今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリキャラガイド04・パフ 

プリキュアたちのお供を務める妖精をここで紹介。
最初はおっとりとしたオシャレ好き妖精・パフからです。


パフだパフ~

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★パフ
★声★東山奈央(とうやま なお)
★キャラ像★

ホープキングダムに住む妖精で、伝説の戦士・プリキュアを探し出すため兄のアロマと共に人間界にやってきた。性格はおっとりしていて、甘えん坊。オシャレ好きで髪型を整えてくれると喜ぶ。外見はタヌキや犬にそっくりだが、「タヌキ」や「ワンコ」呼ばわりされると激しく怒りだす。キャラ名の由来は香水を英語で意味する「パフューム(Perfume)」から。


今回も可愛い妖精は、どのような活躍をしてくれるのでしょうか。

★演じたヒロインは数知れず。なんとアラサーキャラも好演★
ひがしやま、ではなく、東山奈央さんをご紹介。元々アニメ好きで、中学時代に友人の影響を受け声優の道へ。2010年に『神のみぞ知るセカイ』の中川かのん役と『STAR DRIVER 輝きのタクト』のスガタメ・タイガー役でデビューから間もなくヒロインの座を射止めました。歌唱力も卓越しており、中川かのん名義でアルバムを発表しヒット。その後も『きんいろモザイク』の九条カレン役、『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』の由比ヶ浜結衣役、『ニセコイ』の桐崎千棘役など多くのヒロインを好演。驚くべきキャラは『アイドルマスター シンデレラガールズ』の川島瑞樹役でアラサーキャラを演じるなど幅広い演技力を披露。性格は本人曰く「小心者」と言われていますが、これが東山さんを支える力になっているのかも知れません。
関連記事
スポンサーサイト
ホープキングダムの妖精パフは、「タヌキ」だの「ワンコ」呼ばわりをされると怒り出す、髪型を整えてくれると喜ぶ、この2点はスマプリのキャンディと同じです(キャンディは映画NSでも響から子豚呼ばわりされていた)。プリキュアシリーズの妖精で兄弟という点もキャンディとポップ以来となります。
パフを演じている東山奈央さんは東京都出身、「神のみぞ知るセカイ」の中川かのん役と「STAR DRIVER 輝きのタクト」のスガタメ・タイガー約でテレビアニメデビューを果たしています。このほかの代表作として「咲-Saki- 阿知賀編」の新子憧、「パパの言うことを聞きなさい!」のルナフルール、「べるぜバブ」の幽子、「ラブライブ!」の高坂雪穂、「さばげぶっ!」の豪徳寺かよなどを演じてきました。
プリキュアに続き、妖精の声優の出身地をまとめてみたところ、
東京:パフ、アロマ、ぐらさん、ファンファン、ダビィ、キャンディ、ハミィ、シプレ、コフレ、ポプリ、タルト、シフォン、ナッツ、シロップ、ミルク、ムープ、フープ、メップル
神奈川:シャルル
埼玉:ランス、ココ
静岡:アイちゃん
新潟:ポップ、ミップル
富山:ルルン
広島:チョッピ
福岡:フラッピ
熊本:ラケル
佐賀:アロアロ
北海道:リボン
アテネ(ギリシャ):ポルン
という結果になりました。やはりプリキュアも妖精も東京都出身がダントツです。
プリキュアオールスターズ映画作品では、今作とそれ以前の妖精が旧友の仲であるパターンですが、おそらくパフとアロマもハピプリの妖精であるリボンやぐらさん(場合によってはファンファンも)と友達であると考えられます。また、「春のカーニバル」のゲスト声優として、お笑いタレントのオリエンタルラジオ(中田敦彦・藤森慎吾)が決定しています。お笑いタレントはスマプリ本編におけるFUJIWARAの2人以来です。
[ 2015/02/07 20:17 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

どうもパフとキャンディは何かと因縁が深そうでそうでもなかったり……。

>プリキュアシリーズの妖精で兄弟という点もキャンディとポップ以来となります。
これも因縁めいていますね。偶然では済まされなさそうだ!

>東山奈央さん
私が東山さんを初めて知ったのが『神のみぞ知るセカイ』の中川かのん役。私と本八幡さんが出しても足りないとされるヒロインの数々。経験は5年といえ、これだけ出してもキリがなさそうです。

>妖精の声優の出身地
今回も調査乙です。海外出身は池澤春菜さんですが、父親である作家の池澤夏樹さんの都合によるもの。それにしてもお国自慢ができそうな数ですね。

>オリエンタルラジオ
中田敦彦さんは『エヴァンゲリオン』ファンとしても知られているので難なく溶け込みそうです。藤森信吾さんも得意の自虐ネタを披露してくれるのでしょうか。
[ 2015/02/08 18:18 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。