今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリ07話・テニスで再会!いじわるな男の子!? 

第07話「テニスで再会!いじわるな男の子!?」

(C)ABC・東映アニメーション


私はもちろん……テニス!!

これが運命の再会と呼ぶべきか。
かつての幼馴染と再会したはるかの心中は?

彼ははるかを茶化す幼馴染だった!


男女の親睦を目的とした球技大会。
それを前にはるか達はこの話題となっています。

サッカーに…バスケットボール、
テニスの3種類だってテニスが一番プリンセスっぽいんだもーん!

プリンセスっぽいという理由でテニスを選ぶとは……動機があやしいぞ、はるはる。

お、当たりだ!お互いに頑張ろう!

女子たちが悔しがるのも無理はない。だってパートナーが…。

テニスが俺を呼んでんだよ!あの子たち、藍原くんのファン…

モテモテテニス男子の藍原ゆうき。女子たちの嫉妬は相当なものです。

あれ?どうなってるの??初めてで選ぶのか??

はるはるよ、かなり適当な理由で選ぶとはな……。
「プリンセスぽかった」とはるかにブチキレるゆうき。その言葉を聞いたときに!

お前がプリンセスになれるワケないだろ~!アー、あの時の!!

はるかとゆうきは卒園以来の幼馴染だったのだ!

ゆうきくんに夢をバカにされて…、たくさん意地悪もされたし一緒に頑張るうちに、仲良くなれるかも知れないわよ

バカにされた悔しさを思い出したはるか。
思い出すたびに大きくこみ上げる悔しさに、みなみは「この機会をチャンス」と諭します。

お前は立ってるだけでいいや、下手に動かされると迷惑だし何よソレ~!

ゆうきははるかのことを快く思っていない様子。
疫病神扱いされたはるかは怒り心頭!

こうなったら………、って、正体をバラすつもりか?

こうなったら…ゆうきくんを見返したいんです!

ミスシャムールにテニスのコーチを懇願。出した答えはもちろん「イエ~ス」。

このレッスンステージは内容に合わせて変化するフレキシブルな空間よ

シャムール先生が人間態に!
早速パワフルなレッスンスタート!

バシッ!ダッダッダッ……
ハ~イみんな!

厳しいレッスンを坦々とこなしていくはるか。

打倒ゆうきくん

「打倒ゆうきくん」って(^_^;)
間違っても倒しちゃダメでしょw

プハァ!アタシはバスケ、室内だし日焼けするわけにいかないからさ

きららはバスケをチョイス、計算ずくですね。日焼けを避けるためだとか。

藍原くん、毎日居残りで特訓してるのよこのくらいなんでもないですよ!

何事にもテニスは真剣勝負にこだわるゆうき。
思わずはるかも見惚れています。

ゆうきくん…

ここでゆうきに目をつけてきた!

この私がプリキュアを倒すのみ!

生徒たちはこのことを知る由もなく…。

タァーッ!やったね!
シュート!バッチリ!

どうやらはるかは成果を出し切っているようですが。
と、シャットが突然登場!ゆうきに襲い掛かる!

ワッ!!グランドスラム達成!

ゆうきのためにはるかは変身!「お覚悟はよろしくて?」

あれは?そっちは危ないざます!

この状況で出遅れたみなみときらら。
はるかはゼツボーグに孤軍奮闘!

私も夢を踏みにじられる痛み…、分かるから…来てくれたんだね

夢を踏みにじられたゆうきの思い……、はるかは同じ思いで立ち向かった!

ホラ、こっちよ!トゥインクル!
せーの!ボー!!

絶妙な連携プレイがバッチリ、ここで止めを刺すぞ!

フローラ、今だよ!モードエレガント!

ゆうきを救うことができたはるか。
こんな関係でも夢を踏みにじることは許せないことだ!

あなたの夢……叶うといいね!花の……プリンセス?

こんな騒ぎが収まり、ようやく試合再開。
ゆうきもはるかの夢を認めているようですが……。

プリンセスになるって夢…、アレもなしじゃないのかもなって私…、素敵なプリンセスになれるかな?

「500年くらい努力すればなれる」って、きっついジョークだなw

500年くらいって…無理ってことじゃん!!グエッ!!

みなみ曰く「仲良くなるには時間がかかる」ようですが、もう既に……。

だからわざとじゃないよ!!

はるかの幼馴染と偶然再会したエピソードは、ゆうきは思ったほどワルでもなく、からかいたいだけの茶目っ気少年でした。夢を大切にすることはお互いに同じ。ゆうきもシャットに襲撃されて価値観が分かったような気がしますね。
ここにきてはるかとカナタ、ゆうきの三角関係が勃発?単なる「友達の関係」になればいいなと思ってほしいな(前作で懲りたので…)。

ゆうきの人は上條さん!

『バクマン。』のシュージンがサイコーを襲う……(中の人ネタですが)とは思わなかったわ。

来週は初めてのパーティドレス作り。はるかは悪戦苦闘!?

どんなドレス作ろうかな…
関連記事
スポンサーサイト
ノーブル学園は男女共学。当然男子生徒も普段はここに住んでいる。
そんな中、テニスの才能に秀でている男子生徒がいた。彼の名はゆうき。それを知ったはるかはある事を思い出す。
実はゆうきこそ、幼少時代はるかの夢を馬鹿にした張本人だったのだ。もしありすやれいか、こまち辺りがこの場面を見たら怒りを隠せないだろう。特にありすは「仮に怒らせてしまえば命知らず」と言われる位だから。

シャムールの人間姿はぴっちりした女性。悪役では王道だが、味方サイドがセクシーキャラなのはどちらかと言えば珍しい。

一見女性に見えて実は男性、シャットがゆうきを付け狙い、ゼツボーグを生み出した。
「はるかの夢を踏み躙った張本人なら無視すればいいじゃんwww」と思った人も少なくないが、そうはいかない。
ゼツボーグを放置すれば、ノーブル学園がブルースカイ王国やトランプ王国と同様、敵に侵略されてしまうかもしれないし、全ての夢が消えてしまう危険性もあるのだ。

口の悪さが災いしがちで、はるかとの和解はまだまだ遠い。尚、同じ中学校に通う男子生徒との衝突は、ラブと大輔と彷彿させる。おジャ魔女どれみでいうと、どれみと小竹みたいな感じだろう。

次回ははるかがドレス作りに挑戦。衣装作りに苦手意識を抱くはるかだった…
[ 2015/03/15 18:16 ] [ 編集 ]
「春のカーニバル」、マナ達に混じりレジーナがいたことから、レジーナもオールスターズ映画初登場のようです(オールスターズに限らずプリキュア映画全体でも初登場です)。情報によると、ジョー岡田や誠司、スイプリの三銃士、霧生姉妹などもレジーナを含めてマナや響、咲、めぐみらの回想シーンで登場するとか。
ノーブル学園の球技大会は、サッカー、バスケットボール、テニスがあります。はるかはプリンセスっぽいということでテニスを選ぶという…。はるかのパートナーとなる藍原ゆうきは女子生徒の人気の的、女子生徒が嫉妬するのも無理はない…。しかも、
ゆうき「お前は…春野はるかか?」
はるか「藍原…ゆうき君?」
はるかとゆうきは幼稚園時代の幼馴染み、お互いにノーブル学園の生徒かつ同じクラスとは思っていなかったという…。さらに1話ではるかをバカにした張本人だといいます!そのうえゆうきははるかを快く思っておらず、このような場面をもしマナやありすが見たらはるかを庇ってゆうきを叱りつけ、とくにありすはゆうきに対して叩きのめすことでしょうか。そしてれいか、こまち、つぼみ、めぐみ辺りが見たら怒りをぶちまけ、響や奏は「絶対に許さない!」と怒りに燃えることも考えられます。
バカにされたことで怒り心頭のはるかはシャムールにテニスのコーチを依頼することに、人間態に変化できる妖精はファンファンに次ぐものです。それといえば、東映アニメーションのプリキュア系サイト「プリキュアガーデン」において、「人間に変身する妖精といえば?」という題があって、挙げられた妖精はココ、ダビィ、ファンファン、コッペ、キャンディでした。このほか「眼鏡がチャームポイントのキャラクターは?」の題でもアコ、六花、つぼみ、増子美香、増子美代が挙げられています(自分なら七瀬ゆいを挙げる…)。
球技大会の当日、きららはバスケ、みなみはサッカーで。とくにサッカーといえばなおを連想させました。プリキュアシリーズで球技と聞いて、
ラクロス=なぎさ
ソフトボール=咲
フットサル=りん
バレーボール=あかね
サッカー=なお
そして運動全般を得意とする響を連想させました。とくになぎさはNS3において、夢の中でラクロスの選手になっていました。ハピプリにおいてもめぐみとひめがぴかりが丘のサッカーの助っ人を誠司から依頼されるというエピソードがありました。
幹部はシャットで、ゆうきを標的に。あの“ザマス先生”も再登場、きららを止めるシーンが展開されています。はるかは単独で変身、遅れてみなみときららも変身、ここでゼツボーグを浄化し、ゆうき救出に成功。
はるか「あなたの夢、叶うといいね」
ゆうきもまたはるかの夢を認めていながら、
ゆうき「まあ、500年くらい努力すればな」
はるか「何よ、それ!?」
はるかとゆうきが和解するかと思っていたのに…。さらにはるかのサーブがゆうきを直撃、
ゆうき「ふざけんなよ!」
はるか「ごめん、わざとじゃないの!」
この有様では、
みなみ「仲良くなるには時間がかかりそうね」
とか…。中盤かそれより前にゆうきが登場し、はるかと和解するのではないかと期待したいところです。ドキプリでのありすと五星麗奈のように…。ドルフィンビーナスさんの仰るように、この関係はラブと大輔を彷彿させる感じで、「おジャ魔女どれみ」のどれみと小竹哲也も同じような関係でした。その小竹を演じたのは前述の麗奈を演じた氷青さんでした。
ゆうきの声はどこかで聴いたことがあると思っていたら、演じたのは阿部敦さん。そう、「とある」シリーズの上条当麻や「バクマン。」の真城最高などでおなじみです。映画スマプリでも桃太郎を演じていました。「中の人ネタ」はごもっとも。「バクマン。」では前述のようにゆうき役が最高を演じた阿部さんで、高木秋人もシャット役の日野聡さんが演じています。同作は実写映画化が決まっており、最高と秋人を演じるのはそれぞれ佐藤健さんと神木隆之介さんです。
[ 2015/03/15 18:35 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

>藍原ゆうき
ゆうきはこの話からやや現実的な思想の持ち主から、はるかの絵空事のような夢をバカにする傾向にありますね。悪く言えば「ロマンがない」というか。

>仮に怒らせてしまえば命知らず
ゆうきは運がよかったのか(多分そうだ)。仮にありすみたいなタイプだったら性懲りもなく茶化せなさそうな雰囲気を漂わせていますね。

>味方サイドがセクシーキャラなのはどちらかと言えば珍しい。
これもいい意味で斬新な流れを作っていますね。先週中に記事を書き起こす予定でしたキャラガイド。都合が付かず先送りになっていましたがようやく目途がつきそうなので、今週一杯書いていこうと思っています。

>ゼツボーグを放置
これはプリキュアたちにとっては重要な課題。放置するようであれば被害は拡大するおそれがあるので責任重大ですから戦わなければならない宿命を背負う戦士なのです。

>同じ中学校に通う男子生徒との衝突は、ラブと大輔と彷彿させる。
要するに「腐れ縁」ですね。しかしなんとなく馴染んでいるように見えるのですが、本当のところは…??

>衣装作りに苦手意識を抱くはるかだった…
予告を見るところ、ドレスの作成に悪戦苦闘しているようですね。グランプリンセスの道は茨の道。はるかはこの険しい道程をそのように進んでいくのでしょうか。
[ 2015/03/15 21:25 ] [ 編集 ]
本日は、はるはるのいじわるっ子のゆうき君登場。
とはいても、彼もそんな悪い奴ではなく、ちゃんと夢に向かって努力する出来てる子ですね。彼も夢があった。グランドスラム達成するという夢がね。ま、ちょいちょいちょっかい出したくなるってあるけどねぇ…。
テニスを出したのは、錦織圭選手が、テニス世界ランク4位になったから、その時事かなぁって思います。

はるはるは、運動も勉強もイマイチだが、くじ運TUEEEEE。

みなみんは、生徒会長だけあって、学力だけでなく運動もトップクラスとは、流石、学園のプリンセスですね。

きららちゃんはバスケを選択し、トップモデルだから、絶対日焼けは厳禁。うん。できる子すぎる。

ミス・シャムールは、人間体になっても、口調は一緒なんですね。フレキシブルティーチャーww。

余談ですが、ついにクローズさんの皆勤賞が途絶えてしまった…。

そして、今回も、オールスターズop。イース様だけでなく、レジーナも登場するのか~。ほぉ… キュアブラックカッコよすぎ。
オールスターズの敵役が、今回オリエンタルラジオが務めるらしく、敵のビジュアルもオリラジの中田さんと藤森さんに酷似していますね。

次回は、はるはる。ドレスを、セルフプロデュース挑戦です。中学1年にしては、高度なドレスづくりも根性なら乗り越えられる??

では、ごきげんよう。
[ 2015/03/15 21:32 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>春のカーニバル
内容からして娯楽重視の強いものなるのかなといった感じです。前売り券を買ったので近日中に観に行きたいと思っています(ただし感想アップは現時点未定)。

>藍原ゆうき
再会してもバカにする態度は変わらず…って、10年近くたっても中身はそのまま。何かと不思議な因縁だと感じています。
夢をバカにするようなら特定のヒロインたちはすべて言葉責めしていることでしょう。軽視するようならそうなりそうな。

>人間態に変化できる妖精はファンファンに次ぐものです。
シャムールは人間態に変身しても、怪しい語り口はそのまま。このギャップは愉快に感じていますしクセになりそうです。

>眼鏡がチャームポイントのキャラクターは?
欲張りな人はほのかやまこぴーも加えたいところでしょう(ただし両方とも一瞬しかなく、短い時期でしたが)。

>プリキュアシリーズで球技
伊達に10年やっているだけに、球技とは縁のあるものですね。それ以外にせつなやレジーナのボウリングもありだと思います。ただしゴルフは年一回潰れるのであまりよくないかな…(過去2年は通常放送でしたが)。

>ゆうき「まあ、500年くらい努力すればな」
なれなれしいかなと思うのですが、どちらかといえば幼馴染ゆえのジョーク。だからはるかのことは本当にお見通しなわけです。

>ドキプリでのありすと五星麗奈のように…。
麗奈も意地っ張りな面がありましたから和解するのも時間の問題でした。腐れ縁とはいえどはるかとゆうきにも思いが通じる部分がありそうですね。

>どれみと小竹の関係
>氷青さん
これも偶然とはいえ、めぐり合わせが絶妙な。

>阿部敦さん
私が阿部さんを初めて知ったのは『しゅごキャラ!』の相馬空海役。どうも私の場合、阿部さんのイメージは『とあるシリーズ』の上条当麻が染み付いており「その幻想をぶち壊す!」と言ってきそうな……。

>バクマン。
奇しくもサイコーとシュージンがこのような形で共演したのか。これも不思議な縁のようで。
賛否両論のケースが顕著なコミック作品の実写化は、吉と出るか凶と出るか。『バクマン。』も例外ではなさそうです。
[ 2015/03/15 22:02 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

諸事情により返事が遅れてしまいました、お詫びします。

>彼も夢があった。グランドスラム達成するという夢がね。
長い歳月の間に彼も成長しているんですね。やはりゆうきも例外ではなさそうです。

>テニスを出したのは、錦織圭選手が、テニス世界ランク4位になったから
世相を出したことも特色ですね。他にフィギュアスケートの羽生結弦選手の関する世相も影響しそうですが。

>はるはる
それといった取り得はないようですが、努力家ぶりに脱帽しますね。時の運の強さは努力の賜物というべきか。

>みなみん
憧れの的になるのも尚更でしょう。三拍子揃っていると超人といえるでしょう。

>きららちゃん
モデルを生業にしている以上、神経を配ることはプロ意識が高いですね。

>フレキシブルティーチャーww。
2回目早々からシャムール先生の人間態はぶっ飛んでいます。台詞回しもそのままですから面白いと感じる人も多いことでしょう。

>余談ですが、ついにクローズさんの皆勤賞が途絶えてしまった…。
あれだけ負けを重ねればねぇ………。責任は重いんですよ。

>オリエンタルラジオ
作品に溶け込んでいれば文句なしですね。昨年の剛力彩芽さんは浮ついていたのを気にしていましたが…。

>高度なドレスづくりも根性なら乗り越えられる??
やはりはるかには試練が続きそうです。持ち前の努力家センスで切り抜けていくのでしょうか。
[ 2015/03/16 18:25 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。