今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリ06話・レッスンスタート!めざせグランプリンセス! 

第06話「レッスンスタート!めざせグランプリンセス!」

(C)ABC・東映アニメーション
(C)2015年映画プリキュアオールスターズSC製作委員会


遂に3人揃った…

いよいよ本格的に活動開始のGoプリ!
はるかは不安な立ち上がりでしたが………。

それは最初のうち。さあ、はるかは本格的なプリンセスになることができるのか?

いよいよ本格的にスタート!

OPもオールスターズバージョンに!

いよいよ新しいオールスターズに…みんな!劇場に来てくれるかな?

新生オールスターズは賑やかになりそうですね!


学園内でも際立つみなみときらら。

今日もみなみ様は凛々しい…きららちゃんもまぶしいくらいにキラキラ…

やはりはるかは目立つ存在なのか!?

まるで大輪の花…

というか……。

……に囲まれたつぼみのような………

所詮つぼみでしかない?

ハァ…

内心落ち込んだはるか。
さぁ、いよいよプリンセスになるための修行開始!

ポープキングダムに伝わるプリンセスレッスンパッド!

プリンセスレッスンパッドが堂々登場。
目指すはグランプリンセスだ!

プリンセスに必要なたしなみを身につける為のレッスンロマ

「勉強、スポーツ、芸術、料理にマナー、そしてオシャレ……。真のプリンセスに必要なあらゆる嗜みを身に着けるためのレッスン、それがプリンセスレッスンロマ!」

アロマの言うとおりにパッドを操作するはるか。出てきたキャラは…。

ごきげんよう、エヴリワン

ミス・シャムールと名乗る先生。英語混じりで会話していますよ。

挨拶がないのは何故なの、ホワイ!?

最初の授業は、まずはアフタヌーンティーレッスン。

アフタヌーンティーでお客様をおもてなしレッスン

早速どのような実力を持っているのか、試される時が!

こんなアフタヌーンティーかな~ウフフウフ…

はるかのイメージはこのようですが、イメージどおりにいくのか?

熱湯でカップを温めておくと、紅茶が冷めずに美味しくいただけるのよ高いところから勢い良くお湯を注ぐと紅茶の葉が開いて香りが際立つんだよね

紅茶の温度や香らせ方からみなみときららは知識十分。はるかは……。

ウ~ン、開かないよ~またつぼみって言われちゃった…

このポンコツぶりw
今回もつぼみと言われちゃったよ。

そっか、はるはるの夢はそこから始まっているんだね私、立派なプリンセスになれるのかな…

散々な内容に終わったはるかのレッスン。
思わず不安を抱え、弱音を吐いてしまいます。

みんな……、無事だね?

突然、ホログラムのカナタ王子が出現。
どうやらみなみは話したいことがあるようですが…。

君たちを巻き込んでしまい、本当に申し訳ないと思っている…私たちのやるべきことや、彼らについて話したいことが…

王子はディスダークについて語り、王女ディスピア率いる闇の勢力=ディスダークにホープキングダムを奪われてしまったとのこと。

ディスダークによってキングダムを乗っ取られ…王国に住む人々の夢は奪い取られ、絶望の扉の奥に…

王国民の夢はディスダークが仕込んだ絶望の扉の奥に。
王子はそれを防ぐことができず……。

私たちに何ができるか、教えて!君たちに頼みたいことは2つ…

はるか達がそんな王子のためにできることとは何か?それは…。

遠い昔に先代のプリキュアが闇を打ち払ったと伝えられている秘宝が…

ドレスアップキーの蒐集。しかも12個もあるとか!!

12個のドレスアップキーを使えば絶望の扉もきっと打ち破れる…

12個のキーの力を使えば絶望の扉を打ち破ることができるとのこと。
キーは王国民の最後の希望でもあり、ディスピアは邪魔な存在。

ディスピアがキーを見つけ出し、破壊しようとした時に…

ディスピアが見つけて破壊を企んだ時に、キーは光と共に人間界に散らばり…。

光と共にキーは君たちの住む世界へ…

そこでやって来たのがパフとアロマ。王子の使命感も背負いながら…。

こうしてはるかたちとであったパフ

更にキーのありかを探るディスピアらディスダーク一味。
それを阻止するため、はるか達はその使命を受けることに。

次こそは必ず……私がプリキュアを倒し、残りのキーも見つけ出してごらんに入れるのみ…

ディスダークも三銃士のシンガリ・ロックが行動してきたぞ!

アンタの夢、見せるんだね!ゼツボーグ!

消えかかろうとした王子のホログラム。2つ目の使命をはるかが聞き出した!

ドレスアップキーが君を選んだ…これだけが分かったあの日と変わらない君でいてくれて嬉しかった…

それは……グランプリンセスになることだ!

私は必ずグランプリンセスになって、みんなの夢を守ってみせる!Go!プリンセスプリキュア!

「強く!優しく!美しく!Go!プリンセスプリキュア!」

君たちがプリンセスプリキュアだね花のプリンセスって割にはなんか地味だね…

はるかはロックにまで馬鹿にされる始末。これは屈辱だ!!

確かに私…、まだつぼみかも知れないけど…カナタから勇気をくれたから、絶対に…夢を咲かせてみせる!

王子から貰った力でつぼみからの開花を信じて……。

ウチのフローラを甘く見ないでよね遅咲きの花ほど大輪なものなのよ!

遅咲きの花ほど大輪なもの……。これぞ大器晩成タイプ!?
さぁ、ゼツボーグを退治だ!!

今日はほんのご挨拶ってところだね

なんというロックの大物感………。三銃士のシンガリに相応しい!?

残り9つのキーを見つけて、グランプリンセスになろう!カナタ…私、絶対夢を咲かせてみせる!

残り9つのキーを見つけ出し、グランプリンセスになること……。これが3人の夢だ!

今週は一番知りたかったと思われる世界観を描いたエピソード。カナタ王子は自責の念をプリキュアに託し、平和を守るという王道はなかなかのものですね。昨年のブルーの二の舞を恐れていますが、今回の王子はどうなるのか。更にミスシャムールも楽しいキャラですな。話のカンフル剤になってほしいと思っております。
三銃士のシンガリ・ロックは何か大物感が漂うシンガリに相応しいキャラ。このままだとクローズとシャットの居場所を奪われかねませんぞ。ディスダークも個性派ぞろいで話を盛り上げてくれそうですな。

来週は運命の幼馴染と再会!その「運命」とは?

運命の幼馴染・藍原ゆうきとは?


関連記事
スポンサーサイト
きららの母がやよいに似た形相とネット上で出ており、
やよい「何度も言うけど、わたしはきららちゃんのママじゃないからね!」
…といった台詞もネット上で出されていました。そして、プリンセスプリキュアとハピネスチャージプリキュアのほかに「春のカーニバル」ではプリキュアS☆S、フレッシュプリキュア、スマイルプリキュア辺りがメインになりそうです。せめてピンクプリキュアは全員声付きであって欲しい…。
女子生徒「…に囲まれた、蕾のようなあの娘は一体…誰?」
つぼみ「あの…誰かお呼びですか?」
はるか「あなたじゃないわよ!」
…って冗談はさておき、プリンセスレッスンパッドで目指すはグランプリンセス!パッドから出てきたのはミス・シャムールという名の妖精で、「おジャ魔女どれみ」の飛鳥ももこよろしく会話が英語混じりです。しかも人間に変身することができるとのこと。人間化可能な妖精としてはココやミルクら5GoGoの妖精全員、キャンディ、ポップ、シャルル、ラケル、ランス、ダビィ、ファンファンらがいます。シャムール役の新谷真弓さんのデビュー作はは「彼氏彼女の事情」の芝姫つばさ役です。はるかはみなみ達と違い紅茶の仕立て方の知識がどうも…。スマプリ母の日回でのみゆきを思い出しました。カナタ王子によると、ホープキングダムの国民の夢が絶望の扉の奥に閉じ込められているといいます。これもハピプリにおけるブルースカイ王国の民やひめの両親、そしてファントムに敗れたプリキュア達やまりあ(いおなの姉、キュアテンダー)を連想させたりもしました。カナタ王子からの頼みとは、ドレスアップキーを12個集めることだという…。12という数といえば、MHのハーティエルも12人いたといいます。中の人的にハーティエルからプリキュアや妖精に昇格(?)した例は、
シークン→こまち
ハーモニン→くるみ
パション→ポプリ(妖精)
エターナルン→えりか
らがいます。そのうえ、プリンセスプリキュアには先代がいたといい、はるか達は何代目なのか…。
ディスピアの容姿を見て「ヤッターマン」のドロンジョに似た印象を覚えました。今にも「このスカポンタン!」とか言いそうな…。ディスターク三銃士の3人目・ロックはイーラ以来の少年幹部。中の人はグラピカや不二、つまり甲斐田ゆきさん。「おジャ魔女どれみ」「明日のナージャ」にも出演、S☆Sにも星野静江役で出ていました。
初の3人変身、その決め台詞はこれ!
はるか「強く!」
みなみ「優しく!」
きらら「美しく!」
「「「GO!プリンセスプリキュア!」」」
はるかに対し「花のプリンセスというわりには地味」と侮辱するロック。これをもしれいか、つぼみ、こまち、ありす、六花、めぐみらが見たら怒りをあらわにすることでしょうか。響と奏なら「絶対に許さない!」とキレると考えられます。
それはさておき、はるかは蕾からの開花を信じ、ゼツボーグを浄化。
カナタ王子ですが、ブルーのように非難を浴びるキャラになって欲しくないところです。三銃士はそれぞれ語尾を持ち、
クローズ「…だぜ」(これはぐらさんと同じ)
シャット「…のみ」
ロック「…だね」
という感じです。彼らの中の人でプリキュアシリーズ出演経緯があるのはロックだけで、クローズとシャットは今回のGoプリが初登板となります。
次回は1話ではるかに対し「プリンセスになれる訳がない」と苛めていた男子とテニスで再会、中の人的に幹部がロックだったら楽しそうです(テニスということで)。はるかを苛めるシーン、もしありすやマナらが見たら叱りつけることでしょうか。
[ 2015/03/08 19:10 ] [ 編集 ]
3人行動が主流となったある日、シャムールと名乗る猫の妖精と出会う。一見悪役に見えるがれっきとした味方ポジション。更にカナタ王子曰く「ドレスアップキー」は複数個存在するらしい(ただし、詳細は謎に包まれている)。
一方ディスダークのボスの姿が明らかに。容姿は胸元が大きく開いた妖艶な衣装を着た女性のようだ。更にショタ幹部、ロックがフローラ達を追い詰める。語尾に何かを付けるのは三銃士共通である。

次回は幼少時代、はるかをいじめ続けた男子と再会。意地悪な性格は相変わらずのようだ。当然はるかをいじめた所をれいか、ありす辺りが見たらブチギレは確定だろう…。
[ 2015/03/08 19:37 ] [ 編集 ]
今週は、ついに3人が揃い、本格的に始動するエピソード。
鍵は、実は12個存在し、かつ、グランプリンセスになることで、世界を救うことができるとカナタ王子。どうやら、前のブ○ーとかという奴みたいに、胡散臭さはなさそうだ。
はるはるは、やはり大器晩成型ですね。先週から就職活動がスタートしたのですが、こういう大器晩成型にも目を向けてほしいです。
今週のレッスンは、紅茶の煎れ方。ここには、ロイヤルティーチャーがいますが、某アイドルアニメには、ギャラクシー一のティーチャーがいましt…
突然の「うちのフローラ」発言には驚いた…。みなみんも、きららちゃんも、はるはる好きすぎるだろww

6話だけに、最後の幹部「ロック」登場。全て、「閉じる」という意味で共通する三幹部。他の二人よりも実力があるらしく、口調が「○○だね♪」曲者そうです。

そして、恒例、opが、オールスターズ仕様に、
え、なに?あのイース様が復活?!!

次回は、あの1話の回想にも出てきた、やんちゃ少年登場。
はるはるの過去が明らかに?!

では、ごきげんよう。
[ 2015/03/08 19:46 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

先週のきららの母ことステラのネタはまだ続いていたようですね。デジャブゆえに話題性が強かったような気がします。

>せめてピンクプリキュアは全員声付きであって欲しい…。
キュアプリラジオでは「大勢の声優たちがアフレコに挑んだ」とされていますが、問題は真琴を演じた宮本佳那子さん。復帰のアナウンスがないだけに、出演する声優たちは今回も限られそうです。

>女子生徒「…に囲まれた、蕾のようなあの娘は一体…誰?」
>つぼみ「あの…誰かお呼びですか?」
>はるか「あなたじゃないわよ!」

…実際にありそうだな。はるかはツッコミ上手だったらね。

>人間化可能な妖精
大半とまではいきませんが、人間に変身する妖精は何かと魅力的ですね。特に気に入っているのがくるみ。のぞみとの漫才コンビを彷彿とさせるデコボココンビは楽しめて、かれんとのコンビはムカーディアのとんでもエピソードでは友情を発揮するなど思い出深いキャラとなっています。

>新谷真弓さん
私が新谷真弓さんを思い浮かべるのは、やはり「カレカノ」の芝姫つばさ。ほかにも劇団女優として活動中ですが、ここは改めてシャムールのキャラガイドでタップリと話していきたいと思います。

>はるかはみなみ達と違い紅茶の仕立て方の知識がどうも…。
やはり真琴のポンコツぶりを髣髴とされますね。これが開花したときは感動の嵐が吹き荒れることでしょう。

>国民の夢が絶望の扉の奥に閉じ込められている
王国に侵略されることは、プリキュア伝統のおきて。そこから1年間の長丁場の戦いが待っていますし、目標達成もおきてですからメリハリのある構成になっています。

>12という数といえば、MHのハーティエルも12人いたといいます。
そういえばそうでした。残り9つのキーはおそらくフォームチェンジのためと予想しますが、間違ってもハピプリの設定殺しにはならないように……。

>「ヤッターマン」のドロンジョ
これは何かのオマージュなのか。ディスピア様のお姿は何かと懐かしく感じていますね(特に我々の世代では)。

>甲斐田ゆきさん
甲斐田さんといえば「テニスの王子様」の不二周助を思い浮かべる多いようです。多くの役をこなせる演技派の一人ですが、やはりロックのキャラガイドで語っていきたいと思っています(近日起稿予定です)。

>花のプリンセスというわりには地味
ロックは歯に衣着せぬ発言をしそうですね。この毒舌ぶりはストーリーに絡めることができるのか?

>クローズ「…だぜ」(これはぐらさんと同じ)
>シャット「…のみ」
>ロック「…だね」
三者三様のキャラの区別がされていますね。ディスダークも個性派ぞろい。彼らも憎めない曲者たちですな。

>中の人的に幹部がロックだったら楽しそうです
幼馴染ということで成長しているか、それとも変わらずか。気になるところですね。
[ 2015/03/08 21:52 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

>「ドレスアップキー」は複数個存在するらしい(ただし、詳細は謎に包まれている)。
人間界の彼方に散らばったキーを探すため奔走するはるか達の行動が想像できますね。ストーリーのキモは目標のプリンセスレベルのほかに、物を探すような冒険心もあるのですよ。

>容姿は胸元が大きく開いた妖艶な衣装を着た女性のようだ。
これはかつての「タイムボカンシリーズ」の三悪とボスを彷彿とさせていますね(大ボスが女性だったり、三人を男性にしたりアレンジされていますが)。これも少子化の現代ですからこのような大人受けするエッセンスがあるようです。

>意地悪な性格は相変わらずのようだ。
幼馴染は終盤ですんなり改心するか、それともブレずにいくのか。これも楽しみですね。
[ 2015/03/08 22:09 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

>どうやら、前のブ○ーとかという奴みたいに、胡散臭さはなさそうだ。
「前任者が前任者なだけ」に、イケメンの奇怪な行動はカナタ王子にはなさそうです。私はこれを心配しているのですが、杞憂で終われるようにしたいところ(かなり強烈な印象でしたからねえ)。

>はるはるは、やはり大器晩成型ですね。
早熟もいいのですが、やはり大器晩成も欠かせないファクター。「劇的人生」とされているだけに、同じ生き様ばかりでは何か足りない。だからこのようなキャラがいると面白いのだと思っています。

>某アイドルアニメには、ギャラクシー一のティーチャー
教える立場の人も個性的な人がいますからねぇ。例えるなら「今でしょ!」でブレイクした林修さんも独自の教育法を持っていることから信頼度が高いようです。

>「うちのフローラ」発言
きららはムードメーカーとして牽引しているような気がします。この持ち前の明るさが特徴なだけに影響力は計り知れません。

>全て、「閉じる」という意味で共通する三幹部。
いわば「異口同音」のような共通点を持っていますが、ヒエラルキーにすると
ロック>シャット>クローズ
となるとされています。ロックの大物のオーラは相当なもののようですな。

>え、なに?あのイース様が復活?!!
リニューアルしたオールスターはお祭り作品になるようです。やはり気軽に楽しめる作品であってほしいものですな。

>次回は、あの1話の回想にも出てきた、やんちゃ少年登場。
彼も本当はいい奴であってほしい。私はそう願わずにはいられません。
[ 2015/03/08 22:32 ] [ 編集 ]
次回は春映画の間を挟む回で映画は7話と8話を挟む回であると見ました。この先もゴープリから目がはなせないような気がします。
[ 2015/03/10 21:41 ] [ 編集 ]
「果てに待つ真実…
誰かの言葉じゃなく自分の心で知りたい」。
[ 2015/03/29 20:00 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。