今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリキャラガイド03・天ノ川きらら/キュアトゥインクル 

第3回はキュアトゥインクルに変身する天ノ川きらら。
とてもズバ抜けて可愛いですね!!


トップモデルになることが私の夢…煌く星のプリンセス!キュアトゥインクル!

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★天ノ川きらら(あまのがわ きらら)/キュアトゥインクル
★声★山村響(やまむら ひびく)
★キャラ像★

はるかと同学年(中学1年)のノーブル学園に通う少女。学園生活の傍ら、人気ファッションモデルとして多方面に活躍中。普段はマイペースだが、トップモデルになることを夢見て直進する力を持っている。変身アイテム「プリンセスパフューム」で星のプリンセス・キュアトゥインクルに変身。モチーフは神話「牛郎織女(ぎゅうろうしょくじょ)」の織姫から。


このツリ目がチャームポイント!期待が大きいキャラですね。

★歌唱力もピカイチ。これはみんなの心にどう「響く」?★
今でもまだ夢を見ている感覚です。トゥインクルとして、夢を、キラキラを沢山お届けできるように精一杯がんばります。よろしくお願い致します!(東映アニメーション公式より)

…と語る山村響さん。新人時代「Dream Factory The Debut 新人声優オーディション」で歌唱賞を受賞した歌唱力の持ち主で、別名義の「hibiku」で歌手活動もしています。ちなみに芸名の「響」は綺麗に響く音、「hibiku」は心に響くようにという願いを込めたもの。
声優業でも実力をつけており『蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-』でメインキャラのハルナを好演。この実力は声優界を響かせられるのでしょうか。
関連記事
スポンサーサイト
先行変身バンク等で、巷で話題のキュアトゥインクルは、見た目には、中学1年生には思えないほどのルックスで、モデル志望という。

かつてモデル志望のプリキュアがいたけど、まぁ、こちらは、既に「スーパー」モデルであり、健康には気を使いそうですね。
これで、もし、話し方が、ボーイッシュだったら…。

色々、嵐を巻き起こしそうですね。
[ 2015/01/29 22:14 ] [ 編集 ]
キュアトゥインクルこと天ノ川きららは、はるかと同じノーブル学園の中学1年生。ファッションモデルとして活動するところ、芸能活動をしている美希やうらら、真琴に通じるところがあります。「トゥインクル」と聞いただけで童謡の「キラキラ星」やサンリオのキャラクターである「リトルツインスターズ」のキキとララ、さらには大井競馬場(東京シティ競馬)のトゥインクルレースを連想させたりもしました。
きららを演じる山村響さん、この名前はキュアメロディ・北条響を連想させるかのようですが、山村さんの読みは「ひびく」です。代表作として「蒼き鋼のアルペジオ -アルス・ノヴァ-」のハルナをはじめ、「トリコ」の小麦生地、「僕は友達が少ない」の冬木陽子などを持ち、「けいおん!」「みつどもえ」「伝染るんです。OVA版」などのキャラクターを演じています。劇場版エヴァンゲリオンにおいてもオペレーターの声を担当していました。さらにありす役の渕上舞さんとともに「Trident」として活動、アルペジオのEDを担当しました。もうひとりの沼倉さんはプリキュアシリーズ未登板で、Goプリに登板してくれるか期待があります。Goプリ3人(はるか、みなみ、きらら)の声優のうち、はるか以外はプリキュアシリーズ初登板となります。
[ 2015/01/29 22:46 ] [ 編集 ]
はるかと同学年であり、現役モデルでもあるきらら。プリキュアに導かれた者がモデルという設定は美希以来となり、黄キュアが芸能活動をしているのはうらら以来となる。
トレードマークは釣り目(強気なキャラクター、クールなキャラクター、ツンデレ、悪役などに用いられている)。黄キュアの殆どは垂れ目が特徴で、癒し系が主流。基本的にはマイペースだが、トップモデルになるなら努力を惜しまない。

織姫とは七夕伝説のヒロインで、ある星座のベガが彼女である。天の神の娘。序盤は働き者であったが、牛使いの青年(彦星)に好意を寄せるようになってからは仕事に目を向かなくなる。父親は2人が仕事をサボっていた事で牛が痩せ細ったり、村人の服が古くボロボロになったという苦情を聞く。
全てを知った天の神は激怒し、天の川を広げて織姫と彦星を引き離してしまった。二度と彦星に会えなくなったと泣き崩れる娘に彼は、再び仕事に熱を入れるのならば、一年に一度だけ彦星に会わせてやると伝える。

因みに織姫モチーフのプリキュアはキュアウィンディ以来。ベアワンピに近いコスチュームはレギュラーキャラでは初(脇役も含めば、前作のアローハプリキュアもそれだが)。オレンジ髪の黄キュアはロゼッタ以来となる。
[ 2015/01/30 06:32 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

開始前から早くも話題騒然のきららですが、期待されているゆえに結果を残せなかったハピプリの挽回キャラとしても活躍してほしいと思っています。

>もし、話し方が、ボーイッシュだったら…。
それはそれで可愛いと思っています。ストーリー展開次第ですが、きららは好キャラになることは確定でしょうね。この先は明るいみたいな。
[ 2015/01/30 19:04 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>芸能活動をしている美希やうらら、真琴に通じるところがあります。
これもアイカツやプリパラに影響されているのか、この手のキャラが登場してきましたね。私は「ハピプリの次は3人ともアイドルだろうな」と考えていましたが、毛色を変えてきた(いわばゴージャス路線)アイデアに脱帽です。

>トゥインクル
私も同じことを考えていました>サンリオ

>キュアメロディ・北条響
メロディとトゥインクルはツインテールのツリ目のほかにも、キャラと声優の名前が「響」(読み方は異なる)という共通点があります。

>山村響さん
出演作の大半が深夜アニメですが、ここに来てキッズ枠初登場ということで知名度がグンと上がりそうですね。

>Trident
まさか渕上舞さん「アイカツ」の藤堂ユリカ様を演じる沼倉愛美さんとトリオを組んでいるとは!3人とも女児系アニメに出演しているだけに共通点も増えそうです。
[ 2015/01/30 19:17 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

きららは黄キュア特有のあざとさはあるものの、ツリ目を使ってくることは革命的とされます。それだけ革新的に動くということは、10代目に相応しい活躍が求められるといえるかもしれません。

>織姫
やはり自業自得なものの、悲しい事実を味わったことで悲劇を生む話。とはいえ長年に亘って受け継がれる物語からきた「七夕」は夏を彩る祭事といえますね。
やはりどのみちきららのほか、みんなハッピーエンドに終わって欲しい。そう願っています。

>キュアウィンディ
変身するのが初登場時では舞でしたが、終盤で薫が変身する「別の2人が同じ姿のプリキュア変身する」きわめて異例のケース。煩雑さから再登場は難しそうですね。
[ 2015/01/30 19:39 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。