この経験は今後の楽しみな存在として活躍してくれることでしょう。


関連記事
スポンサーサイト
ハワイ在住の双子、オハナ/キュアサンセットとオリナ/キュアウェーブからなるアロ~ハプリキュアと、突然大使館のめぐみ達の前に現れた妖精アロアロ。初登場時は性格の違いからか初期の響と奏のように喧嘩が絶えず、大使館のミラーを通りハワイに来ためぐみ達とゆうこの説得、ゆうこが持って来たおおもりご飯の料理で和解、氷原と化したハワイではハピネスチャージプリキュアとともに活躍しサイアークを浄化しました。その後、誠司が操られた46話では氷川まりあ(キュアテンダー)らとともに再登場を果たしています。レギュラーかどうかは問わず、双子プリキュアはシリーズ初です。ちなみにハワイといえば、ハワイ担当の幻影帝国幹部マダム・モメールがいて、このエピソード以来登場しておらず、アロ~ハプリキュアによって浄化された可能性があります。
2人を演じた吉田さんと仲谷さんのように、主題歌担当アーティストが声優として参加する例は、正式なプリキュアでは真琴(宮本さん)が、プリキュアでなくとも映画などで数々のキャラがいました。
一方、アロアロ役の深川さんはウィキペディアでは「佐賀県、東京都出身」とあります。ハピプリではアロアロのほか、真央の友達や女生徒を演じていました。所属事務所のアクセルワンはS☆Sでゴーヤーンを担当した森川智之さんを代表取締役として迎え、所属するプリキュアの声優としてはのぞみ役の三瓶由布子さんや響役の小清水亜美さん、ラブ役の沖佳苗さん、スイプリでマモルを演じた折笠愛さん、次のGoプリでカナタ王子を演じる立花慎之介さんらがいて、「NARUTO」でうちはサスケと春野サクラを演じている杉山紀彰さんと中村千絵さん(お2方ともプリキュアシリーズ未登板)もここの所属です。
ちなみに森川さんはハミィ役の三石さんや真央役の菅谷さん、ブンビー役の高木渉さんらとともに勝田声優学院の出身で、映画ハピプリでもブラックファングを担当しています。2011年にはアーツビジョンから独立し、福山潤さんとともに「アクセルワン」を設立しました。
[ 2015/01/25 07:42 ] [ 編集 ]
性格が対照的な双子の姉妹。モメールに敗北した事で不仲になる点は、初期のひびかなと連想させる。
オハナは考えなしに動き、気の強い性格でもある為、妹からは「わがまま」と批判されていた。逆にオリナも頼りないところもあると姉に批判されていた。

中の人は歌手。これはまこぴー、つぼみの中の人も同様。
ハワイはモメールによって極寒になるも、最終的には元どおり。モメールは作中には触れてないだけで敗北したらしい。
[ 2015/01/25 12:22 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん
>ドルフィンビーナスさん

今回はお二方の返事をまとめておきます。

>初期の響と奏
>初期のひびかなと連想させる。
これは何かと懐かしい関係でした。ケンカしたのかと思いきや、デレが入ってだんだんいい雰囲気になっていきました。アロ~ハもいい感じで和解していく姿はいい感じですね。

>モメール
彼も話に絡んできそうでしたが、結局はアロ~ハメイン回のみ。濃いキャラでしたから1回だけではもったいない気がします。

>主題歌担当アーティストが声優として参加する例
フェアリートーンを演じた工藤真由さんもいい味出していました。いつかプリキュア関係の曲をもう一度担当してほしいですね。

>ハピプリではアロアロのほか、真央の友達や女生徒を演じていました。
深川さんは今日のプリキュアでキュアシェリーを演じていました。ゲストとはいえ、プリキュアと妖精を演じたパターンは小堀幸さんと同じですね。

>アクセルワン
社長も務める森川さんを筆頭に多くのキュア声優たちがいますね。未出演の声優も登場しそうな。
[ 2015/01/25 15:01 ] [ 編集 ]
あれ?いつもは、最後は、サイアークの記事のはずなのにwww

仲谷さんは、元AKB48でいろいろ賛否両論がありました。
今は、元AKB48から声優を目指している模様。
吉田さんは、3年間もプリキュアのED歌ってくださって、本当にありがとうございました。正真正銘のプリキュア歌手ですね!

そんな2人にサプライズなのか多分サプライズなのだろう。
アロ~ハプリキュア!簡易ながらも必殺シーンが用意していて、夢がかなってよかったと思います!
[ 2015/01/25 18:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。