今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

ハピプリ49話(最終回)・愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス! 

幸せハピネスなラストを見届けよう!

第49話(最終回)『愛は永遠に輝く!みんな幸せハピネス!』

1年間に渡ってお届けした『ハピネスチャージプリキュア!』
最後の戦いの末は?そして地球の平和は??

大団円のストーリーはどんな内容だったか!

(C)ABC・東映アニメーション



「俺は愛など持ち合わせていない」
否定的なレッドにめぐみは愛を武器にぶつかる!

俺は愛など持ち合わせていない!今もあなたの心の中に愛はある
あっ!ああっ!

「永遠の愛…、ゆえにフォーエバーラブリーというわけか……」

俺の全力を持ってお前と共にこの世界を終わらせよう!終わらせないよ、愛も世界も

めぐみとレッド、愛の憎しみの戦いはいよいよ決着へ。

hncp49-lovely-red01.jpg愛を思い出して!
ラブリー…頑張って…

2人の力は互角。レッドの愛の苦しみをめぐみにぶつける!

そのザマでは地球は守れない!アアッ!!

「運命だからあなたの星も地球も消して、本当にそれでいいの?」

勇気、優しさ、希望は…本当にそれでいいの?

「勇気は徒労に終わり、優しさは報われず、希望は砕け散る…。望もうと望むまいと滅ぶのが運命、最後には何もかも消えうせる!この世界に、永遠などないのだ!!」

それでも倒れている人がいたら助けたい!泣いている人がいたら笑って欲しい!だからあなたにも!

「あなたは優しいね、滅びた星を忘れずにずっと思い続けるなんて…、それってとっても強い愛だよ!」

愛は伝わって集まっていくつながっていくから、永遠に消えたりしないんだよ!

「愛はみんなの心から生まれる、愛はアタシたち1人1人の心の中から生まれ続ける!」

もう一度、愛を信じて…幸せになることを諦めないで…

「もう一度、愛を信じて…。幸せになることを諦めないで……」

プリキュア・フォーエバーハピネスシャワー!!

「プリキュア・フォーエバーハピネスシャワー!!」

これが愛か…

めぐみが放った愛の光。地球上に降り注がれ……。

あったかい…できたてごはんみたいに心がホカホカする
できたてごはんみたいに心がホカホカするhncp49-tender01.jpg

この光は暖かな光。めぐみが地球を救った!

hncp49-mercy01.jpghncp49-bonberg01.jpg
hncp4-southancross01.jpgワァ~

「どんなに痛めつけられても諦めない、憎んでも決して揺るがない、なんという愛の力…」

ラブリーの愛が世界を照らしているんだこれはなんという愛の力…

しかし、愛の力の脆さを謳うレッド。その時!

いずれ消えてしまう命、築いた幸せも脆くも崩れ去る…だからこそ…愛おしい

「レッド……いや、兄さん」

大丈夫です、兄さんならできますよ地球と惑星レッドは兄弟星なんだ

ブルーとレッド、地球と惑星レッドは兄弟ゆえに表裏一体の関係……。

俺は自分の星を滅んでしまった絶望のあまり地球を羨んでしまった…自分の星の醜さからいつしか俺はブルーを憎むようになった…

「みんな心に鏡を持っている」というOPの歌詞の如く…。

心の鏡に憎しみや悲しみが映れば広がるでも強い愛があればみんなの心に愛が広がり、世界に愛が満ちていく
ラブリーの愛がみんなの心を照らし愛を再び蘇らせた…みんなのおかげでレッドと地球は救われた…、本当にありがとう

ブルーは惑星レッドを蘇らせるために地球を去ることに。
これもめぐみが貢献した愛の力…。

惑星を蘇らせる手助けをしようと思っているそう思うようになったのもラブリーたちのおかげ…
あなたたちを見ていたら、私たちもレッドの力になりたいと思ったの誰かと一緒ならどんな困難も乗り越えられると思う、みんなのように…

「神も一人きりでは不安になったり、時にはくじけたりするけど、誰かと一緒ならどんな困難も乗り越えられると思う、みんなのように…」

また地球がピンチになったらヤバイぜ!大丈夫だ、地球には俺たちがいる!

「地球には俺たちがいる」ファンファンの言葉は力強く感じて頼もしい!

これは僕から君たちへの感謝の気持ちだみんなに幸せハピネスが訪れますように…

ブルーはめぐみ達に愛の結晶をプレゼント。
このプレゼントを胸にブルーたちは旅立った……。

みんな元気で……バイバイ、ブルー…

おや、どこかで見たような…?

重い荷物だが、本官に任せてOKだ!う~ん、最高よ
幹部になってしまった理由を!恋愛でゴタゴタがあって…

縁は異なもの。人とのつながりはこれでできている………。

私が投げた結晶がたまたまめぐみに当たって…そのおかげで地球は救われたのだ!

次のつながりを探すために、これからもめぐみ達は広げていく…。

これが当たった人と友達になるの!ちょっと待ちなさい!
私は当たった人と一緒にご飯食べようっとアタシは誰にしようかな…

めぐみと誠司、やはりお似合いのカップルでした。

大切な人ができたら…って、同じだね

ということで、愛の重さを思い知った最終回。小さくてもつながれば大きくなる。ゆえに縁は異なものと読める内容でした。
意外なものだったか、必然か。ブルーとレッドは表裏一体の関係だったことが明らかになりました。双子のような姿から読み解けた人もいることでしょう。
めぐみと誠司が想う「大切な人」とは?これを見ると想像できそうですね。

大切な人はそばにいた…

と、ここまでは最終回のレビュー。恒例となる年間通しての総括レビューはまた後ほど。
関連記事
スポンサーサイト
いよいよ、ハピネスチャージプリキュア!大団円。最終回となりました。
フォーエバーラブリーとレッドとの最終決戦。愛は幻と言わんばかりのレッドに対し、ラブリーは、真っ向から否定。愛は幻なんかじゃない!愛は永遠なんだと。
1年間「愛」とはなんだったのか…。それは、愛は心にあり続けるのではないのか。憎しみに変われば、それは憎しみに支配される。そういうことなのかなって思います。
でも、愛は脆いものでもある。それは、人それぞれの価値観だなと思います。

最終回で、レッドはブルーの兄だったとは… いや、この兄弟どちらも、迷惑やなと思いました。衝撃のカミングアウトでした。

一方、あれ?三幹部??元々、人間でしたかwww 俺好さんは、警官。星岩さんは、先生。ナマケルダ…じゃなくて、生瀬さんは、しがないサラリーマンですかwww まったく、社会は面倒くさいばかりじゃないですぞww 増子さんなぜかインタビューしてたけどww

愛の結晶を投げたことで、偶然めぐみがプリキュアになり、世界を救うヒロインになった。1話とリンクしていたこともありましたね。

ファンファンは、ファントムの姿に戻れるんですね~ ということは、浄化済みのアンラブリーさんにもなれる可能性がががが… 一番幸せなのはファンゆうなのかもしれない。

次回は、バトンタッチプリキュア!もあったことだし、Go! プリンセスプリキュア 新規スタートですね!!

私も後に1年間の総括を今年も行いたいと思います。
[ 2015/01/25 13:59 ] [ 編集 ]
レッドの野望を阻止したフォーエバーラブリー。なんと、レッドはブルーの兄だったのだ! 
ラストボスも含め、全ての敵と和解したのはスイートプリキュア以来となる。それ以来は何事もなかったかのように、普通の生活を送る。そこには見覚えのある顔が! オレスキートリオも元々は普通の人間で、レッドにつけ狙われ悪堕ちした存在だったのだ。

災いは、ブルーがミラージュの恋心を拒否し、彼女を落ち込ませた事から始まり、更に彼はミラージュをアクシアに封印してしまう。
第三者に唆されたひめがアクシアを開けて、全ての世界に災いが降りかかってしまった。それと同時にキュアテンダーが敗北した為に、ひめはいおなに敵視されていた……。
特に心に残ったのは20話。ひめといおなに関してあらゆる意見が対立しそうと考えた事もありました。

多分幻影帝国の幹部もアクシアに引きずり込まれていたのかもしれない。

来月からプリンセスプリキュアが活躍。はるかは親元を離れて、ノーブル学園にやってきた13歳。実はその学園は全寮制(因みにアイカツ!のスターライト学園、学園アリスのアリス学園もそれである)。プリンセスに憧れる点は「明日のナージャ」に登場する問題児、ローズマリーと彷彿させるだろう。些細な事からプリンセスプリキュアに導かれたはるかに待ち受ける困難とは?
[ 2015/01/25 14:39 ] [ 編集 ]
めぐみがフォーエバーラブリーに進化する際、まりあやアロ~ハプリキュアをはじめ地球上すべての人の力が少しずつ集まるいわゆる「元気玉方式」という感じがしました。そういえばMHの「プリキュア・マーブルスクリュー・マックス」も「元気玉方式」だったような…。
めぐみの進化で、レッドとは互角の力に、そして鏡に封印されていたひめや誠司達も復活! めぐみとレッドの闘いを見守るひめ達。
めぐみ「あなたは優しいね。滅びた星を忘れずにずっと思い続けるなんて…。」
めぐみはレッドを抱きしめ、フォーエバーハピネスシャワーによりレッドを浄化!
ゆうこ「この光は、出来たてご飯みたいに、心がホカホカする…。」
ゆうこは最終回でも「ご飯」のキーワードを口にしてくれました。しかも、レッドとブルーは兄弟、地球と惑星レッドも兄弟星だったという…!
ブルー「僕は地球を去ることにしたよ。」
それは、惑星レッドを再生するためだという…。そしてブルーは愛の結晶をめぐみ達に託し、レッド、ミラージュとともに旅立っていった…。
ひめ「神さまも元気で!」
ゆうこ「しっかりご飯を食べて、頑張って!」
いおな「神さま達の幸せを、祈ってます!」
ブルー・レッド・ミラージュ
 「「「ありがとう。」」」
フレプリにおいて、ラビリンスを再生するために隼人や瞬とともにラビリンスに戻ったせつなを彷彿させる感じがありました。せつなのように、オールスターズ映画でのブルーはぴかりが丘に戻っていたり(そのときはミラージュも一緒に?)…。
めぐみ「バイバイ、ブルー…。」
よく見ると、レッドの衣装はサイボーグ009を思わせる感じですし、中国拳法家っぽくも感じました。
オレスキートリオも再び登場してくれた!オレスキーは警察官、ホッシーワは保育士の「星」、ナマケルダはサラリーマンの「生瀬」として(オレスキーだけは名前が明かされていないという)…。とくにホッシーワは保母である点、サソリーナを思わせる光景です。オレスキーのシーンに映画ハピプリのつむぎが1カットだけ登場、ジョギングをしていた!相変わらず会社通いが「面倒臭い」というナマケルダ、そこに美代が登場しマイクを向ける。美代はブルーからもらった愛の結晶を大事にとっていた!ナマケルダは美代をサイアーク化した張本人であり、意外な形での再会となりました。そのナマケルダと美代を見ためぐみ達は、
めぐみ「あれって元ナマケルダ?」
いおな「人間に戻ってたのね!」
ひめ「元気そうで、よかったですぞ。」
オレスキートリオの正体はそれぞれ警察官、保育士、サラリーマンで、おそらく何らかの形でレッドに洗脳され、幻影帝国の幹部にされていたと考えてもよさそうな気がします。ホッシーワにもサソリーナのオマージュがあったという…。ひめの両親についてはありすの母(名前は「四葉祥子」というらしい)と同じようにとうとう声が明かされず、残念な気がしました。
ファンファンはというと、おおもりご飯においてファントムの姿で調理をしており、その味が好評だという…、ファンファンは今もファントムの姿になれるようです。めぐみと誠司が語る「大切な人」とは果たして…?
「春のカーニバル」ではいおなや変身前のゆうこ、ぐらさんがオールスターズ初登場となるようです。もし誠司やミラージュ、ファンファン、オレスキー達、そしてドキプリからもレジーナやセバスチャンが登場すると楽しそうな…?
ハピネスチャージプリキュアは、ラブ達やマナ達のように自らをプリキュアと明かすと思われていましたが、結局そのようなことはなかった…。
最終回恒例のエンドカードですが、予想通り誠司とブルー、ファンファン、そしてミラージュがいました。まさかオレスキー達やまりあ、美代、それにチョイアークまでいるのは意外でした!
意外なのは、めぐみとはるかのツーショットシーン。
めぐみ「みんな、今まで応援してくれて、本っ当にありがとう!」
はるか「その気持ちを受け継いで、わたし達も頑張るね!」
めぐみ「うん!これからもみんなが、笑顔でいられますように!」
めぐみ・はるか「「ハピネスチャージ!」」
そこにひめ達がいたら楽しかったのに…。
ひめ「めぐみったらずるーい!…てな訳で、みんなの応援は嬉しかった。みんなと過ごした時間は忘れないよ!」
ゆうこ「これからも美味しいご飯を食べて、しあわせ満腹だよ!」
いおな「きっと春の映画で会える日を、楽しみにしているわ。」
リボン「わたし達も会える日を楽しみにお待ちしているですわ。」
ぐらさん「約束だぜい。」
ファンファン「そうだ、約束だぞ。」
ブルー「必ずみんなと何処かで会えることを、信じているよ。」
ミラージュ「そうよ。きっと必ずみんなと会えるわ。」
誠司「いつかまた、何処かで必ず会おう!」
めぐみ「せーの!」
めぐみ・ひめ・ゆうこ・いおな
 「「「「みんなで幸せ、フルフルチャージ!!」」」」
来週からは「Go!プリンセスプリキュア」がスタート。その展開も楽しみです。
[ 2015/01/25 15:05 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

>1年間「愛」とはなんだったのか…。
本作品のテーマとして「愛」を強調した話が多く、その重さを実感しています。このヘビーさは見た人にしか分からないことでしょう。

>それは、人それぞれの価値観だなと思います。
大まかに言えばその通り。「十人十色」という言葉がありますから、自分の見合った丈がその人に合っているのだと。

>最終回で、レッドはブルーの兄だったとは…
ほぼ予想が当たった人がいるようです。ブルーとレッドという宿命を背負った間柄ゆえにシンメトリーな関係だと。

>一方、あれ?三幹部??元々、人間でしたかwww
彼らはどうなったんだよと心配していましたが、元の生活に戻っていたことに安心しています。どちらかといえば報われたほうかな。しかし増子美代さん、なんという露骨なインタビューをするのかw

>1話とリンクしていたこともありましたね。
当時面白くなりそうだと感じていましたが……。本当に1話が懐かしく感じています。

>一番幸せなのはファンゆうなのかもしれない。
やはりこの2人はお似合いのカップルですね。浄化後もファンファンは人間に変わる能力を持っていたのね。

>バトンタッチプリキュア!
今年からの恒例行事にして欲しいと思っています。10周年のキリ番から始められるという縁起物かつ、10代目プリキュア登場に相応しいものですから。
[ 2015/01/25 21:19 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

>全ての敵と和解したのはスイートプリキュア以来となる。
ブルーとレッドは兄弟の間柄など最終回は衝撃的事実の応酬が続きましたが、和解エンドもありと判断しましたか。話の重さから中だるみが目立った中でこのエンドはよしとしたいところですね。

>特に心に残ったのは20話
>多分幻影帝国の幹部もアクシアに引きずり込まれていたのかもしれない。
ストーリーが複雑な構成の中、感情的かつ自分を見失ったいおなの心理描写が現れていました。やはり元凶はアクシアだと感じた人もいるようです。

>プリンセスプリキュア
桃キュアが中1かつ、中1が2人と中2が1人の構成は斬新。重苦しい印象が残る『ハピプリ』とは一線を画することができるのでしょうか(個人的に明るい話が多くなってほしいですね)。
[ 2015/01/25 21:35 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>元気玉方式
同じ東映アニメーション作品の『ドラゴンボールZ』の主題歌の歌詞にこのフレーズがありますね。やはり「塵も積もれば山となる」ということわざがあるのですから。

>ゆうこは最終回でも「ご飯」のキーワードを口にしてくれました。
これがゆうこの特長且つ魅力。食べることの幸せが彼女の説得力を際立たせているからでしょう。

>ラビリンスを再生するために隼人や瞬とともにラビリンスに戻ったせつなを彷彿させる感じがありました。
メビウスの支配下にされた世界のラビリンス。「迷宮」を英語にしたものですが、元々は普通の世界でしたからこれは俗称のようなものでしょう。

>よく見ると、レッドの衣装はサイボーグ009を思わせる感じですし、中国拳法家っぽくも感じました。
009風の衣装は中の人つながりのネタっぽいですね。これに限らずもっと遊び心を取り入れて欲しかったと思います。

>オレスキーだけは名前が明かされていないという
後日発売を予定しているブックで紹介して欲しいと思っています。個人的予想は「折杉(おれすぎ)」かな。

>ひめの両親についてはありすの母(名前は「四葉祥子」というらしい)と同じようにとうとう声が明かされず、残念な気がしました。
これも残念なことでした。めぐみとレッドに重点を置きすぎて時間が割けなかったからでしょうか。

>春のカーニバル
オールスターだからといって過度の期待は禁物。登場するのはほんの一握りですし、声が付くのも更に低くなる傾向ですから。

>エンドカード
これまでにない賑やかさが際立っていますね。キャラデザ担当の佐藤雅将さんの意気込みを感じさせるようです。

>そこにひめ達がいたら楽しかったのに…。
これも「プリンセスつながり」というのか。

最後のメインキャラのメッセージを読んでみたら、実際に言っていそうな気がします。そのメッセージに応える形で『Go!プリンセスプリキュア』に期待しましょう。
[ 2015/01/25 22:05 ] [ 編集 ]
スマプリでは東日本大震災という絶望。
ハピプリでは3.11以降の地球、つまり「放射能」サイアークという絶望。
絶望という脅威・戦慄はプリンセスプリキュアに引き継がれていった。
[ 2015/02/01 18:46 ] [ 編集 ]
現実で言えば「原発事故が惑星レッドを刺激した」てことかな…?
[ 2015/02/05 22:47 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。