今日も明日も興味津々。

光之美少女感想メイン。たま~に他愛のないことも。 なお、毎週日曜日にある法則によってレイアウトカラーが変わります。お楽しみに(PC版のみ)。

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

Goプリキャラガイド12・トワイライト 

今週はキャラガイドからスタート(第16話感想は今夜中にアップ予定です)。
プリキュアの宿敵ポジションといえるのがトワイライト。まだ謎だらけですがそのようなキャラなのでしょうか?


また夢の匂いがする……

(C)ABC・東映アニメーション

★名前★トワイライト
★声★沢城みゆき(さわしろ みゆき)
★キャラ像★

ディスダークの首領であるディスピアの娘で、周囲からは「絶望のプリンセス」と呼ばれている。「プリンセスは努力したところでなれるものではない」という持論を持ち、プリンセスプリキュアを「名ばかりの偽物」と卑下している。プライドは高く自ら「唯一無二のプリンセス」と称するだけあり「気高く、尊く、麗しく」をモットーにしている。はるかと出逢ったときに仮面を脱ぎ捨て正体を露わにした。バイオリンのスキルは高く、はるかが魅了されるセンスを持つ。


彼女こそ、物語のキーを握るといっても過言ではなさそうですね。

★中2デビューの本格的実力派。なんとシリーズ出演は10年ぶり★
沢城みゆきさんはこのような人物。『るろうに剣心』の影響で声優という職業を意識するようになり、中学2年のときに『デ・ジ・キャラット』のオーディションでプチ・キャラット役でデビューを果たします。比較的低目の地声を持ち、少年役から大人の女性キャラまで幅広くこなせる実力派として活動しており、大学の外国語科出身とあって英語も堪能と幅を利かせています。私生活ではもうすぐ結婚1周年と充実。ちなみに実弟の千春さんも声優として活動中です。
シリーズに関しては『MaxHeart』29話のゲストキャラ・アリサ役で出演。この10年の時を経て重要なキャラを演じることとなり、沢城さん本人もやりがいがあるようです。
関連記事
スポンサーサイト
トワイライトを演じる沢城みゆきさんは、MHにおいてアリサ役で出演して以来のプリキュアシリーズ登板です。「デ・ジ・キャラット」でプチ・キャラット(ぷちこ)、「ルパン三世」で峰不二子を演じたほか、「ジュエルペット」の有栖川あおい、「夏目友人帳」の笹田純、「ドラえもん 新・のび太と鉄人兵団」のリルルなど数々の代表作があり、「マイリトルポニー」では「トワイライトスパークル」という名のキャラを演じ、まさに名前と中の人、さらにプリンセス繋がりです。トワイライトのように追加キャストが放送直前に明らかになる例は、亜久里(キュアエース)を釘宮理恵さんが演じることが報じられて以来です。さらに沢城さんは「HUNTER×HUNTER」の2011年版においてクラピカを演じており、1999年版でのクラピカ役はロック役の甲斐田ゆきさんで、まさに数奇な巡りあわせな共演です。
イースを思わせるカラーリングを持つトワイライトは、ディスピアの娘という点でもキングジコチューの娘として登場したレジーナ以来の設定で、プリキュアと敵対する組織の一員としてプリキュアと同年代くらいの少女が登場するのもそのレジーナに続くものです。もともとレジーナは亜久里とともにアン王女から分離しており、それを考えるとレジーナもプリンセスということに…?とにかく彼女には謎が多く、せつなとエレンよろしく追加戦士キュアスカーレットとして転生するか、あるいは…のような謎があります(早くもスカーレットの画像が出ており、その表情はトワイライトそっくり…!?)。
実は早くもトワイライトのグッズが発売されています。普通なら敵キャラのグッズは発売まで時間を要することが多いのですが、彼女の場合は13話の放送前々日にキャラクターTシャツの発売決定・予約受付開始が東映アニメーションオンラインショップで告知され、さらにその翌日には先行販売として「プリキュア プリティストア」店頭に並んでいたとか。プリキュアシリーズにおける敵キャラの公式グッズはイース、ウルフルン、レジーナ、オレスキーに続いて5例目です。
寝台特急トワイライトエクスプレスの運転終了が記憶に新しいところ、ほかにもこまちやひかり、のぞみは新幹線の愛称にもあり、さらに京都や新大阪から関西空港を結ぶ特急列車の愛称は「はるか」で、高速バスの愛称にもルミナス号(ひかり)、フローラ号(はるか)などがあります。ルミナス号は岡山・倉敷方面行、フローラ号は秋田行で、いずれも新宿駅西口発着で運行は小田急シティバスです。
[ 2015/05/17 12:54 ] [ 編集 ]
opに一瞬だけ映った謎の女…。彼女こそディスピアの娘、トワイライトだったのだ。普段はバイオリンを演奏しており、その音色ははるかが認めるほど。
尚、少女幹部は満と薫、イース、セイレーン、レジーナに続いて6人目。
後赤×黒の色合いは、何処となくイースと連想させる。

尚、噂によれば彼女こそキュアスカーレットではないかと…(ただし、現時点では詳細不明)。仮に彼女がそうなれば、せつな、エレンに続いて3人目の「正義に寝返ったプリキュア」だろう。
[ 2015/05/17 19:59 ] [ 編集 ]
暫定ラスボスの娘にして、生まれながらのプリンセス。
努力でプリンセスを目指すプリンセスプリキュアとは違い、如何にも対照的で、圧倒的な存在感を放つ。謎の黒いキーを持つ。
悪役という努力否定を全面に押し出しつつも、はるかの行動等が気になる場面も多々。

噂によれば、4人目のプリキュア?らしいが、現段階では、公式のミスリードの可能性も充分考えられるので、個人的には、このまま自身のモットーである「気高く、尊く、麗しく」を貫いてほしいところですね。
しかし、まだ出演していないうちから、商品化とか、悪役サイドながらも公式はどんだけこのキャラに全力投球なのか。

過去にキュアピーチとイース様が、1vs1の戦闘になったので、キュアフローラとトワイライト様で一騎打ちしてほしいです。
沢城みゆきさんは、ホント適役ですね。こういうキャラ。説得力ありながら冷酷さを持ち合わせるというね。

余談ですが、生まれながらのプリンセスというと英国でシャーロット女王が生まれたので、一応時事的要素もあるようで。
[ 2015/05/17 21:51 ] [ 編集 ]
実は、沢城さんとは同じ年の6月生まれなんです。生まれた日は4日違いですが、生まれた年と月は同じです。今年はともに30代を迎えるのも同じだったりします。
[ 2015/05/17 22:22 ] [ 編集 ]
実は、沢城さんとは同じ年の6月生まれなんです。生まれた日は2日違いですが、生まれた年と月は同じです。今年はともに30代を迎えるのも同じだったりします。
[ 2015/05/17 22:26 ] [ 編集 ]
>急行・快特本八幡さん

最初に諸事情があって即コメントできなかったことをお詫びします。


>沢城みゆきさん
私が沢城さんを初めて知ったのはデジキャラットのぷちこ。久米田康治作品ファン(私も含めてですが)は「関内・マリア・太郎}(通称マ太郎)を最初に思い浮かべる人が多いでしょう。演技の幅広さから多彩な役をこなせる沢城さんは「どの声だかわからない」と感じる人は多そうですね。ちなみにアリサは迷子になった(記憶違いならゴメン)幼女で、可愛らしい声もだせるんだなぁとしみじみ感じています。

>追加キャストが放送直前に明らかになる例
このケースは有名声優におけるもので、ネームバリューで注目させようとする作戦の一つ。やはり声優ファンにおけるPRのようですね。

>クラピカ
ああ、どうりでトワ様はロックを好いていたのでしょう。これは言い訳にもなりそうな。

>レジーナ、せつなとエレンよろしく
これは寝返りフラグがプンプン漂っていますね。本当に目が放せませんぞ。

>トワイライトのグッズ
やはり敵キャラとはいえ、魅力的なオーラを放っているのでグッズ化は必然でしょう。今回も敵キャラがいいだけにクローズさん、カムバァーック!

>寝台特急トワイライトエクスプレス
通常運行は終わったものの、時期限定特急に新生したのは顧客の要望があてこそ。JR九州のように観光列車に力を入れて欲しいものです。

>はるか
>ルミナス号
>フローラ号
ちなみに客車ではありませんが、太平洋横断を成し遂げた堀江謙一さんが搭乗したヨットの名前は「マーメイド号」でした。
[ 2015/05/19 19:19 ] [ 編集 ]
>ドルフィンビーナスさん

話が進んでいくうちにトワイライトは満と薫ら同様に更生して行くのか。それとも悪の女王を突き通すのか。やはり物語のキーを握る人物だけあってOPに登場する特待生レベルといっていいでしょう。

>赤×黒の色合いは、何処となくイースと連想させる。
このカラーリングは伝統を受け継いでいるようです、レジーナもこのカラーリングでした。

>キュアスカーレット
これは真実かガセネタか。プリンセスプリキュアとの対立はどのように進展していくでしょうか…。
[ 2015/05/19 19:26 ] [ 編集 ]
>特急! 富士川1号さん

この場を借りてお久し振りです。
>個人的には、このまま自身のモットーである「気高く、尊く、麗しく」を貫いてほしいところですね。
私も同じ意見です。「歴史は繰り返す」とはいえ、彼女には信念を曲げずその道を貫いてほしいと思っています。「永遠のライバル」が物語の理想です。

>悪役サイドながらも公式はどんだけこのキャラに全力投球なのか。
プリキュアも10代目になりますので、それだけ歴史を積み重ねているんだと実感しています。味方サイドに力を入れすぎても結果、女児ばかりになりかねそうですから…。

>沢城みゆきさんは、ホント適役ですね。こういうキャラ。
個人的に沢城さんは当たり役になっています。このような演技力の持ち主でなければこのようなトワ様にはならなさそうです。

>英国でシャーロット女王が生まれた
ミドルネームにかつての王妃である「ダイアナ」を入れたのは賛否両論の意見はあるものの、個人的には「アリだ」と思っています。
[ 2015/05/19 19:40 ] [ 編集 ]
>山田恵資さん

私の場合、星座がしし座ですから咲とマナとは遠からぬ縁があるようです。
山田さんも縁を感じていれば思い入れが強くなりそうです。それは運命といってもいいでしょう。
[ 2015/05/19 19:48 ] [ 編集 ]
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する
プロフィール

興味津々ノ助

Author:興味津々ノ助
昭和40年代(1970年代)生まれの男性。埼玉県某市在住。
「とりあえずやってみるか…」。

最近のトラックバック
月別アーカイブ
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
現在の時刻

※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません
※この時計の時刻は、閲覧しているパソコンのものであり、必ずしも正確な時間とは限りません

ブロとも申請フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。