今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリ01話・私がプリンセス?キュアフローラ誕生! 


第1話「私がプリンセス?キュアフローラ誕生!」

(C)ABC・東映アニメーション


私、プリンセスになるもん!

幼少の頃のはるかから物語は幕を告げる…。

この絵本のような…

突然はるかの前に現れた謎の少年・彼の名は…

君がその夢を大切にすればきっとなれる…

カナタという名の少年。プリンセスパフュームを渡され、その場を去った…。

私、プリンセスになる!!

ということでスタートしたGoプリ。第1話限定でこのような出だしにしてみました。
プリンセスを目指す3人が戦うプリキュア。今回ははるか紹介のエピソードです。

いよいよ第1話スタート!

強く、優しく、美しく、真のプリンセスを目指す3人の物語。夢へ向かって、Go!プリンセスプリキュア!


新しい生活が始まる…

物語は現代へ。新生活の始まりです。

ここがノーブル学園…

いよいよノーブル学園での生活がはじまったはるか。

自分で決めた道なんだから、しっかりね!

早くも溶け込みそうな予感…?はるかはハイテンションです。

これオシャレ~

ルームメイトの七瀬ゆい。かわゆすぎる!!

私、ルームメイトの七瀬ゆい

ゆいが学園を紹介。はるかはなんだか楽しそう!!

ここで踊ると楽しそう…

有名人たちもいる学園。生徒会長や…。

生徒会長の海藤みなみさん

人気読書モデルもいます。

私の部屋…どこ?

ゆいの夢は絵本作家になること。なりたい夢についてはるかは……。

私は絵本作家になることが夢なの

やはり恥ずかしくてい言えるはずなし。タヌキがいるとごまかしてしまいました。

御伽噺のプリンセスになりたいなんて言えない…

そんなとき、はるかの運命を変える瞬間が訪れます。

タヌキがしゃべったーー!!

タヌキとインコらしき妖精が!!

ワーツ!!

「僕たちはホープキングダムのロイヤルフェアリーだロマー!!」

僕たちはホープキングダムのロイヤルフェアリーだロマーー!!

妖精たちは危機一髪が迫っているらしく…。

伝説のプリンセスプリキュアの復活なんてさせねぇぜ!

目の前に現れたのはクローズ!彼はゆいを狙った!!

ガシャーン!

ゼツボーグ誕生!はるか達を襲っていく!!

キャー!!

危機を救うことができるのはプリンセスプリキュアだけだと聞いたはるか。
ついに万策尽きた……?

夢をバカにして冷やかすクローズにはるかが本心を告げる!

私はプリンセスに…、なりたいの!!

ドレスアップキーが光った!
半信半疑もはるかの「決意」、いよいよ変身!

光った!?

「咲き誇る花のプリンセス、キュアフローラ!!」

咲き誇る花のプリンセス、キュアフローラ!

とにかく初めての戦いゆえに戸惑うはるか。
ここは妖精たちのサポートで凌いだぞ!

あれ?どうすれば??なんとなく分かった!気がする

「冷たい檻に閉ざされた夢、返していただきますわ、お覚悟はよろしくて?」

お覚悟はよろしくて?

イメージがはるかの力を加速!さぁ、トドメだ!!

プリキュア・フローラルトルビヨン!!

「エクスチェンジ、モードエレガント!」

ごきげんよう!

「舞え、花よ!プリキュア・フローラルトルビヨン!!」

これでこの子の夢は戻ったロマ

こうして初陣を飾ったはるか。パフとアロマはホープキングダムからやってきた妖精らしく…。

プリンス・ホープ・グランド・カナタ様だロマ!

幼馴染は王子だった!これを聞いたはるかは仰天!!

王子様~~!?

第1話はいきなりつかみはOK!というベタな展開。清々しい話は朝にピッタリかつハピプリにはなかったゴージャスさが目新しく感じました。しかも気分を晴れやかにしてくれるまさに「ニチアサ」らしさ。今週はヨルダンの人質殺害のニュースで潰れるかなと思ったのですが(トッキュウジャーは休止…)、放送してくれたのでホントによかった!

今回もMIKIKOさんがダンス担当

来週はみなみの紹介エピソードです!

ご機嫌よろしくて?
関連記事
スポンサーサイト
ということで、じゃ!またね!!から1週間。
一時は、イスラム国関連で、記念すべき1話が流れるかと思ったが、無事に放送できました…。

改めて1年間よろしくお願い致します。

今年は「強く・優しく・美しく」をテーマに Go! プリンセスプリキュアが、地球を平和を守ります。今回のスタッフは全員若手で、まさに「挑戦」がテーマでもあるのではないでしょうか。

で、その1話ですが、主人公の春野はるか、中学1年生。やはりドジだったり、テンション高いところは、主人公である桃キュアポジをちゃんと受け継いでいる感じがしますね~。
クラスメイトの七瀬ゆい。これから先、色々はるかをサポートしそうですね。

ここは、全寮制のお嬢様学校。とにかく校内広いですね~迷ってしまいそうだ。全寮制というと… あの、某作のスターライ○学園をね…
海藤みなみは、中学2年生。今までのプリキュアたちは、中学2年生が主役でしたね。
みなみは、生徒会長で成績優秀で、社長令嬢という。どこかの青キュアを思い出しますね。
天ノ川きららは、どう見ても、大人びているが、はるかと同じ、中学1年生。そして超人気スーパートップモデル。意外にも、はいは~い♪と話し方軽いなぁ~ 小悪魔的な一面もあるらしいが…。

とにかく全員可愛い。

前作よりも戦闘にCGがフル活用していて、スタッフの本気が窺えますね。CGの違和感もほとんどなく、安定して観れます!!

今回のイケメン王子様が、かの岡田やブルー枠になりそうだ…。イケメンは色々この世界では怪しい。

今作の敵は、夢を悪夢に変えて、鍵に閉じ込めるらしい。変身アイテムも、これも鍵なので、これもまた対比な存在ですね。鍵が重要なアイテムとなるようですね。

今年も1年どうやらお世話になりそうで何よりです。プリキュアDCDもICカード制になるので、自分のマイキャラがプリキュアに変身ができるのかな…

次回は、学園のプリンセス。キュアマーメイドが華麗に登場!!今年も目が離せない! では、ごきげんよう~
[ 2015/02/01 22:47 ] [ 編集 ]
幼少時代の春野はるかとカナタとの出会いから、「Go!プリンセスプリキュア」の物語は始まった…。イスラム国のニュースでトッキュウジャーは休止となったものの、プリキュアは無事放送となり安心しました。
所変わって現代。はるかは両親とともにノーブル学園へと向かいます。春野一家が乗っているその車は、スズキ・ハスラー(あるいはそのOEMのマツダ・フレアクロスオーバーか?)のように見えました。
泣き上戸と思われるはるかの父・いぶきを演じるのは松本保典さんで、ジュナやウエスター/西隼人などを演じていたほか、ノリスケという代表作があります。母のもえ役は儀武ゆう子さん、スイプリでも西島和音を演じていました。つまりはるかの両親は、名前に「西」とつくキャラの中の人が演じることになります。そのうえ同じ「春野」という苗字を持つ「NARUTO」のサクラも父親の中の人が同じ松本さんといいます。さらに松本さんは敵からプリキュアの親を演じることになり、過去の例では、
メビウス→青木曾太郎(れいかの祖父)
デスパライア→坂東いすず(マナの祖母)
ポイズニー→蒼乃レミ(美希の母)
などがあります。そしてプリキュアの母で、もえと同じ眼鏡キャラといえば、
花咲みずき(つぼみの母)
菱川亮子(六花の母)
美翔可南子(舞の母)
などがいます。
ノーブル学園は全寮制で、全寮制といえば「アイカツ!」のスターライト学園や「THE かぼちゃワイン」のサンシャイン学園などがそうでした。はるかの台詞に「女子寮」とあることと、番宣の画像に男子生徒と思わしき人物がいることから、男女共学のようです。はるかのルームメイトとなる七瀬ゆいは眼鏡キャラで、その眼鏡はアコや音吉、先生フォームのひめといおなに準じた下縁です。ゆいの夢は絵本作家になることで、みゆきと出会ったら意気投合しそうな…。彼女もまさか中期追加プリキュアか、あるいはミユキ(フレプリ)や誠司と同じようにはるか達がプリキュアであることを知って協力者になるか…のように考えたりもしました。スマプリでも、なおの妹に同じ名前の「緑川ゆい」がいます。
海藤みなみは生徒会長で社長令嬢。生徒会長はかれん、いつき、れいか、マナに次ぐ5人目、社長令嬢という点はありすに通じています。天ノ川きららはモデルである点、美希や真琴、うららを彷彿とさせていますが、「はいは~い、ごきげんよう」という挨拶から話し方は軽いようです。さらに、この学園の挨拶はすべて「ごきげんよう」という、まさにプリンス・プリンセススクールです。
突然はるかの前に現れた妖精のパフとアロマ。
パフ「タヌキじゃないパフ!」
アロマ「インコじゃないロマ!」
この台詞で、キャンディを思い出しました。さらに敵のクローズまで登場、はるかを追ってきたゆいを檻に閉じ込めた!夢を馬鹿にするクローズに、怒りのはるかが本心をぶちまける!
はるか「わたしはプリンセスになりたいの!」
それにドレスアップキーが反応し、はるかはキュアフローラに変身!高くジャンプをして尻餅をつくところ、つぼみとみゆきを彷彿とさせる感じでした。
はるか「高~いっ!」
まさかはるかも高所恐怖症だとか…?もしそうなら、つぼみやあかね、なおに次ぐ4人目になってしまいます。そして、はるかの決め台詞はこれ。
はるか「冷たい檻に閉ざされた夢、返して頂きますわ!ご覚悟はよろしくて?」
これは、亜久里またはありすが発しても違和感はほとんどなさそうです。ゼツボーグを浄化した後、いちいち鍵で檻を開けねばならないという手間のかかることをしています(ハピプリやドキプリなどの場合は浄化後すぐに元に戻っている)。カナタ王子ことプリンス・ホープ・グランド・カナタはホープキングダムを統治している王子で、彼はジョー岡田やブルーと同じポジションのようです。ホープキングダムはすでにディスダーグに支配されているようで、ハピプリで幻影帝国に支配されたブルースカイ王国に通じるところがあります。ディスダークの上層部は闇の魔女ディスピア。敵の上層部が女性という点、デスパライアやクイーンミラージュに次いで3人目です。デスパライアは最終的に改心してココ達に謝罪、ミラージュもめぐみ達に浄化されて改心という…まさかディスピアも終盤で改心するとか考えたりもしました。
クローズ役の真殿光昭さんを初めて知ったのは、映画「ドラえもん のび太と銀河超特急」のアストンでした。ほかの代表作には「NINKU -忍空-」の藍眺、「愛天使伝説ウェディングピーチ」の中畑伸吉、「鋼の錬金術師」のケイン、「銀魂」の伊東鴨太郎、「聖闘士星矢Ω」のエーギルなどがあります。
次回はみなみがキュアマーメイドに変身!ちなみにはるかと同じくプリンセスになることを夢見る少女としては「明日のナージャ」のローズマリーがいて、このローズマリーはナージャ(声は響と同じ)になりすましてプリンセスになると企むという行動に躍り出たりもしました。彼女を演じたのはプリキュアシリーズ未登板で瀬川おんぷ(イメージカラーの紫とアイドル歌手である点が真琴と共通)の中の人の宍戸留美さんでした。
[ 2015/02/01 22:58 ] [ 編集 ]
幼少時代、1人の王子からあるアイテムを受け継ぐはるか。あれから時が経ち、彼女がノーブル学園に通うようになり、ここからストーリーは始まる。
ノーブル学園はアイカツのスターライト学園、学園アリスのアリス学園と同様全寮制の学校。生徒は普段寮で泊まっているのだ。スターライト学園とは異なり、男女共学である。

ノーブル学園にウキウキのはるかに怪物が! 本作も一般人をつけ狙い、怪物を生み出す敵のようだ。その中の一人であるクローズは、キングジコチューやサソリーナ以来となる「短気」な悪役。夢を嘲笑う点はナイトメア一同、ナマケルダと彷彿させる。

決め台詞が若干嫌味w 「〜覚悟はよろしくて?」 某ばきゅーんが言ってもおかしくありません。

2匹の妖精は兄妹で、スマプリ以来となる。

次回はキュアマーメイド覚醒。彼女の普段の生活とは…
[ 2015/02/02 07:08 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

いよいよ『Goプリ』が始まりましたね。昨年は半ば満腹感を抱えながらのレビューでしたが、今年は爽やかになりそうです(寧ろそうなって欲しいな)。

>まさに「挑戦」がテーマでもあるのではないでしょうか。
このところ『アイカツ』や『プリパラ』に水をあけられた感は否めなかったのですが、敢えてアイドル路線をとらずにゴージャス路線でいくという差別化は、オリジナリティを出しているのでしょうな。

>七瀬ゆい
はるかとゆいのコンビは上手くいきそうですね。ゆいのキャラガイドを作るのが楽しみですな。

>あの、某作のスターライ○学園をね…
寧ろかぶっているのは全寮制だけですが、これまでにない豪華さは女児たちを惹きつけてくれることでしょう。

>とにかく全員可愛い。
『ハピプリ』では純朴さを出していましたが、『Goプリ』はビジュアル的にキュートさを醸し出したデザインになっていますね。寝ぼけた眼が覚めそうなピッタリしたデザインはいいと思います。

>今回のイケメン王子様が、かの岡田やブルー枠になりそうだ…。
早くも黒幕説か。と囁かれていますが……。謎を解く1年にもなりそうです。

>鍵が重要なアイテム
文字通りストーリーを読み解く「鍵」になりそうです。爽やか且つ奥の深さに期待したいところ。

>プリキュアDCDもICカード制
ついにICカードを採用しましたか。楽しみが増えるのもいいですが、パーソナルデータなだけに取り扱い注意!
[ 2015/02/02 19:49 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>イスラム国のニュース
いきなり日本を不安にさせたニュースで潰れるかなと思いきや、しっかり放送されました。不安を吹き飛ばすような活躍をGoプリに期待しています。なお、トッキュウジャーは1週遅れが濃厚のようです。

>スズキ・ハスラー
話題の軽自動車ゆえに、春野家はトレンドに敏感でしょうか。実際に軽自動車売り上げNo1の記録を打ち出したのですから。

>松本保典さん
シリーズ出演は3度目。ノリスケが板に付いた感じですが、ここでもいいお父さんになってくれそうです。

>儀武ゆう子さん
儀武さんはシリーズ2度目の出演。松本さんとは「西」つながりと、偶然とはいえいいキャスティングになっていますね。

>敵からプリキュアの親
個人的にはリーヴァ役の飛田展男さんにもやってほしい!

>もえと同じ眼鏡キャラ
滅多にないんですよねぇ>眼鏡の母親
それにしても今回の母親もなかなかチャーミング!

>男女共学のようです。
ちなみにスターライト学園やドリームアカデミーは女子校ですが、ここでも差別化を図っていますね。これもオリジナルの出色でしょう。

>パフとアロマ
この兄妹コンビはにぎやかで楽しそう!

>まさかはるかも高所恐怖症だとか…?
この分だとありえるような。しかしそれは最初のうちになるのか?

>カナタ王子
彼も話の鍵を握りそうなポジションですね。ブルーみたいな鼻つまみ者になってほしくないなぁ。

>闇の魔女ディスピア
キャラクター紹介によると、ラスボスを醸し出している雰囲気ですが、彼女も物語を解く鍵になりそうです。

>ローズマリー
彼女もライバルの存在感が強かったですね。ルンルンもプリキュアに出演してほしいなぁ。
[ 2015/02/02 20:09 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

いきなりイスラム国ニュースとなったのですが、無事放送されました。重厚且つときめいたストーリーは1年間楽しめそうです。

>クローズ
パンクロッカー風のキャラは、そのうち3枚目キャラになるかもしれない。クールなキャラは今週で終わりそうなのですが、彼もなかなかの曲者のようです。

>某ばきゅーんが言ってもおかしくありません。
確かに彼女も王女のパーツからできたキャラですからねぇ。

>彼女の普段の生活とは…
「財閥のお嬢様」(ゆい談)ということが明らかになりました。みなみもどのような「夢」を抱えているのでしょう。
[ 2015/02/02 20:25 ] [ 編集 ]
今回の「プリンセスプリキュア」、第一話は非常に好感触でした。

「私がハピネスチャージプリキュアを嫌いな理由」は完成し、
改善案を「こうすりゃ良かった!ハピネスチャージプリキュア」と題して書いていますが、その傷がみるみる癒えていきます。

第一話の場面1つひとつに、「ウッホウッホホーイ!」と画面の前で小躍りしました。
「そうそう、私が求めていたのはこういう作品だったのだよ!」と大いに頷きました。

特に、「怖さ」を全面的に前に出した悪役が好印象でした。
最近のプリキュアシリーズでは「悪役に可愛げがある」のと、その悪役に対して「最後は許す」というのが半ばお約束になってしまったので、全体的にヒーロー対悪役の戦いが結局プロレスの八百長、馴れ合いに見える、という欠点があると感じていました。
そろそろ「悪役らしい行動を徹底し、華々しく、後腐れなく散る悪役」を見てみたいと思っていました。
「うるせえブッ殺すぞ」感、「話が通じない」感をムンムンと漂わせ、刺刺しいデザインで子供に恐怖を与える今回の怪人には、是非ともメタクソにやられて欲しいです。
なんて言いますが、ここからウェスターやウルフルンよろしく「やっぱり死んで欲しくない!」と思わせるような描写に感化されるかもしれませんが(笑)。
ブンビーさんよろしく「生き残った1人だけ改心して人間の世界で人生をやり直す」という展開も描写次第ではアリになるかな、とは思いますが。

もう1つは、「敵が何故プリキュアの居る所にしか来ないのか」についてワンロジック入っていたことも好印象でした。
全寮制の学校というある意味閉鎖された場所が舞台で、世界征服を目指す敵が毎回そこにしか来ないというのは相応の理由説明がないと違和感になると思うのでそこは一安心です。

敢えて不安な点を1つ挙げるなら、今回はるかのルームメイトとして登場した七瀬ゆいという少女。
彼女、随分と目立っていますが、追加戦士になるのか、はたまた単なるミスリードか、それともハピの誠司のように「正体を知っている協力者」のポジションに落ち着くのか。
それが分からないのが不安です。

今作は、二次創作で仮面ライダードライブとの共演も出来そうです。やるなら現在執筆中の「オールライダー&プリキュアオールスターズ」が完結してからにしますが。

そしてよく見ると、OPの最初の「企画」のクレジットに、初代から5gogoまでのメインプロデューサーを務めた鷲尾天御大が!
私は鷲プリ群がプリキュアシリーズの中で一番好きなので、これは期待したい所です。
[ 2015/02/02 22:06 ] [ 編集 ]
>特撮大魔王さん

>今回の「プリンセスプリキュア」、第一話は非常に好感触でした。
>そうそう、私が求めていたのはこういう作品だったのだよ
のっけから爽やかな雰囲気を捉えられ、私も放送前では期待は半々でしたが、いざ始まってみると豪華さやキラキラが高揚感を高めていました。これは理想のスタートでしょう。ハピプリは3話のきな臭さが尾を引き、気がつけばこのまま引きずっていたのでGoプリは反省点を活かしそうです。

>特に、「怖さ」を全面的に前に出した悪役が好印象でした。
この強面ぶりはインパクトを強く感じさせています。クローズはこの調子で行ってほしいのですが、他の幹部たちはどうなるのか。楽しみですね。

>生き残った1人だけ改心して人間の世界で人生をやり直す
最終的にはこのようになりそうですが、改心するのは殆どになるかも。

>敵が何故プリキュアの居る所にしか来ないのか
全寮制の設定を生かしていますね。これならストーリーが無理なくまとめられるといえるでしょう。

>七瀬ゆい
ルームメイトゆえにどのような存在になるのか。彼女もある意味キーマンとなるかもしれません。

>仮面ライダードライブとの共演も出来そうです。
鎧武と違って雰囲気は明るいから溶け込めますね。たとえ車であろうとライダーはライダー。しり上がりに」調子を上げてきそうです。

>鷲尾天御大
この方はプリキュアシリーズの礎といってもいい人物。ハピプリで落ちた人気をどのように回復させることができるのでしょうか。
[ 2015/02/05 19:37 ] [ 編集 ]
2014年はプリキュア最大の危機でありハピプリはプリキュアシリーズ最高の難易度だった
プリンセスプリキュアはプリキュアファンとしては「日本のテレビ番組の集大成?」が感じられそうな予感
2015年はプリント倶楽部20周年だぞ♫
[ 2015/02/25 22:41 ] [ 編集 ]
勇気100%(オーケストラ・インストスローヴァージョン)
栄光の架橋(シンフォニックオーケストラバージョン)
[ 2015/02/26 12:56 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。