今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリ05話・3人でGO!私たちプリンセスプリキュア! 

第05話「3人でGO!私たちプリンセスプリキュア!」

(C)ABC・東映アニメーション


あの時の天ノ川さん、キラキラしてた…

「アタシはプリキュアにならないよ」ときららにやんわりと断られたはるか達。
しかし真の結束力が訪れるときが来た!それは…。

いよいよ結束の時きたる!

きららがプリキュアになると信じているはるか。
はるかに直談判されたきららが意外なことを言って来た!

アタシのスケジュールを体験してみる?

タイトなきららのスケジュールに帯同することになったはるか。
そのタイトさとは………。

え、こんなに………だから急いでるじゃん!

分刻みどころか、なんと秒刻みのペース。
はるかはこのスケジュールについていけるのか!?

ポ、ポーズ!?ビシッ

やはりキャリアがモノをいうこの世界。
はるかは思い切り笑いものに…。

ハハハ、それはバレエだよ

やはり人気者はレベルが段違い。

マーブルドーナツ…時間があるから、景気づけに食べよ!

はるかは無論キツく感じていました。
そりゃあ……、ねえ。

アタシもまだ届かないかなぁ

きららにも雲の上の存在が。
スーパーモデルで有名な「ステラ」はきららの母親だったのだ!

ママはアタシのお星様だよ!

「ママはね、キラキラ輝くアタシのお星様……」
って、なにか変だな、「お星様」って。

ママの仕事を知ったときにアタシもモデルに…事務所に申し込んだら受かっちゃって…

きららは親の七光りで運よく合格。
そこからステラの母校の縁でノーブル学園に入学したとのこと。

ボアンヌのショーもママが出たから、気合い入ってるんだ!

カリスマファッションデザイナーのボアンヌのショーに出たステラに続けと、きららは母娘2代に渡って狙い打ち。
尋常じゃありません、この入れ込みは。

ファッションデザイナーのボアンヌでーす!一番キラキラしてる姿、見せてくださーい!

いよいよオーディション開始。きららは夢を叶えられるのか!?

ウフッ!やっぱり何か足りませ~ん!

やはりボアンヌの目は肥えている。なかなかお眼鏡にかなってくれません。

天ノ川さんがプリキュアになったときの星だよ!アッ!

はるかがひらめきを発見!きららには星が似合うという発想が!

ごきげんよう!オー、スタープリンセス!

これで好感触。はるかのアドバイスが功を奏したようです。

天ノ川さんなら絶対合格できるよ!はるはるのおかげで120%は出せたかな?

100%どころか120%。相乗効果は絶大です。

夢に捧げる天ノ川さんの気持ちが分かった!まぁ、それでよかったんだけどさ…

プリキュアよりモデル。きららはそれを割り切っているようですが…。

まだ返事は来てないよプリキュアになるのを断ったのにあんな笑顔で「分かった」って…

「はるはるって、変な子だよね。「プリキュアにならない」と言ったのにあんな笑顔で「分かった」ってさ…」

確かにあの子は変わってるわね海藤みなみだから「みなみん」…でしょ?

みなみもはるかを「変わり者」と認めているようです。
いい意味での「変わり者」でしょう、多分。

いよいよ後がなくなったクローズ。ここはギャフンと言わせるような大きい夢の持ち主を選んだぞ!

誰も解けなかった数式が解けた!ゼツボーグ!

はるかとみなみはゼツボーグと対決!と、その頃きららは。

お電話ですよコングラッチュレーション!

合格の知らせが届いた!そんな朗報の中…。

フローラ、マーメイド!来ないよ、あの人には大切な夢があるから!

きららのことを最初から諦めていたはるか。
それとは裏腹に…。

ゼツボーグ!ウウゥ………

「貸して!パフュームとドレスアップキー!」

アタシにパフュームとキーを貸して!

「アタシはトップモデルになるその夢は変わらない…。変わらないけど、同じくらい大切なモノができたの!だから……、アタシはプリキュアになる!」

アタシに夢と同じ大切なモノができたから……

アロマもこのことにビックリ。いよいよきららが戦線に加わるぞ!

煌く星のプリンセス、キュアトゥインクル!

そんなはずじゃなかった……。
はるかとみなみだけではなく、もちろん彼もだ!

話が違うぜ!!

それぞれ違う誤算。こうしてきららを中心にゼツボーグを退治!

トゥインクルハミング!

クローズに粛清の時、来たる………。

「これ以上無様な姿を見せるな……退け……」

きららが合格の報告。しかし、はるかとみなみは信じられずにいて……。

応援してくれるなら一緒に喜んでよワ~、おめでと~~!!

「プリキュアさ、これからも手伝っていいよ。だってアタシの100%を200%にすればいいだけだよ。はるはるとなら簡単に120%いけたんだし、楽勝だって!」

よかった!100%を200%にすればいいだけだし!

本当の結束が今、始まった……。

これからもよろしくね!

今週はついにチーム結成!プリンセスプリキュアの門出を飾ったエピソード。「お互いに譲れない夢がある」といわんばかりに結束力を得るのも時間の問題でした。消極的だったきららの考えも、前向きにすれば無理なこともできるときららなりの結論を見出したのはお見事でした。お互い下の名前で呼び合い始めて、さぁ、これからがプリンセスとしての始動となります。
一方、クローズの処遇はどうなっちゃうんでしょうか?

フッ、君たちには…

新メンバー登場のディスダーク。彼はどのような活躍をしてくれるのか?

山崎たくみさんでしたか

次回よりプリンセス修行が本格化!新キャラも登場だ!!

バーッチリ修行しちゃいますよ~!
関連記事
スポンサーサイト
本日は、引き続き、きららさん回。
天ノ川きららちゃんは、中学1年生なのに、超人気トップモデルで、分刻みの芸能生活をこなしている。まるで、その姿は、アイ○ツ…
2人合わせれば120%力を発揮できる。200%でも… 王道で良い…。
さて、きららちゃんは、これから、はるはるとみなみんとどう成長していくのか楽しみですね。
モデルが変人なのは、これもアイ○ツ…の流れですね。

負けっ放しのクローズさん。ついに暫定ラスボスから早くもイエローカードです。まだ、3人目の幹部も登場していないにも関わらず小物扱いにw

キュアトゥインクルの変身バンクは、なんか幼女先輩たちに刺激?が強すぎて、なくなく修正がなされたようですね。あれは、枚数いくらなんだろうと勘定したくなる。(おそらく、キュアサンシャインの5,000枚を超えたかも)

次回は、チームが3人になり、本格始動!
6話だけに新幹部「ロック」登場?そして、今後の行方を左右しそうな新キャラも。
では、ごきげんよう~
[ 2015/03/01 17:50 ] [ 編集 ]
前回、スケジュールが多忙なためにプリキュアを断っていたきらら。真琴でさえアイドルとプリキュアを両立していたのですが…。そのきららをプリキュアとしてスカウトしようと張り切るはるか。ところが、きららは自分のスケジュールを体験してみないかとはるかを誘います。きららの秒刻みなスケジュールに、はるかはついていけるか…。
きららの母・ステラは、どことなくやよいを彷彿とさせる形相です。しかもノーブル学園は母校だといいます。そのステラに声が付くならどの声優か楽しみです。個人的にはビブリス役の小林愛さんかレギーネ役の深見梨加さん辺りに来て欲しいのですが…。プリキュアの親族で同じ芸能人系といえば、うららの母の春日野まりあや美希の母の蒼乃レミ、えりかの母の来海さくらと姉の来海ももからがいます(えりかは芸能人ではないが)。
はるか「天ノ川さんがプリキュアになったときのドレス、わたしにはキラキラに見えたよ!」
…って、周りに他の人がいる前で大声で言うとは、ハピプリで誠司や美代の前で変身するという前代未聞の行為をしためぐみと同じヘマをやらかしたりしないかどうか…。
カリスマファッションデザイナーのポロロ・ポワンヌを演じたのは山崎たくみさん。声帯が故・塩沢兼人氏に似ていることから、「聖闘士星矢」のムウや「CVキン肉マン」のジェロニモなどを塩沢さんから引き継いでいます。山崎さんを初めて知ったのは「おぼっちゃまくん」のバス運転士でした。
きらら「はるはるは『プリキュアにならない?』と言ったのにあんな笑顔で『わかった』ってさ…」
きららのプリキュア加入を諦めたような感じのはるか。…というか、きららははるかを「はるはる」と呼んでおり、「別世界では自分が『ハルハル』ではないか?」などのようなツッコミがネット上で出ています。中の人的にはハルカの愛称が「ハルハル」なので。
そこに、はるかとみなみの前にクローズとゼツボーグが。夢を馬鹿にするクローズ、もしマアムとユメタがいたら怒りをぶちまけることでしょうか。白金寮長から(というよりはポワンヌからの電話で)合格の知らせを聞いたきららは、はるか達のもとへ。
きらら「トップモデルになるその夢は変わらないけど、同じくらい大切なものができた!だからわたしは、プリキュアになる!」
かつてスイプリの23話でエレンが発した台詞を連想させました。
エレン「友情とか愛情や信じる心。そう、心の絆をわたしはもう二度と壊したくない。そのための力が、その資格があると言うのなら、わたしはプリキュアになりたい!」
という台詞を…。
再びキュアトゥインクルとなったきららは、ゼツボーグを浄化!
きらら「プリキュア、これからも手伝ってもいいよ」
ここにプリンセスプリキュアは真の結成です! お互いを下の名で呼び合い始めています。そこは過去にも例があることで、スマイルプリキュアのメンバーが増えるごとに下の名前で呼び合ったりもしていました。なおを例にとると、
みゆき「あの、緑川さん」
なお「なおでいいよ。みゆきちゃんとは上手くやれそうだね」
みゆき「うん、じゃあ、なおちゃん!」
さらに、いおなのハピネスチャージプリキュア加入時にも同じことをしています(それ以前は「愛乃さん」「氷川さん」などと呼び合っていた)。もはや下の名前で呼び合うことがプリキュアチームの醍醐味ともいえることです。
「春のカーニバル」の主題歌は「モーニング娘。'15」が担当します。ハピプリOPを元AKB48メンバーが担当するなどしており、今度は乃木坂46やももいろクローバーZなどがプリキュア主題歌に参入すれば面白そうです。
さて…、
いおな「ひめ、あなたいくら何でも牙鬼幻月の幹部なんかになったりして…」
ひめ「違う、それ中の人が同じなだけ!そういういおなだって人のこと言えないじゃん!」
いおな「…あ、そういえばわたしもプリキュアやる前にデーボス軍の幹部やってたわね」
という訳で、「手裏剣戦隊ニンニンジャー」で牙鬼幻月の敵幹部・十六夜九衛門を演じることになったのはキュアプリンセスこと白雪ひめを演じた潘めぐみさんです!ひめの同僚であるキュアフォーチュンこと氷川いおなを演じた戸松遥さんも「獣電戦隊キョウリュウジャー」でデーボス軍の幹部のキャンデリラを演じていました。しかし、いおなの場合はキョウリュウジャー終了時点でプリキュアになったため、今回のひめのケースとは逆の立場です。そこで、「キュアキャンデリラ」に続き早速「キュア九衛門」などといったネタが生まれています。
[ 2015/03/01 18:38 ] [ 編集 ]
仲間に加わることに乗り気がないきらら。そう、モデルの仕事ははるかやみなみが知らない厳しさがある。
ステラと名乗るモデルこそ、きららの母親。このことから親の七光りと揶揄した人もいるのでは?
(余談だがハトプリに、ももかを親の七光りと嫉妬したモデルがいる)

ノーブル学園は全寮制。普通の学校より厳しそうな印象がある。そう、卒業するまで家族と会うことすらも…。

そんな中、クローズが夢を壊すべくゼツボーグを呼び出す。相変わらず夢を馬鹿にする彼。プリ5のキャラがいたらブチ切れるだろう。
他にも女性に見えて実は男、シャットも三銃士の1人。

次回は猫の妖精で鬼コーチ(?)ポジション、シャムールが登場。ぴっちりした成人女性に変身することも可能。
更にロックも初登場。性別が男であれば、イーラ以来の少年悪役となる。
[ 2015/03/01 19:32 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

>まるで、その姿は、アイ○ツ…
スケジュールは分刻み、忙しい…おっと。某アイドルアニメの主題歌ですが、まさにきららはこの流れで行っているような。この雰囲気、嫌いじゃないよホントに。

>2人合わせれば120%力を発揮できる。200%でも… 王道で良い…。
ここで言う120%はフルパワーに2割増しと少し本気になればいいことですが、200%になると2倍の力を出し切ること。即ち更に本気を出すというものです。下手したらきららがくたばりそうです、どうなるのやら。

>ついに暫定ラスボスから早くもイエローカードです。
クローズは「万策尽きたー!」と心の中で叫んでいそうな。こっそり流行を取り入れて……いる場合ではない!何かと気になるクローズは本当にクローズされてしまうのか……。どうなる?

>あれは、枚数いくらなんだろうと勘定したくなる。
今回絵コンテを担当された鎌谷悠さん、お疲れ様でした。どうもきららは早くもスタッフたちに気に入られているみたいですな。

>6話だけに新幹部「ロック」登場?
ロックなだけに、ろくでなしにならないことを祈っています。これでプリキュアとディスダークはフィフティフィフティ。対等を張れるだけにこの展開も楽しみですね。
[ 2015/03/01 20:07 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

ただでさえアイドルと学生の両立は大変なだけに、プリキュアをプラスするとなると更に両立は厳しくなります。しかしきららの意気込みは人の何倍なだけに、超人ぶりはかなり本物。スーパーモデル・天ノ川きららはタダモノではないぞ!

>きららの母・ステラは、どことなくやよいを彷彿とさせる形相です。
早速Twitterでネタになっていました。このデジャブはなんだろうな…。

>個人的にはビブリス役の小林愛さんかレギーネ役の深見梨加さん辺りに来て欲しいのですが…。
更に捨てがたいのはアラクネアを演じた沢海陽子さんとノーザを演じた渡辺美佐さん。なんてったってご両人ともキャメロン・ディアスの吹き替えを担当しているだけにいいキャスティングになるのかも。

>はるか「天ノ川さんがプリキュアになったときのドレス、わたしにはキラキラに見えたよ!」
きらら曰く「はるはるは変な子」と言う理由は、これが要因でしょう。多分。

>山崎たくみさん
この声は不慮の事故で亡くなった塩沢兼人さんを彷彿とさせるだけに、幅広い演技をされる実力派の一人。他に岡野浩介さんも塩沢さんの遺志を引き継ぐ形で演じるキャラがあります。個人的に山崎さんといえば「行け!稲中卓球部」の井沢ひろみ役が特に印象深いキャラでした。

>「別世界では自分が『ハルハル』ではないか?」
そういえば「中の人つながり」ですね。山村響さんのTwitterでもそう仰っていました。

>かつてスイプリの23話でエレンが発した台詞を連想させました。
これがプリキュアの流れなのか!エレンときららは同じ想いだけに意外と気が合いそうです。

>お互いを下の名で呼び合い始めています。
苗字だと「仕事上の付き合い」みたいな間柄っぽく聞こえるのですが、これで違和感は払拭。キャラ紹介エピソードの終了とともに本格的な物語の始まりとなりました。

>「春のカーニバル」の主題歌は「モーニング娘。'15」が担当します。
モー娘。を輩出している「ハロー!プロジェクト」がプリキュアに関わるのは『劇場版MH2雪空のともだち』で主題歌「ギャグ100回分愛してください」を歌ったBerrys工房以来9年3ヶ月ぶりのことです。意外な線では「チームしゃちほこ」や「私立恵比寿中学」のスターダスト系もよさそうですな(でんぱ組はアイカツに関わっているらしいのですが…)。

>潘めぐみさん
戸松遥さんとは逆のパターンですね。2年連続ニチアサ出演なだけに、九衛門もいい雰囲気です。とはいえ、殆どの子供たちは同じ人が演じていると思えないでしょう。これが声優なのですから。
[ 2015/03/01 20:53 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

>モデルの仕事ははるかやみなみが知らない厳しさがある。
モデルの仕事は食生活、睡眠時間、スタイル維持など細心の注意を払うもので、売れっ子のスケジュール並みにかなりタイト。きららはプロの自覚をしているのか、自負心の強さは誰にも負けていないようです。

>このことから親の七光りと揶揄した人もいるのでは?
「親の七光り」は比較的悪い表現とされているだけに、仮にきららがそのことを聞かれると否定的意見を口走ることでしょう。
とはいえ、きららにイヤミはなさそうですし、根はいい子だと思っています。

>そう、卒業するまで家族と会うことすらも…。
全寮制は自立心が育つといわれています。ただし、社交性の苦手な人は向かないと思われますし、十人十色ゆえに得手不得手があるようです。

>プリ5のキャラがいたらブチ切れるだろう。
クローズはいわゆる「俺様キャラ」ですからねぇ。当然でしょうな。

>シャムール
一足早く公式HPで紹介されているだけに、どのようなキャラになるのでしょうか。

>ロックも初登場
見た目から少年キャラになりそうです。やんちゃ坊主キャラの悪どい行動も注目!(個人的に小林ゆうさんが似合いそう)。
[ 2015/03/01 21:30 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。