今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリ14話・大好きのカタチ!春野ファミリーの夢! 

第14話「大好きのカタチ!春野ファミリーの夢!」

(C)ABC・東映アニメーション


明日はファミリーデーだよ~!

はるかはこの日を待っていた!
その日とは………ファミリーデー。そんな日に起きたエピソードはなんだろう?

はるか一家の夢とは…


ノーブル中等部1年生限定のイベントはファミリーデー。
この日は家族と出会えるだけに貴重な一日となりそうです。

これが妹のももか、小学1年生だよ

はるはるには妹がいた!その名は「ももか」。

チョコチョコ私の後をついてくるからカワイイのなんのって!

なにしろ可愛いのでこの日は本当に楽しみ!ということで……。

もうお父さん、恥ずかしいってば

いぶきお父さんも大喜び、そんなイベントの日がやってきました。

楽しさ満開!ノーブル学園最高だよ~!

バラ色の学園生活を楽しんでいるはるかを見たももかは…。

私、この学校嫌い……

かなり不機嫌。予想外の展開にはるかはビックリ!

ごきげんようは学園の挨拶なんだよへーんなの

「ごきげんよう」ならず「ふきげんよう」。
本当に予想外で、はるかは困惑するばかり。

咲いちゃった!このネタももかに大ウケだったのに~!

この日が来る前は楽しみにしていたももか。
学園に来るなり何を変えたのか?

「はるかをよろしくネ」?春野の顔か?似てる~!

いぶきお父さん大張り切り。なんとはるかの顔入りドラ焼きをわざわざ作ってくれました。

おーいしい~!

ゆいも太鼓判。いぶきさんは和菓子職人ですからねぇ。

へぇ~全然知らなかったgop14-minami-momoka01.jpg

やはりももかに何かあるような。

これ、私が焼いたクッキーだよアムッ
オオッうまい…、うますぎる…
「うまい、うますぎる。」
さいたま銘菓、十万石饅頭……(って、なんというローカルネタ)。
しかしももかの不機嫌は続いています。

クッキーなんていらない!ウウ~!

そんなはずではなかった…。それはももかも同じでした。

gop14-bag01.jpggop14-kirara-momoka01.jpg
天ノ川きららで~すその髪型、とっても良く似合ってる

カリスマモデルのきららに大しても興味なし。それどころか。

お姉ちゃんの大切なお友達に失礼なことしちゃダメでしょ?お姉ちゃんなんか…、大嫌い!!

機嫌が直る気配はなく、更に不機嫌に…。

キーが絶望を欲している…

トワイライト様、あなたはなんて麗しいのでしょうか。

キュートアレンジ!

キュートアレンジ!

どうも娘が迷惑をかけて…はるか、大丈夫?

行方をくらましたももかを探すはるか達。

私も幼い頃、寂しさから心にもないことを言ったことがあったのでも、それは決して嫌いだからじゃないのよ

兄を持つみなみの体験談によると、寂しさのあまり心にもないことを口にしたそうです。
もちろん、悪意や嫌悪は一切なし。みなみはももかの不機嫌さはこれだと指摘していました。

あれ?ここにあったんだけど…

いつの間にか渡したいものがなくなっていた!と、その時。

アタシのママは来られないけど、全然寂しくないていうかアタシ、ママを応援してるから

きららがももかを発見。心配しながらもきららの母のことを熱弁しました。
遠くにいてもいつも応援しているから寂しくなんかないんだよ、と。

この学校に入るために、お姉ちゃんは頑張っていたから…でも学校で楽しそうに笑ってるお姉ちゃんは寂しくないかって…

学校で楽しんでいるはるかを見て、本当は寂しくないのかとももかはこのように感じ取っていたのです。
それが不機嫌の原因のようですね。

お姉ちゃんは楽しくて寂しくないのかと思ったら…はるはるも同じ寂しい思いしてるよ、ももかちゃんと同じ!

ようやくはるかとみなみもももかのもとへ。と、はるかが手に持っていたのは。

お土産って、これかな?お姉ちゃん、ごめんなさ~い!

ももかが落とした手土産です。ここではるかも自分を見失っていたことを詫びていました。

これね、ももかが作ったのお姉ちゃんの夢が叶いますようにって

ももかが作ってくれた手土産。

ももか~、ありがと~~~!!

それははるかにとっていいプレゼントでした。
ここにトワイライトがやってきたぞ!!

夢を閉ざせば絶望が生まれる…

シャットとともに春野一家を襲ってきた!!

素敵だよ~はるか~!ゼツボーグ!!

「いきます!」
おや?いつもと違うような!?

これは……

これはももかが作った手作りアクセサリーだ!!

アーッ!!手も足も出まい、お前たちにできることは逃げることのみ!そして倒されるのみ!

「夢は自分の力で頑張って叶えるものだと思ってた。でも、支えてくれる人がいるから頑張れる…」

応援してくれる家族がいるから、私は夢を思いっきり追えるの

「応援してくれる家族がいるから、私は夢を思いっきり追えるの!」

キュアフローラの心の高まりを感じる…!?感心してる場合じゃないわね!

夢は一人だけで叶えることは厳しい。やはり周囲の人がいてこそだ!!
今回もゼツボーグをシャットアウト!!

シャット、あなたの負けよ。下がりなさいわたくしは無様で見苦しいモノは嫌いよ、負け惜しみほど見苦しいモノはないわ…

シャットを無様で見苦しいと酷評……。これもある意味「シャットアウト」でした。

お父さん、お母さん……ももか……

家族の夢を取り戻し、はるかは気付けずにいた思いを感じ取り……。

お姉ちゃ~~ん!!ももか~~!!

離れて暮らしていても心と気持ちは側にいる。はるかはこの思いを胸に夢を叶えていく……。

離れていてもいつでも側にいる!

今週はゴールデンウィークが放送日にぶつかったのか、家族の話を描いたエピソード。ももかの寂しさははるかにも気付けなかったのは、学園生活(というより、寮生活)の楽しさからきたものでしょう。うれしいのは分かりますが、このまま気付けなかったらどうなっていたことやら………。そんな恐ろしさも隣り合わせなのでした。
やはりトワイライトは貫禄十分。とはいえ、はるかの心情を汲み取ろうとしたシーンは何かの前兆でしょうか。気になる!

松浦愛弓さんは、現役中学生です!

来週はパフとアロマが公式人間化!!

これは僕ロマーー!!

アロマが大活躍!執事試験の結果は!?

関連記事
スポンサーサイト
はるかのバイオリンで思い出したマナの歌は「春のカーニバル」において響から「不幸のメロディ並み」と酷評されていました。
ノーブル学園中等部のファミリーデーにはるかの両親のいぶきともえが久々の登場、まずはみなみに2人を紹介。
みなみ「はるかさんのお父様、お母様、お会い出来て光栄です」
いぶき「いや、こりゃあ、ご丁寧にどうも」
もえ「いつもはるかがお世話になってます」
はるかの妹で小学1年生のももか、えりかの姉と同じ名前で、その容姿はのぞみに似た髪型という印象があります(母のもえはショートヘアに眼鏡と、増子美代を連想させるような感じ)。プリキュアの家族で名前が被る例は、これまでに「まりあ」があり、うららの母と響の母、いおなの姉(キュアテンダー)がこの名前です。
ところがももかは不機嫌。確かに「ごきげんよう」ならぬ「ふきげんよう」。
はるかの実家はこまちと同じ和菓子屋。実家が食べ物屋関連のプリキュアはこれまでに、
ひかり:移動販売車「TAKO CAFE」
咲:ベーカリー「PANPAKAパン」
奏:カップケーキ屋「ラッキースプーン」
あかね:お好み焼き屋「あかね」
マナ:洋食屋「ぶたのしっぽ亭」
ゆうこ:弁当屋「おおもりご飯」
こまち:和菓子屋「小町」
はるか:和菓子屋「はるや」
らがいました。しかもいぶきは和菓子職人といいます。
はるかの似顔絵入りどら焼きをノーブル学園の皆さんに配りアピールするいぶき、どうもアコの父であるメフィストを思わせるような行為でした(メフィストは「わたしの可愛い可愛いアコ」などと言ってアコを困らせていた)。そのどら焼きはゆいも太鼓判、似顔絵もゆうき曰く「似てる」。もし亜久里が口にしたら歓喜モノでしょうか。どら焼きということで、ドラえもんがいたら大喜びで飛び付きそうです。プリキュアシリーズのスイーツ系ではこまちの和菓子、奏のカップケーキ、咲のチョココロネ、マナの桃まん、カオルちゃんと夢ヶ浜のドーナツ、ゆうこのハニーキャンディなどに、はるかの店のどら焼きが加わったという感じです。
逆にはるかの焼いたクッキーに太鼓判のいぶき。事あるごとに泣き、いぶきはよほどの泣き上戸のようです(1話でも涙を流していた)。
不機嫌なももかは学園の挨拶「ごきげんよう」に対し「ヘンなの!」と返し、ノーブル学園を「嫌い」と言ったり、クッキーにもきららにも興味がなく、みなみが持ってきたジュースをも叩き落としてはるかを激怒させてしまう…。こんなももかの姿を美希などが見たら「いい加減にして!」と激高しそうで、みゆきであれば「スマイルが逃げる」と言って慰めたり…。そしてもう1人、キュアエコーこと坂上あゆみを思い出しました。あゆみは引っ込み思案で横浜の街や学校のクラスに馴染めず、母との関係もよくないうえ、自分の言葉が原因でフーちゃんが暴走を始めたことに深く思い悩み、その後プリキュア達の励ましによって立ち直っていました。
ももかは、本心ではノーブル学園に入るために頑張っていたはるかを応援していた…。自分達は寂しい思いをしていたのにはるかだけは寂しくなさそうで怒りがわき、素直になれなかった、それが不機嫌の理由だという…。それをもしレッドやデューン、ノイズなどにつけ込まれたら、悪墜ちは間違いなく、コブラージャなど砂漠の使途幹部なら彼女をデザトリアンに変えることでしょうか。そして…。
ももか「お姉ちゃん、ごめんなさい」
はるか「わたしこそごめんね。ももかの気持ちに気付かなくて」
はるかときららは和解。食べ物で和解する例はアロ~ハプリキュア以来で、このときは喧嘩していたのがゆうこの料理やめぐみ達ハピネスチャージプリキュアのおかげで和解していました。
が、そこにトワイライトとシャットが。春野一家を檻に閉じ込め、どら焼きのゼツボーグを産み出す!春野一家は、はるかの「プリンセスになる」夢を応援しており、その夢を3人まとめて利用されたといいます。変身したはるか達、モードエレガントに進化してゼツボーグを浄化。
はるか「きっと、いつも心配をかけたり、苦労をかけたりしてるよね。ももか、応援してくれてありがとう」
舞台でダンスを踊るはるかの頭には、ももかの作った髪飾りが光っていました。
ももかを演じたのは2001年生まれの松浦愛弓ちゃん(同い年にはフーちゃんを演じた熊田聖亜ちゃんがいる)。アニメでは「うさぎドロップ」の鹿賀りんなどを演じ、過去には「侍戦隊シンケンジャー」の花織ことはの幼少期や「海賊戦隊ゴーカイジャー」に子役として出演していました。
いぶき役の松本保典さんといえば、ノリスケとのび助(のび太のパパ)という2大国民的アニメ(「サザエさん」・「ドラえもん」)の重要な脇役を演じています。どちらも初代(村越伊知郎氏・加藤正之氏)が死去、2代目(荒川太郎さん・中庸助さん)も途中降板(後者は正確には声優を総入れ替え)したために、ともに3代目です。
次回はパフとアロマが人間態に!過去のプリキュアシリーズで人間態に変化できる妖精はココやミルク、キャンディ、ポップ、シャルル、ダビィ、ファンファン、ミス・シャムールなどが該当します。
[ 2015/05/03 21:01 ] [ 編集 ]
家族と再開したはるか。だが7歳のももかは不機嫌。きらら、みなみに対して失礼な態度を取る妹に姉は激怒し、ももかは去ってしまう。

不機嫌の理由は、姉がノーブル学園に入学してしまった寂しさから来た。
ノーブル学園は、スターライト学園、アリス学園と同じ"全寮制"の学校(尚、全寮制は実在している)。当然卒業するまでここで生活しなければなりません。
更にみなみの兄も、かつてはノーブル学園にいた人物だった事が判明。
以前は意地悪な所もあったきららだが、優しい一面も伏せ持っていた。

ももかと言えば、ハトプリに登場するえりかの姉で17歳。容姿端麗でモデルとして活躍していた事から妹に僻まれていたが、彼女自身もえりかを羨ましがっていた事が判明。

また、容姿はのぞみ、アイカツ!の三ノ輪ヒカリにそっくり!

次回はアロマ奮闘記!
[ 2015/05/04 06:53 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

>プリキュアの家族で名前が被る例
今回のももかやここで挙げられたまりあのほかに「あゆみ」(ラブの母やマナの母、それにキュアエコー)や「あかね」(なぎさの先輩、キュアサニー)とシリーズを重ねるごとに重複が多くなる傾向のようです。

>はるかの実家はこまちと同じ和菓子屋。
これまでに登場した店を並べると見本市が出来上がりそうです。アニメのメニュー再現は少し難しそうですが、夢があれば再現も文句なしでしょうな。

>どうもアコの父であるメフィストを思わせるような行為でした
それほど娘が可愛いということでしょう。実の娘が結婚するときには顔をしかめたり、婚約者の男性に怒鳴り散らしたり………。気難しいのね。

>坂上あゆみ
確かにあゆみもももか同様、引っ込み思案の性格でした。仮に仲間たちが集えばももかの悩みも解消すると思われますし、実際に話を進めるとこのような内容になっていますから。

>自分達は寂しい思いをしていた
はるか達は楽しい日常を送っていたことが馴染んでももかの気持ちを理解できなかったとされます。環境が変わるとついおろそかになってしまいがちなパターンが現れていますね。

>ももかの作った髪飾り
やはりももかは姉思い。本当に大好きだからこそ以心伝心が上手く伝わっているようです。はるかの夢は家族や仲間がいてこそ頑張れるんですよね。

>松浦愛弓ちゃん
「あゆ」ちゃんと読みます(変わっていますね、この読み方は)。弱冠13歳でありながら芸歴を積んでいる天才ぶりは大人もビックリしますね。子役でしおれてしまいがちな才能は、今後も維持できるでしょうか。

>松本保典さん
シリーズ出演は4度目。クールな敵キャラやお調子者の国王、更にドジを踏む敵幹部と様々なキャラを演じて、今回は「いいお父さん」にありつけました。

>人間態に変化できる妖精
ほかにもナッツ、シロップ、ラケル、ランスと意外と多いですね。

[ 2015/05/04 19:55 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

今回の話は、家族に逢えるためはるかがはしゃぎすぎてももかの気持ちを汲んであげられなかったことから騒動に。「ももかも寂しい思いをしてるのかな」という思いが嬉しさのあまりすっ飛んでしまったと考えています。

>当然卒業するまでここで生活しなければなりません。
中、高のエスカレーター式期間だと大抵6年間。かなり長いようですが、卒業のときは短く感じていることでしょう。

>みなみの兄
白金さんの水車エピソードでも描かれていました。そのうち存在が明らかになるのかも。

>意地悪な所もあったきらら
どちらかといえばノホホンとした風情ですが、彼女も仲間思いのところがありますね。

>ももか
名前がえりかの姉なら、姿は仰るようにのぞみとヒカリ。何かとオマージュ性が強いキャラですね、ここでも歴史は繰り返しているような。
[ 2015/05/04 20:20 ] [ 編集 ]
はるかが妹のももかを怒鳴りつけ、ももかが泣きながら走り去るシーンで、もうひとつあるシーンを思い出しました。「となりのトトロ」におけるサツキとメイのシーンで、「メイのバカ!もう知らない!」「お姉ちゃんのバカ~!」といった台詞のやりとりでした。サツキとメイは2人ともプリキュアの家族の中の人が演じていました。サツキの中の人はアフロディテ(アコの母)役の日高のり子さんで、「タッチ」の浅倉南で初めて知った声優でした。代表作として「らんま1/2」の天道あかねや「名探偵コナン」の世良真純などがあります。一方メイは坂本千夏さんで、つぼみの祖母であるキュアフラワーこと花咲薫子を演じており、初めて知ったキャラは「フクちゃん」の主人公でした。代表作は「デジモンアドベンチャー」のアグモンや「少年アシベ」の芦屋アシベなどです。
前述のように次回はパフとアロマが人間態へと変化しますが、人間態への変化が可能な妖精をまとめてみると、
5GoGo:ココ(小々田コージ)、ナッツ(夏)、シロップ(甘井シロー)、ミルク(美々野くるみ/ミルキィローズ)
ハトプリ:コッペ(花咲空)
スマプリ:キャンディ(ロイヤルキャンディ)、ポップ
ドキプリ:シャルル、ラケル、ランス、ダビィ(DB)
ハピプリ:ファンファン(ファントム)
Goプリ:パフ、アロマ、ミス・シャムール
という結果になりました。ココがサンクルミエール学園の臨時教師としてのぞみ達の担任だったように、シャムール辺りが臨時教師としてノーブル学園に赴任するとなれば楽しそうな予感です。
はるかの父であるいぶきが口にした「うまい、うますぎる」、確かに十万石まんじゅうのフレーズです。十万石まんじゅうは十万石ふくさや(戦後に埼玉県行田市で創業)の店舗などで販売している和菓子で、フレーズの「うまい、うますぎる!」は、版画家の棟方志功氏が手掛けたもので、テレ玉やテレビ東京などでCMが放送されていました。このCMのフレーズは埼玉県民の間で定着しているとか(ウィキペディアより)。それを考えると、おそらくいぶきは埼玉出身ではないかと考えたりもしました。いぶき役の松本さんは千葉県松戸市の出身です。
[ 2015/05/05 07:32 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。